最新記事

医療

がんを発症の4年前に発見する血液検査

Blood Test for Cancer Detects Disease Years Before Symptoms Show

2020年7月22日(水)17時55分
カシミラ・ガンダー

血液中に「がんの素」を見つける Eraxion/iStock.

<胃がん、食道がん、大腸がん、肺がん、肝臓がんを、従来より4年早く発見する血液検査法が見つかった>

4年以内に特定のがんを発症するかどうかを予測できる血液検査が開発された、とする研究論文が公開された。

「PanSeer」と呼ばれるこの検査では、よく見られる5種類のがん(胃がん、食道がん、大腸がん、肺がん、肝臓がん)を、すでに診断された患者の88%で検出でき、精度は96%だった。

のちにがんと診断された無症候性患者でも95%でがんを検出した。ただし、この結果を裏づけるためにはさらなる研究が必要だと、『ネイチャー・コミュニケーションズ』誌で論文を発表した著者らは述べている。

PanSeerは、がんと関係のあるメチル化を見つけ出すことで機能する。炭化水素で構成される化合物である「メチル基」はDNAと結びつき、遺伝子のスイッチのオンオフを切り替えるシグナルとして機能するが、その際の異常を探すのだ。

研究には、2007年から2014年までに研究に参加した25歳から90歳までの12万3115人の血液試料が使われた。

研究チームはこれらの保存された試料から、がんの症状がなかった605人の試料を調べた。このうち191人は、採血から4年以内に、胃がん、食道がん、大腸がん、肺がん、肝臓がんのいずれかを発症した。

研究チームは、血液試料に含まれるDNA中の「CpGアイランド」と呼ばれる特定の配列における化学変化を調べることで、症状のない人におけるがんを見つけた。

<参考記事>アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度と戻らない状態に

まだ検知できないがんを見つける

研究チームは論文のなかで、特に強調したいこととして、PanSeerはがんになる人を予測するためのものではなく、すでにがんができているが、現在の検査方法ではその兆候をとらえられない患者を特定するためのものだと述べている。「多くのがんは、病気の進行が後期になるまで症状が現れない」と研究チームは述べている。

この検査の対象となる5種類のがんは、米国だけで毎年26万1530人の死者を出している。「早期発見により、死者数を大幅に減らせる可能性がある」と研究チームは述べている。

「最終的な目標は、毎年の健康診断の際に、こうした血液検査を定期的に実施することだ」と、論文共著者であるカリフォルニア大学サンディエゴ校バイオエンジニアリング学科長のクン・チャン教授は声明のなかで述べている。「とはいえ、さしあたりの目標は、家族歴、年齢、その他の既知のリスク因子に基づいて、リスクの高い人を検査することにある」

英ロンドン大学がん研究所の消化管がん生物学・ゲノミクス部門のチームリーダーで、今回の研究には参加していないニコラ・バレリ教授が本誌に語ったところによれば、今回の研究論文の著者らのほかにも多数の研究チームが、がん発症のリスクが高い患者を特定する方法を見つけようと試みているという。

「今回の研究による知見の正しさを確認し、どれくらいの頻度で検査を実施するべきか、いつ検査を開始するべきか、一般の人を対象に検査するべきか、それともこれらのがんリスクが高い特定集団を対象にするべきか、といった重要な疑問に答えるためには、さらなる研究が必要だ」とバレリは述べている。

【話題の記事】
中国は「第三次大戦を準備している」
銀河系には36のエイリアン文明が存在する?
カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男の「インセル」思想とは
セックスドールに中国男性は夢中

20200728issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年7月28日号(7月21日発売)は「コロナで変わる日本的経営」特集。永遠のテーマ「生産性の低さ」の原因は何か? 危機下で露呈した日本企業の成長を妨げる7大問題とは? 克服すべき課題と、その先にある復活への道筋を探る。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

安倍前首相が靖国参拝、「退任を報告」とツイッターに

ワールド

アングル:豪州ビザ無効の中国人研究者、「絵文字で有

ワールド

焦点:湾岸2カ国とイスラエルの国交正常化、サウジも

ワールド

アングル:燃料需要、学校再開で増加 公共交通機関は

MAGAZINE

特集:誤解だらけの米中新冷戦

2020-9・22号(9/15発売)

「金持ち」中国との対立はソ連との冷戦とは違う── 米中関係史で読み解く新冷戦の本質

人気ランキング

  • 1

    拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

  • 2

    過去6600万年の地球の気候の変遷が初めてまとめられる

  • 3

    ペンスの元部下が怒りの内部告発「トランプはアメリカの安全をぶち壊す」

  • 4

    2万年以上前のホラアナグマ、ほぼ完全な状態で発見さ…

  • 5

    ロシアの毒殺未遂にメルケルが強気を貫けない理由

  • 6

    トランプお墨付きの「Qアノン」が笑い事では済まされ…

  • 7

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の…

  • 8

    金正恩が「飲み会で政策批判」のエリート経済官僚5人…

  • 9

    私の娘だけ差別する義母──汚れた使い古しの贈り物に…

  • 10

    「年収1000万超え」カリスマタクシー運転手の仕事術 …

  • 1

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船」船長の意外すぎる末路

  • 2

    水にひそむ「脳を食べるアメーバ」で少年が死亡

  • 3

    「ワクチンは安全」という信頼、日本は世界最低レベルだった

  • 4

    韓国の世代間格差と若者の怒り

  • 5

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像と…

  • 6

    仏シトロエン、14歳から免許不要で乗れる2人乗りEV「…

  • 7

    【動画】海辺を歩く2頭のライオンに視聴950万回

  • 8

    EUミシェル大統領「中国に利用されず」 首脳会談、習…

  • 9

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 10

    伝説のジャーナリストのトランプ本『怒り』に同業者…

  • 1

    中国・三峡ダムに過去最大の水量流入、いまダムはどうなっている?

  • 2

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 3

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船」船長の意外すぎる末路

  • 4

    1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

  • 5

    手に乗る大きさのゾウの仲間、約50年ぶりにアフリカ…

  • 6

    中国の三峡ダム、豪雨で危険水位20メートル上回る 設…

  • 7

    撃墜されたウクライナ機、被弾後も操縦士は「19秒間…

  • 8

    中国はなぜ尖閣での漁を禁止したのか

  • 9

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 10

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月