最新記事

東南アジア

インドネシア良物件「美麗な花嫁付き土地」! FBに不動産広告、条件は「双方の合意」

2020年7月26日(日)11時00分
大塚智彦(PanAsiaNews)

花嫁付き土地としてFBに広告に掲載されたデウィ・ロサリア・インダさん tvOneNews / YouTube

<土地販売にセットで花嫁が? 人権無視のような広告には当地ならではの理由が──>

インドネシアで住宅予定地の土地を売りに出している男性がインターネットに投稿した不動産広告の中で、「土地の購入者は売主の義理の妹と結婚することも可能」としていることが明らかになり、大きな話題となっている。すでに外国人数人が土地購入と義妹との結婚希望を申し入れたが、これまでのところ「契約成立」には至っていないという。

女性と不動産を「セットで売り」に出すことはインドネシアでは珍しいことではないものの、それをメディアやSNSで公に募集するケースは極めて特殊な例といえる。

2015年に一軒家の所有者である女性が自身の結婚と家の購入を写真付きで公募したことが大きなニュースとなったことがある。このときはほぼ「契約成立」となり自宅の売却とともに自身の結婚も実現間際までいったものの、購入者のインドネシア人男性が既婚者だったことを隠していたことなどから、最終的に家は売却できず、縁談も破談になったという。

土地や家などと一緒に結婚相手を探すという特殊事情も関係したインドネシアの結婚事情を探った。

結婚は付録ではなく、双方合意が条件

7月23日、Face Bookに中部ジャワ州クドゥスに住むアリス・ソフィヤント氏がクドゥスのゴンダンマニス地区にある「グリヤ・タマン・バハギヤ」という住宅街区内にある72平方メートルの土地の買い手を求める広告を掲載した。

広告には「土地には0.5メートル幅の舗装された取りつけ道路のアクセスもあり、価格は1億ルピア(約75万円)。買い手の人はもし条件が合致すれば結婚を前提とした真面目な交際を望んでいる自分の義理の妹と結婚することもできる」として自分の義理の妹である、デウィ・ロサリア・インダさん(26)の写真も掲載した。

たちまち話題となったこの広告、地元メディアなどの取材にアリス氏は「写真まで掲載した義理の妹は決して土地を売るための宣伝効果を狙ったおまけや付属、ボーナスといういい加減なものではない。あくまでも義妹と相手の本人同士の条件がマッチしたら結婚という真剣なものである」と述べて、中途半端な気持ちや宣伝効果を狙ったものではないことを強調している。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米ロス港湾局長、8月輸入の軟化予想

ワールド

台湾の駐米代表、中国の威嚇で逆に各国が訪台に関心と

ワールド

ウクライナ、ザポロジエ原発付近で災害対応訓練 度重

ビジネス

FRB、保有債券からの正味金利収入が数カ月中にマイ

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:報じられないウクライナ戦争

2022年8月23日号(8/17発売)

450万人の子供難民危機と「人間の盾」疑惑 ── ウクライナ戦争の伝えられない側面

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    日本の郊外にあふれる「タダ同然の住宅地」 無責任な開発が生んだ「限界分譲地」問題とは

  • 2

    【映像】幻覚作用のある「マッドハニー」で酩酊するヒグマ

  • 3

    激変する「成績が良い」の基準──世界に遅れていた日本の初等中等教育が変わる

  • 4

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 5

    それでも中国は「脅し」しかできない...どうしても台…

  • 6

    【動画】Face IDが認識できなかった顔の男

  • 7

    幻覚作用のあるハチミツの食べ過ぎでクマがキマって…

  • 8

    ベラルーシのロシア軍に大規模なミサイル攻撃の兆候

  • 9

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 10

    ウクライナ「クリミア奪還作戦」の2つの狙い

  • 1

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 2

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 3

    【画像】韓国のビーチに横たわる超巨大クラゲの写真

  • 4

    日本の郊外にあふれる「タダ同然の住宅地」 無責任な…

  • 5

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 6

    【映像】幻覚作用のある「マッドハニー」で酩酊する…

  • 7

    オタクにとって日本ほど居心地の良い国はない

  • 8

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 9

    全部で11匹、手負いのヘビが幼蛇を産む瞬間

  • 10

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチ…

  • 9

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 10

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月