最新記事

感染第2波

韓国、新型コロナ第2波突入 大規模クラスターの元凶「サラン第一教会」とは何者か

2020年8月21日(金)17時16分
ウォリックあずみ(映画配給コーディネイター)

ラジオ局が24時間停波という異常事態も

今回の感染第2波は、様々な方面へ影響が出ている。日本で賛否両論が飛び交ったGoToキャンペーンだが、韓国でも同じように政府主催の宿泊割引クーポンを配布していた。日本同様、観光客減少によって売り上げが落ち込む旅行業界を救済するためのキャンペーンだったが、今回、感染第2波が広まったことを受け19日に予約の中断を発表した。

さらに、コロナ感染拡大当初から大きなあおりを受けたが、徐々に回復の兆しを見せ始めていたエンターテインメント業界にも影響が出始めている。ラジオ局CBSでは、『キム・ヒョンジョンのニュースショー』に出演していた記者の感染が発覚したため、19日から24時間放送中止という異例の事態となった。

テレビ業界も多くの人が出入りするため、感染防止に気を配ってはいたものの、徐々に感染者が増え始めている。19日KBSドラマ『あいつがそいつだ』では、出演中だった俳優ソン・ソンジュン氏がコロナに感染したと発表、撮影の中断を余儀なくされた。また、このスタッフのうち数人は『ドドソソララソ』という別のドラマも掛け持ちしていた為、こちらの撮影中断も発表された。

教育系の放送局EBSでは、『Kpop韓国語』のプロデューサー1名と、出演者3名も感染が発覚した。調査により14日の収録の際に感染したものとみられ、現在濃厚接触者を含む全員の隔離体勢に入っている。

演劇・ミュージカル界でも感染や公演中止が

日本でも、演劇公演でクラスターが発生したが、韓国でも同じく演劇・ミュージカル業界でのクラスターが深刻化している。まず、ドラマ出演中に感染発覚したソン・ソンジュン氏が19日から30日まで出演予定だった演劇『チャンポン&牛』は、ソン氏のほかスタッフ出演者合わせて39名が検査を受け、現在15名の感染が発覚したことをSNSを通じて発表した。7名が陰性で、残りは結果待ちの状態だという。もちろん、上演は中止が決定している。

また、ドラマ『あいつがそいつだ』に出演した俳優2名が、オファーされていたミュージカル『Bare The Musical』は、19日この俳優2名の降板を発表した。ソン氏との濃厚接触などはなかったが、スタッフや小道具を通じての感染もあり得るため、万が一に備えてキャストの変更をしたという。

その他にも、舞台『ワイフ』の出演俳優が使用した練習室を、その数時間前に感染者が使っていたことが発覚し、降板騒ぎとなった。また、ミュージカル『Something Rotten!』の出演俳優も感染者と接触したことが分かりキャスト変更が行われた。この俳優は後に陰性判定が出ている。

またスタッフ・出演陣に感染者が出ていなくても、感染拡大防止のため公演を中止する動きが見え始めた。ミュージカル『モーツアルト!』は今月23日まで行われるはずだった上演を、3.4日早める予定と発表している。上演中だったミュージカル『マーダーバラード』と、演劇『花煎歌』は上演の中止が、ミュージカル『ショーマストゴーオン!』は上演の無期延期が発表された。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

日経平均は小反発、強弱材料が混在し一進一退

ワールド

政府、ロシア産原油の価格上限設定を閣議了解 サハリ

ワールド

米はイスラエルと協力、「二国家解決」支持=ブリンケ

ビジネス

増える23年の米景気後退予想、金融各社は最適投資に

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:台湾半導体 王国に迫るリスク

2022年12月 6日号(11/29発売)

急成長で世界経済を席巻するTSMC。中国から台湾を守る「シリコンの盾」に黄信号が?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに注目!

  • 4

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 5

    ロシア戦闘機が非武装イギリス機に「ミサイル発射」…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、…

  • 8

    プーチンの「忠犬」ルカシェンコ、暗殺に怯える日々

  • 9

    偏差値が測定できない「ボーダーフリー大学」が象徴す…

  • 10

    息子たちは「もうやめて」と懇願...それでもブリトニ…

  • 1

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 2

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 6

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに…

  • 7

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 8

    フィギュアファン歴30年の作家も驚く「羽生結弦が見…

  • 9

    「性的すぎる」広告批判は海外でも...高級ブランドが…

  • 10

    ロシア戦闘機が非武装イギリス機に「ミサイル発射」…

  • 1

    セレブたちがハロウィンに見せた本気コスプレ、誰が一番? 「見るに堪えない」「卑猥」と酷評されたのは?

  • 2

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 3

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 6

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 9

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 10

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月