最新記事

ファッション

ビリー・アイリッシュと村上隆のコラボがアメリカで人気 来週からユニクロTシャツも発売

Billie Eilish x Takashi Murakami Uniqlo Merch

2020年5月20日(水)16時05分
セレン・モリス

5月25日にオンラインで発売になるコラボTシャツのイメージ UNIQLO

2020年のグラミー賞で主要4部門を独占したアメリカの若手シンガーソングライター、ビリー・アイリッシュと日本のアーティスト、村上隆がコラボレートしたユニクロのTシャツコレクションが、5月25日月曜日からオンラインで発売される。

ウィメンズ、メンズ、キッズで構成されるこのコレクションは、村上がデザインしたキャラクターと、アイリッシュにインスパイアされたイメージやアイリッシュの写真などがあしらわれている。アイリッシュの名前や、デビューアルバム『When We All Fall Asleep Where Do We Go?(ホエン・ウィ・オール・フォール・アスリープ、ホエア・ドゥ・ウィ・ゴー?)』のタイトル、アイリッシュのロゴとして使われている人のアイコン「ブローシュ」を採り入れている。

夢のような悪夢のような

こうしたイメージは、アイリッシュのファンにはおなじみかもしれない。というのも、村上が手がけた「You Should See Me in a Crown(ユー・シュッド・シー・ミー・イン・ア・クラウン)」のミュージックビデオは、現在までにYouTube視聴回数が6900万回を超えているからだ。このビデオでは、アニメ化されたアイリッシュが蜘蛛に変身し、街を破壊して、村上のトレードマークである花々をしおれさせる。

村上独特の花々は、特別にデザインされた「Billie Eilish」という単語が入ったオリジナルロゴとともに、ユニクロのコレクションでも随所に登場する。

ユニクロはこのコラボレーションについて、ウェブサイトで次のように説明している。「UT(ユニクロのグラフィックTシャツ・ブランド)は、この才能あるデュオのコラボレーションを奇跡的に実現した。世界トップレベルで作品を量産する現代のアーティストとミュージシャンの感性が、ファッションを通じて融合し、それぞれの視点からわたしたちに新たな発見をもたらしてくれる」

ファーストリテイリングの「グローバルクリエイティブ統括」を務めるジョン・C・ジェイは、プレスリリースのなかでこう述べている。「ビリー・アイリッシュと村上隆。世界でもっとも影響力のあるクリエイターふたりが融合し、万人のためのアートの新しい表現を生み出した」

このコレクションは、5月25日にオンラインで発売される。

アイリッシュは2019年3月に17歳でデビューアルバムをリリース。ビルボード200チャートで初登場1位を獲得した。このアルバムは17か国で1位となり、デビューアルバムとしては2019年最多の売上枚数を記録した。

村上は、世界中の名だたる美術館で個展を開催し、ルイ・ヴィトンやVANSなどのファッションブランドと手を組んだプロジェクトや、カニエ・ウェストやファレル・ウィリアムスなどのミュージシャンとのコラボレーションで知られている。

(翻訳:ガリレオ)

20200526issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年5月26日号(5月19日発売)は「コロナ特効薬を探せ」特集。世界で30万人の命を奪った新型コロナウイルス。この闘いを制する治療薬とワクチン開発の最前線をルポ。 PLUS レムデジビル、アビガン、カレトラ......コロナに効く既存薬は?

ニュース速報

ワールド

米、1日当たりのコロナ感染8万4000人 過去最多

ビジネス

イタリア格付け見通し、安定的に引き上げ 格付けは維

ビジネス

米債市場、急激な流動性逼迫の再発リスク残る=NY連

ビジネス

仏、英との通商交渉で軟化か 漁業権で妥協の可能性=

MAGAZINE

特集:日本人が知らないワクチン戦争

2020-10・27号(10/20発売)

全世界が先を争う新型コロナのワクチン確保 ── その最前線と日本の開発が遅れた本当の理由

人気ランキング

  • 1

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 2

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検出された

  • 3

    対中デフォルト危機のアフリカ諸国は中国の属国になる?

  • 4

    変質してしまった韓国の公休日『ハングルの日』、増…

  • 5

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 6

    オーストラリアで太陽光発電し、シンガポールに送電…

  • 7

    新型コロナ、スウェーデンは高齢者を犠牲にしたのか

  • 8

    6割が不詳・死亡などの「不安定進路」という人文系博…

  • 9

    北朝鮮の新型ICBMは巨大な張りぼてなのか?

  • 10

    全米で大統領選控え記録的な銃購入ラッシュ 初心者…

  • 1

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 2

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会議研究者たち

  • 3

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と異なる要因

  • 4

    在韓米軍、駐留費引き上げで合意なければ韓国人職員9…

  • 5

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を…

  • 6

    アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

  • 7

    菅首相、訪問先のインドネシアで500億円の円借款供与…

  • 8

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 9

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 10

    新型コロナ、スウェーデンは高齢者を犠牲にしたのか

  • 1

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 2

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 3

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 4

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 5

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 6

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 7

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 8

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 9

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 10

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月