最新記事

新型コロナウイルス

新型コロナウイルス、男性の死亡リスクが高い理由

2020年4月9日(木)18時00分
松丸さとみ

死亡者は男性の方が多く、女性の2倍以上になる国もある...... REUTERS/Fabrizio Bensch

<新型コロナウイルス感染症の死亡者を男女別に見てみると、どうやら男性にとってより危険な病気であることが分かってきた......>

新型コロナでの死亡、男性が倍以上を占める国も

新型コロナウイルス感染症はこれまで、「高齢者」と「基礎疾患がある人」がとりわけ危険だと言われてきた。しかし死亡者を男女別に見てみると、どうやら男性にとってより危険な病気であることが分かってきた。

英ロンドン大学ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)ジェンダー・アンド・グローバル・ヘルス・センターのサラ・ホークス所長は、フランスの国際ニュース専門チャンネル「フランス24」に対し、死亡者は男性の方が多く、女性の2倍以上になる国もあると話した。男女別のデータが入手できた国については、どこも男性の方が多い傾向にあるという。

ホークス所長は、グローバル・ヘルスにおける男女平等を推進している独立系団体「グローバル・ヘルス50/50」の共同創設者。同団体は米CNNの協力により、世界中から新型コロナウイルスとジェンダーのデータを集めて分析している。

グローバル・ヘルス50/50のウェブサイトには、各国からのデータを分析した表とグラフが掲載されている。このデータは、毎週火曜日と金曜日にアップデートされているという。

喫煙や飲酒で男性にリスク

例えば中国を見ると、死亡者の男女比は男性64%、女性36%だ。また、欧州でもっとも感染被害が広がっているイタリアでは、男性69%、女性31%と、男性が倍以上になっている。欧州でイタリアに次いで死亡者数が多いスペインでは、男性63%、女性37%だ。なお、日本は死亡者数の男女別データは提供していないようだ。

フランス24は、新型コロナウイルスに感染する可能性としては、男女の差はないとしている。実際に、グローバル・ヘルス50/50の表を見ると、フランスでは感染者の男女比は男性47%、女性53%と女性が若干多い。国によってまちまちではあるが、全体として男女のどちらかに偏っている印象はない。

感染の割合は変わらないのに、致死率は男性の方が高くなる原因について、ホークス所長はフランス24に対し、生物学的な原因もあるとしながらも、喫煙や飲酒をたしなむ人が女性よりも男性に多いことが主な原因だと説明している。

例えば、世界で最も喫煙者の多い中国では、男性の50%が喫煙する一方、女性は3%にとどまる。また、イタリアでは男性の喫煙者700万人に対し、女性の喫煙者は450万人だ。グローバル・ヘルス50/50によると、新型コロナウイルスで陽性になり入院した場合、集中治療や人工呼吸器が必要になるリスクは、喫煙者の場合、非喫煙者の倍以上になるという。

新型コロナウイルスは、高血圧症や循環器系疾患、慢性の肺疾患などの基礎疾患がある人が、より重篤化しやすいと言われている。ホークス所長はCNNに対し、こうした疾患は、世界的に男性の方が多いと説明する。

ニュース速報

ワールド

米CDC、航空機・電車でのマスク着用を「強く勧告」

ワールド

アイルランド、厳しい行動規制導入へ 21日から6週

ワールド

8月のサウジ原油輸出、日量597万バレルに増加

ワールド

ポーランド、国立競技場を新型コロナの仮設病院に 検

MAGAZINE

特集:日本人が知らないワクチン戦争

2020-10・27号(10/20発売)

全世界が先を争う新型コロナのワクチン確保 ── その最前線と日本の開発が遅れた本当の理由

人気ランキング

  • 1

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会議研究者たち

  • 2

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 3

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と異なる要因

  • 4

    日本メディアが使う「中国の少数民族」は政治的な差…

  • 5

    アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

  • 6

    ドイツも過去最大の新感染者数 マスク着用促す広告…

  • 7

    特権社会・中国ではポルノを見るのも一部の特権

  • 8

    アラスカからNZまで、11日間不休で1万2000キロ、渡り…

  • 9

    中国政府、国内の米国人を拘束する可能性警告 米司…

  • 10

    トランプを批判し「狙われた」美人知事のさらなる受難

  • 1

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 2

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 3

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア州で相次いで目撃される

  • 4

    アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

  • 5

    在韓米軍、駐留費引き上げで合意なければ韓国人職員9…

  • 6

    ヒトが進化している証拠? 前腕に動脈を3本持つ人が…

  • 7

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と…

  • 8

    トランプが台湾に売った対中兵器の中身

  • 9

    韓国は中国を気づかって、米日豪印4ヶ国連携「クアッ…

  • 10

    ネコにゆっくりと瞬きすると、ネコもゆっくりと瞬き…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 4

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 10

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月