最新記事

米メディア

新型コロナでテレビニュースは再び黄金時代を迎えたのか?

CHASING THE GHOST OF WALTER CRONKITE

2020年6月27日(土)14時00分
ポール・ボンド(カルチャー担当)

ABC、NBC、CBSの3大ネットワークのニュース番組の視聴率は軒並み上昇している PHOTO ILLUSTRATION BY GLUEKIT

<パンデミックでニュース番組の視聴率が上昇中、不信と分裂の時代にかつての権威を取り戻せるか>

これは「私たちにとっての真珠湾(攻撃)だ、私たちの9.11同時多発テロだ」。テレビでそう叫んだのは(ドナルド・トランプ米大統領ではなく)ABCの看板キャスター、デービッド・ミュアー。4月6日の『ワールドニュース・トゥナイト』でのことだ。

この日、ニューヨーク市内では新型コロナウイルスによる死亡者が3000人を超え、9.11テロの全米犠牲者数を上回っていた。

その晩の視聴者数は推定1200万人。そしてその週の終わりまで、ミュアーの番組は同じ時間帯に放送されたどんな番組よりも高い視聴率を維持した。伝説のニュースキャスター、ウォルター・クロンカイトでさえなし得なかった快挙である。

とにかくみんな、テレビのニュースに食い付いていた。ABCだけではない。NBCの『ナイトリーニュース・ウィズ・レスター・ホルト』もCBSの『イブニングニュース・ウィズ・ノラ・オドネル』も、たいていの娯楽番組より視聴率を稼いだ。

3月半ばから4月26日までの6週で見ると、ABCのニュース視聴率は前年同期比48%増、NBCは37%増、CBSは24%増。ケーブル局のCNNやFOXニュース、MSNBCも絶好調だった。

5月に入っても流れは続いた。視聴者の増加は「国の現状を映している」とミュアーは言った。「健康への深刻な脅威があり、経済が崩壊し、指導者の資質が問われている。めったにない状況だから、みんな信頼できる情報源を求めている」

TVニュースを取り巻く環境は、クロンカイトの君臨した時代から一変した(ミュアーの獲得した視聴者は1200万人だが、全盛期のクロンカイトはその倍以上の視聴者を集めていた)。それでも新たな殺人ウイルスと共存する時代を視野に、夕方のTVニュースを復権させ、時代の求める報道番組に再生させようと模索する人たちがいる。

「新型コロナウイルスの問題は深刻で、その影響は長引くからニュースは必見だ」と本誌に語ったのは、ABCニュースのジェームズ・ゴールドストン社長。「夕方のニュース番組は、人々の求める情報を伝える効果的な場所だ。以前にも増して価値のある存在になっている」

<参考記事:米南部の感染爆発は変異株の仕業?

ニュース速報

ワールド

ナゴルノ紛争、米仲介の停戦発効後も攻撃続く

ビジネス

トルコ大統領、仏製品ボイコット呼び掛け 風刺画引き

ワールド

EU、WTO事務局長選でナイジェリア候補を支持=当

ワールド

メルケル独首相の与党、12月4日の次期党首選を延期

MAGAZINE

特集:ドイツ妄信の罠

2020-11・ 3号(10/27発売)

良くも悪くも日本人が特別視する国家・ドイツ──歴史問題や政治、経済で本当に学ぶべき点は

人気ランキング

  • 1

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 2

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 3

    中国が極超音速ミサイルを配備、「能力の無駄遣い」と環球時報

  • 4

    毎年ネットで「三峡ダム決壊!」がバズる理由

  • 5

    ボイジャー2号が太陽系外の星間物質の電子密度の上昇…

  • 6

    新型コロナウイルスは糖尿病を引き起こす? 各国で…

  • 7

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 8

    中国はトランプ再選を願っている

  • 9

    アメリカ大統領選挙、ラストベルトもトランプ離れ …

  • 10

    中国政府のウイグル人弾圧をめぐって、国連で再び各…

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 4

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 5

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

  • 6

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を…

  • 7

    菅首相、訪問先のインドネシアで500億円の円借款供与…

  • 8

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 9

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 10

    新型コロナ、スウェーデンは高齢者を犠牲にしたのか

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 4

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 10

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月