最新記事

新型コロナウイルス

米南部の感染爆発は変異株の仕業?

Coronavirus Becoming More Infectious in Mutant Form

2020年6月25日(木)16時30分
メーガン・ルース

経済再開のタイミングで変異が襲った? narvikk/iStock

<感染力の強い変異型ウイルスの出現・増殖を研究チームが報告>

アメリカで再び猛威を振るっている新型コロナウイルスは、感染力の強い変異型と考えられる──フロリダ州のスクリップ研究所のチームがそんな衝撃的な解析結果を発表した。

この論文は今月オンライン上で発表され、現在ピアレビュー(査読)を受けている。

「私たちの研究で、変異したウイルスははるかに効率的に細胞の培養システムにとりつくことが分かった」と、論文の執筆者の1人ヘリョン・チェは本誌に語った。

「変異により、ウイルスの周りのスパイク(突起)タンパク質の安定性が高まり、スパイクタンパク質の数が増えた。スパイクタンパク質は、標的細胞にとりつくために欠かせない役目をするので、より安定したスパイクタンパク質を多く持つよう変異したウイルスは、当然ながらより簡単に標的細胞と結合し、細胞内に入り込む」

プレスリリースによれば、チェと共同執筆者のマイケル・ファーザンは20年近くコロナウイルスを研究してきた。

新型コロナウイルスが発生すると、世界中の研究者がワクチンの開発を進めるなか、2人はこのウイルスの弱点を見つけるため、詳細に構造を調べてきた。

淘汰圧で感染力増す

チェによれば、時間が経つにつれ、この変異株の割合がしだいに多くなり、それに伴って新型コロナウイルスの感染力もしだいに強まったという。国際的なゲノム配列のデータベース「ジェンバンク」に今年5月までに報告された新型コロナウイルスの塩基配列を見ると、70%にこの変異があるが、その3カ月前の段階では、この変異は全く見られなかったと、チェらはプレスリリースで述べている。

「時間が経つにつれ、新型コロナウイルスは細胞により強く結合し、細胞内に入り込むまで離れなくなる能力を獲得した」と、プレスリリースには書かれている。「ウイルスに淘汰圧が働いた結果、この変異を持つタイプが多くなった」

それにより新型コロナウイルスは発生初期に比べ、人から人へと感染しやすくなったと、研究チームは見ている。

チェは先日、フロリダ州マイアミに本拠を置くテレビ局WSVNの番組に出演、ここ数週間で新型コロナウイルウスの感染者が爆発的に増えたフロリダ州では、変異株が猛威を振るっていると考えられる、と話した。フロリダ州保健省の発表では、6月24日午前までに州全域で10万9014人の感染が報告され、死者は3281人に上った。

<参考記事>スウェーデンが「集団免疫戦略」を後悔? 感染率、死亡率で世界最悪レベル
<参考記事>傲慢な中国は世界の嫌われ者

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

月面着陸した米企業の無人宇宙船、横倒しの状態に 通

ワールド

アングル:今年は山火事増加も、米で懸念される深刻な

ワールド

アングル:経済危機のスリランカから医師流出止まらず

ワールド

アングル:ウクライナ陸軍の著名部隊、隊列強化へ独自
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年...熱狂の中、本人たちは「卑下」していた

  • 3

    ゴールドカードだけの感動体験を...新時代に「新たな価値」を生む新ゴールドカードを、アメックスが発表

  • 4

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 5

    「自分が望むようになっている」...メーガン妃の「疎…

  • 6

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 7

    「引退すべき」「チケット高いのに...」マドンナが「…

  • 8

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 9

    ゼンデイヤのセクシー写真が「ボディ・シェイミング…

  • 10

    胸元あらわなコルセットドレス...テイラー・スウィフ…

  • 1

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 2

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 3

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 4

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 5

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 6

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 7

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 8

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 9

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 10

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 5

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 6

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 7

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 10

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中