最新記事

新型コロナウイルス

FOXニュースで医師がトランプのコロナ対応を酷評

Dr. Desai Trends Following Fox News Interview Attacking COVID-19 Response

2020年4月3日(金)14時55分
イワン・パーマー

コロナ危機の当初、「こんなものはすぐに消えてなくなる」と無視したトランプ Tom Brenner−REUTERS

<トランプ政権の対応の遅れを批判し、全米一斉のロックダウンを呼びかけた医師に称賛>

アメリカで保守系ケーブルテレビ局FOXニュースの番組に出演した医師が、新型コロナウイルスに関する米政府の対応を酷評した。この動画がインターネット上で広まり、医師を称賛する声が上がっている。

医療系学習サイト「Osmosis(オズモーシス)」の医療担当部長であるリシ・デサイ博士は4月1日、マーサ・マッカラムがホストを務める番組に出演。米政府はCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)の拡大に対処するために、数百万人が検査を受けられる態勢を整えるとしているが、マッカラムがこの話題を出すと、デサイはそれを否定するように首を横に振り続けた。

マッカラムはさらに、大手製薬・医療用品メーカーのアボットが、血液検査によって感染の有無を判断できる検査装置を開発したことにも言及。食品医薬品局(FDA)の承認を得て、今後この検査装置が普及する見通しだと指摘して「政府も対策に取り組んでいる」と述べたが、デサイはこれに対して「こうした取り組みは何カ月も前に行うべきだった」と反論した。

そして彼は、WHO(世界保健機関)は中国での新型コロナウイルスの発生を受けて、2019年12月31日に同ウイルスについて正式な警告を発信していたと指摘。それなのにドナルド・トランプ政権は、今になってようやく検査態勢の強化に本腰を入れ始めたと批判した。

<参考記事>「社会的距離」を無視するトランプが、距離を取りたい相手(パックン)

韓国と比べて対応のまずさが際立つと指摘

「私たちは昨年の時点で、COVID-19が今後アメリカにもやってくることを知っていた。呼吸器系の病気であることも、人から人に感染する病気であることも知っていた」とデサイは指摘。「それなのにFDAがアボットの新たな検査装置を承認したのは今週になってからだし、この検査装置では1度に1人の検査しか行えない」と語った。

「誤解のないように言っておくと、15分で結果がわかる検査自体は素晴らしい。だがまだ1回に1つしか検査ができる、必要な数の検査をこなすには不十分だ。もっと前からこうした検査装置を用意しておくべきだった」

デサイはさらに、韓国と比べてみると、アメリカの対応がいかにひどいかがよく分かると語った。韓国もアメリカも、初の感染者が報告されたのは1月19日だったが、ジョンズ・ホプキンズ大学によれば、アメリカではそれ以降、世界で最も多い21万6000人を超える人の感染が確認されている。これに対して韓国はいち早く大量検査のシステムを整えたことで、新たな感染者は1万人未満に抑えられているという。

「韓国の人口はアメリカの6分の1だが、感染者の数と死亡率を見ると、アメリカよりはるかに優秀だ」と彼は指摘。「韓国が積極的な対応を取ったのに対して、アメリカの対応がまずかったことを意味している」

<参考記事>日本が韓国の新型コロナウイルス対策から学べること──(1)検査体制

ニュース速報

ワールド

東京都で新たに34人の新型コロナ感染確認=報道

ワールド

中国の新たな法律がセクハラを成文化、告発運動に追い

ビジネス

みずほ、システム運用子会社に日本IBMが65%出資

ビジネス

日経平均は続伸、先物買い戻し主導 高値警戒感も強い

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    中国請負の高速鉄道建設が工期遅延に予算超過 インドネシア、入札に敗れた日本の参加要望

  • 2

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 3

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機を操作した可能性

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃…

  • 6

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 7

    韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切…

  • 8

    デーブが語る、『テラハ』木村花さんの死は何が問題…

  • 9

    コロナ禍で制約を受けるアメリカの日常は、黒人にと…

  • 10

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 1

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 2

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 3

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 4

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 5

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 6

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 7

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 8

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 9

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿…

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染15人 2桁台で3…

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 9

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 10

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月