最新記事

米人種問題

黒人男性ジョージ・フロイドの霊柩車に、警官がひざまずいて弔意を示す

Police Officers Kneeling as Hearse Carrying George Floyd's Body Arrives at Minneapolis Memorial Service

2020年6月5日(金)14時10分
ジェニー・フィンク

追悼式の会場から運び出されるジョージ・フロイドの棺 Eric Miller-REUTERS

<現場にいた警官4人全員が殺人で起訴されことで、司法上の「正義」は実現する見通しが付いたが......>

ミネソタ州ミネアポリスで4日、警官から暴行を受けて死亡した黒人男性ジョージ・フロイドの追悼式が行われ、市内を霊柩車で移動するフロイドの棺に向かって、路上で警官が跪いて弔意を示す姿が見られた。

フロイドは先月25日、ミネアポリス警察に偽札使用の容疑で逮捕されたが、その際に警官のデレク・ショービン(懲戒免職処分)から道路に倒れた状態で首を膝で押さえつけられ、その後死亡していた。フロイドが「息ができない」と訴える姿が動画で撮影されてソーシャルメディアで拡散されたことから、ミネアポリスだけでなく全米各地へと抗議デモが拡大した。またフロイドへの司法上の正義だけでなく、より広範な司法・警察改革を求める声も湧き上がっている。

追悼式は、ミネアポリス市内のノースセントラル大学で行われ、フロイドの家族や友人が出席した。式では黒人人権運動の指導者アル・シャープトン牧師が弔辞を述べ、「フロイド氏に起きたことは、アメリカで毎日起きている。教育や医療、生活のあらゆる場面で、だ。今こそ、ジョージの名の下に立ち上がり、私たちの首から膝をどけろと声を上げる時だ」と訴えた。

フロイドの棺を運んだ霊柩車が市内を移動した際には、ミネアポリス警察のメダリア・アラドンド署長ら警官2人が路上に跪いて弔意を示した。

(フロイドの棺を運ぶ霊柩車に跪くミネアポリス警察署長ら)

デモ隊と警官隊が睨み合って緊迫するなかでも、各地で警官が跪き、デモ隊への支持と連帯を示す場面が見られた。


今回の事件で、ショービンは当初、第3級殺人(過失致死に相当)の罪で起訴されていたが、その後より重い第2級殺人でも起訴された。また現場にいた他の3人の警官も、第2級殺人の教唆・幇助で起訴された。教唆・幇助でも、第2級殺人と同様に最大で禁錮40年の刑を言い渡される可能性がある。

「(犯行を)黙認し、制止しなかったことは、共謀とみなされる。そのレベルに違いはない」とアラドンド署長は話している。「フロイド氏は警察の拘束中に死亡したのだから、(現場にいた警官は)共謀罪にあたる」

第3級殺人と第2級殺人で起訴されたショービンはそれぞれの罪状で最大で禁錮25年と禁錮40年の刑を言い渡される可能性がある。ミネソタ州検察はより重い第2級殺人でも起訴した理由について「示された証拠から、さらに重い罪状が認められたため」と説明している。

ニュース速報

ワールド

NY市、22日に高校対面授業再開 9月の学校完全再

ビジネス

米コロナ追加対策、「非常に力強い」景気回復促進へ=

ビジネス

物価の大幅上昇見込まず、経済「慎重ながら楽観視」=

ワールド

ミャンマー抗議デモで3人死亡

MAGAZINE

特集:3.11の記憶 東日本大震災から10年

2021年3月16日号(3/ 9発売)

未曽有の被害を出した東日本大震災から10年 櫻井翔はなぜ取材し、伝え続けるのか

人気ランキング

  • 1

    中国人富裕層が感じる「日本の観光業」への本音 コロナ禍の今、彼らは何を思うのか

  • 2

    中国の金採掘会社、南米や西アフリカで資産買い漁り

  • 3

    火星開発は人類生存のためのプロジェクト

  • 4

    【動画特集】自由になったメーガンの英王室への反撃

  • 5

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 6

    感染症対策に有効というビタミンD、どれだけ取れば大…

  • 7

    ミャンマー、警官19人がインドへ逃亡 国軍の命令拒否

  • 8

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 9

    「会社が従業員を守ってる!」 コロナ禍のJALやANAの…

  • 10

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日…

  • 1

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

  • 2

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 3

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こした本当の理由

  • 4

    肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

  • 5

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 6

    ミャンマー、警官19人がインドへ逃亡 国軍の命令拒否

  • 7

    中国人富裕層が感じる「日本の観光業」への本音 コロ…

  • 8

    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれ…

  • 9

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラッ…

  • 10

    米国初のベーシックインカム実験に関する結果報告書…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日…

  • 6

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 7

    バブルは弾けた

  • 8

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 9

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 10

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月