最新記事

新型コロナウイルス

新型コロナウイルス、男性の死亡リスクが高い理由

2020年4月9日(木)18時00分
松丸さとみ

死亡者は男性の方が多く、女性の2倍以上になる国もある...... REUTERS/Fabrizio Bensch

<新型コロナウイルス感染症の死亡者を男女別に見てみると、どうやら男性にとってより危険な病気であることが分かってきた......>

新型コロナでの死亡、男性が倍以上を占める国も

新型コロナウイルス感染症はこれまで、「高齢者」と「基礎疾患がある人」がとりわけ危険だと言われてきた。しかし死亡者を男女別に見てみると、どうやら男性にとってより危険な病気であることが分かってきた。

英ロンドン大学ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)ジェンダー・アンド・グローバル・ヘルス・センターのサラ・ホークス所長は、フランスの国際ニュース専門チャンネル「フランス24」に対し、死亡者は男性の方が多く、女性の2倍以上になる国もあると話した。男女別のデータが入手できた国については、どこも男性の方が多い傾向にあるという。

ホークス所長は、グローバル・ヘルスにおける男女平等を推進している独立系団体「グローバル・ヘルス50/50」の共同創設者。同団体は米CNNの協力により、世界中から新型コロナウイルスとジェンダーのデータを集めて分析している。

グローバル・ヘルス50/50のウェブサイトには、各国からのデータを分析した表とグラフが掲載されている。このデータは、毎週火曜日と金曜日にアップデートされているという。

喫煙や飲酒で男性にリスク

例えば中国を見ると、死亡者の男女比は男性64%、女性36%だ。また、欧州でもっとも感染被害が広がっているイタリアでは、男性69%、女性31%と、男性が倍以上になっている。欧州でイタリアに次いで死亡者数が多いスペインでは、男性63%、女性37%だ。なお、日本は死亡者数の男女別データは提供していないようだ。

フランス24は、新型コロナウイルスに感染する可能性としては、男女の差はないとしている。実際に、グローバル・ヘルス50/50の表を見ると、フランスでは感染者の男女比は男性47%、女性53%と女性が若干多い。国によってまちまちではあるが、全体として男女のどちらかに偏っている印象はない。

感染の割合は変わらないのに、致死率は男性の方が高くなる原因について、ホークス所長はフランス24に対し、生物学的な原因もあるとしながらも、喫煙や飲酒をたしなむ人が女性よりも男性に多いことが主な原因だと説明している。

例えば、世界で最も喫煙者の多い中国では、男性の50%が喫煙する一方、女性は3%にとどまる。また、イタリアでは男性の喫煙者700万人に対し、女性の喫煙者は450万人だ。グローバル・ヘルス50/50によると、新型コロナウイルスで陽性になり入院した場合、集中治療や人工呼吸器が必要になるリスクは、喫煙者の場合、非喫煙者の倍以上になるという。

新型コロナウイルスは、高血圧症や循環器系疾患、慢性の肺疾患などの基礎疾患がある人が、より重篤化しやすいと言われている。ホークス所長はCNNに対し、こうした疾患は、世界的に男性の方が多いと説明する。

ニュース速報

ワールド

沖合の油田掘削、禁止すれば雇用と米政府の歳入が喪失

ワールド

原油先物は上昇、減産継続期待や行動規制の緩和で

ビジネス

チリのLATAM航空、米国で破産法申請

ワールド

中国商務相、豪州産大麦への反ダンピング関税巡る懸念

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 2

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 3

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 6

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    異常に低いロシアの新型コロナウイルス致死率 陽性…

  • 9

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 10

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいっている不思議

  • 3

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

  • 6

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    反ワクチン派がフェイスブック上での議論で優勢とな…

  • 9

    韓国でまたも「慰安婦問題」 支援団体の不正会計疑…

  • 10

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月