最新記事

感染症対策

シンガポール、新型コロナ死亡率が0.05%と世界最少の理由とは?

2020年9月23日(水)10時10分

シンガポールは新型コロナウイルス感染による死者数が世界で最も少なく、感染者5万7000人余りのうち27人にすぎない。シンガポールの繁華街で6月撮影(2020年 ロイター/Edgar Su)

シンガポールは新型コロナウイルス感染による死者数が世界で最も少なく、感染者5万7000人余りのうち27人にすぎない。

感染者数が1000人を超えた国を対象とするロイターの集計によると、シンガポールの死亡率は0.05%と、世界平均の約3%を大きく下回っている。人口が同程度の国の死亡率はデンマークが約3%、フィンランドは約4%で、シンガポールとの違いは鮮明だ。

さらにシンガポール保健省によると、国内では過去2カ月余りにわたり新型コロナ感染による死者が出ていない。死者数が少ないことについて同国の感染症専門家は以下のような要因を挙げている。

感染が若い年齢層に集中

新型コロナ感染者の世界的な傾向としては、若い人ほど症状が軽く、多くは軽症もしくは無症状となっている。シンガポールの新型コロナ感染者は約95%が移民労働者だが、その大半は20歳台もしくは30歳台で、密集した寮で生活し、建設や造船など労働集約型のセクターで雇用されている。

早期検出への追跡と検査

シンガポールは積極的な追跡と検査による早期検出を通じて感染拡大を抑え込んでいる。この取り組みは世界保健機関(WHO)から高い評価を受けた。

公式データによると、シンガポールでは人口570万人の15%強に当たる約90万人に検査を実施。人口に対する検査数の比率は世界でも最高クラスに入る。

寮生活者は検査対象者として登録され、検査を受けた。介護施設など感染が広がりやすいコミュニティーには当局が集団検査を実施しているほか、13歳以上で呼吸器疾患の強い症状がある人は誰でも無料で検査を受けられる。

シンガポール国立大学公衆衛生学部のスウ・リー・ヤン氏は「診断数が多ければ多いほど、死亡率は低下する」と述べた。

充実した治療体制

先制的な取り組みは治療にも当てはまる。医師らの話では、45歳以上、もしくは基礎疾患のある新型コロナ患者は、仮に持病以外に症状がない場合でも入院して治療を受けることになっている。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:海路で遭難する移民、ハイテク技術が命を救

ワールド

アングル:シンガポールのAI活用、焦点は日常生活の

ビジネス

アングル:中国「就職戦線」やや正常化、賃金は伸びず

ビジネス

フィッチ、米格付けを「AA+」に据え置き 24年は
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した小澤征爾
特集:世界が愛した小澤征爾
2024年3月 5日号(2/27発売)

圧倒的情熱でクラシック界に新風を吹き込んだ「世界のオザワ」がわれわれに遺したもの

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    アウディーイウカ近郊の「地雷原」に突っ込んだロシア装甲車2台...同時に地雷を踏んだ瞬間をウクライナが公開

  • 2

    「衝撃的に劣悪」な性能...北朝鮮ミサイル、ウクライナでの「大失態」でロシアが調達キャンセルの情報

  • 3

    ロシアの新兵器?UFO? ウクライナの戦場の上空に浮かぶ「謎の円盤」を、偵察ドローンが発見...映像を公開

  • 4

    NATO加盟を断念すれば領土はウクライナに返す──ロシ…

  • 5

    ロシア軍「Mi8ヘリコプター」にウクライナ軍HIMARSが…

  • 6

    ロシア軍が戦場に乗り捨てた軍用車の「異形」...後ろ…

  • 7

    メーガン妃がファッションを真似るほど憧れていた、…

  • 8

    「こうした映像は史上初」 火炎放射器を搭載したウク…

  • 9

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 10

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 1

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 2

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 3

    ロシア兵と若者の衝突...帰還兵が路上で一方的に暴行される

  • 4

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 5

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 6

    「衝撃的に劣悪」な性能...北朝鮮ミサイル、ウクライ…

  • 7

    もう取り返しがつかない?ロシアがウクライナ侵攻で…

  • 8

    在日外国人と日本社会の共生努力を後退させる右派の…

  • 9

    欧米はなぜもてはやすのか? 「ロシア反体制派のヒー…

  • 10

    中国株の暴落が止まらない 外国人投資家はほぼ撤退

  • 1

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 4

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 5

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 6

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 7

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎…

  • 10

    「こうした映像は史上初」 火炎放射器を搭載したウク…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中