最新記事

ファッション

韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット 一方で「TPOをわきまえろ」と論争に

2020年7月28日(火)13時15分
ウォリックあずみ(映画配給コーディネイター)

newsweek_20200728_131300.jpg

韓国でレギンスをアウターとして認知させたのはタレントのクララ。その圧倒的なボディコンシャスぶりは驚異的。 JTBC News/ YouTube


「TPOをわきまえろvs個人の自由」で論争に

ところが、レギンスはあまりにも体型がはっきり出るため、「見ている方が恥ずかしい」「TPOをわきまえるべきだ」という「日常生活でのレギンス1枚履き反対派」が待ったを出した。特に、男性からは「どこを見ていいか困ってしまう」という意見も出ている。

これに対して「ファッションは個人の自由であるべきだ」と訴える人達も現れ、職場にもレギンス姿で出勤する女性もいるという。いまやネット上では「TPOをわきまえろ」vs.「ファッションは個人の自由」論争が巻き起こっている。

そもそも、韓国でレギンスの1枚履きが話題になったのは2013年の事だった。女性タレントのクララが野球の始球式で、ユニフォームに似せたデザインのレギンスと丈の短いユニフォームシャツを着て登場し、球場を沸かせた。この始球式ファッションは韓国内で話題となり、レギンス姿の芸人がバラエティ番組でパロディをする姿なども見られた。クララはそれまで知名度が低かったものの、この始球式のレギンスファッションですっかり有名になった。もっとも、この当時から既に好意的な意見と、目のやり場に困るという意見が交差していたそうだ。

レギンス先進国アメリカでも議論が続く

元祖レギンスファションと言えば、アメリカだろう。米国在住の筆者も街を歩いているとレギンス1枚履きの女性はどこででも見ることができる。すっかりパンツ代わりとして市民権を得ていると思いきや、実はアメリカでもレギンス論議はこれまで何度も行われてきた。

ここ最近の例を見てみよう。2017年、アメリカのユナイテッド航空がレギンスを着用し搭乗しようとした少女2人の搭乗拒否し話題となった。航空会社側は、レギンスを着替えるか、上からスカートなどの着用を求めたという。

これには賛否両論意見が集中したが、最終的にユナイテッド航空は、公式サイトで「お客様のレギンスは歓迎です」「しかし、航空会社で働く従業員やその家族友人が使える格安特典を利用して搭乗する際は、搭乗者はユナイテッド航空を代表しているとみなし、ドレスコードを設けている」「今回のレギンスファッション騒動は、そのドレスコードに従っていなかったため起きた」と説明した。

ニュース速報

ワールド

メキシコ、米J&Jなどコロナワクチンの後期臨床試験

ワールド

アークトゥルス、コロナワクチン初期臨床開始 第4四

ビジネス

中国新規融資、7月は9927億元に減少 広範な信用

ワールド

ロシア、新型コロナワクチン認可 世界初 安全性に疑

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 2

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはなぜか?

  • 3

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 4

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 5

    『ゴースト・オブ・ツシマ』でサムライ映画の世界を…

  • 6

    スウェーデンは本当に「集団免疫」を獲得したのか …

  • 7

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 8

    モーリシャスが環境緊急事態宣言 日本船の燃料流出…

  • 9

    東京都、11日の新型コロナウイルス新規感染188人 緊…

  • 10

    「私は恵まれていたが、ディケンズで社会の不平等を…

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 3

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 4

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 5

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 6

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 7

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 8

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 9

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 10

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 4

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 5

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 6

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 7

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 8

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 9

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続2…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月