最新記事

観光業の呪い

ほほ笑みの国タイの憂鬱──中国偏重がもたらす経済危機と感染危機

CHINA BLUES

2020年3月25日(水)18時15分
オースティン・ボデッティ

市民から供物を受け取る托鉢僧もマスク姿(バンコク、2月5日) ATHIT PERAWONGMETHA-REUTERS

<新型肺炎の感染拡大で中国人に過剰依存してきた観光業への打撃は必至──それでも中国寄りの政府に国民の不満が募る>

ほほ笑みの国タイが、ほほ笑んでばかりいられない問題に相次ぎ見舞われている。最南部では、2004年に分離独立運動が活発化して以来、政府軍と反政府勢力の衝突が後を絶たない。首都バンコクでは今年1月、強権的なプラユット・チャンオーチャー首相に抗議する大規模デモが起きた。東北部では2月、陸軍の兵士がショッピングモールで銃を乱射し、29人が死亡、数十人が重軽傷を負う惨事が起きた。

経済も悪化している。2018年の時点で「辛うじて食べていくので精いっぱい」と答えた国民は40%を超えた。景気減速は一段と鮮明になり、プラユットは2019年に大規模な刺激策を打ち出したところだった。

そこに新型コロナウイルス騒動が起きた。1月13日、タイは中国以外で初めて感染者が確認された国になった。以後、状況は悪化し、現在の感染者数は50人を超える。

タイが中国国外で感染者第1号を出した背景には、観光業における両国の密接な関係がある。観光業はタイのGDPの12〜20%を占める最大の産業だが、その収入の大部分は中国人がもたらしている。2019年にタイを訪れた中国人は約1100万人に上り、外国人観光客で最大の27.6%を占めた。だがそこには、今回のようなリスクも潜んでいる。

中国自身を含め、世界中の国が中国との渡航制限に乗り出すなか、タイ国内でも警戒感は高まっている。バンコク市民の多くは、中国人観光客がよく訪れるショッピングモールを避けるようになった。だが、中国人観光客が大幅に減ることは、タイにとってウイルスと同じくらい大きな脅威となる恐れがある。

新型コロナウイルス問題が起きる前から、タイを訪れる中国人は減少傾向にあった。2018年にプーケット島沖で中国人を乗せた船が沈没し、47人が犠牲になる事故が起きて以来、中国人観光客は激減。2019年1〜6月は前年同期比5%減となっていた。通貨バーツの上昇も、既に米中貿易戦争のあおりを受けていた中国人にとって痛かった。タイ観光・スポーツ省は、2020年の中国人観光客は900万人に落ち込むと予測している。

タイの観光業界自体もトラブル続きだった。フラッグキャリアであるタイ国際航空は大幅な赤字経営が続いており、2019年10月には経営破綻の警告を受けた。観光客に人気のビーチが一時閉鎖されるという問題も起きた。大量の観光客が近くのサンゴ礁にダメージを与えたためだ。そこへきて、感染症の拡大を抑えるために、中国政府が自国民に海外旅行を思いとどまるよう促しているのだから、タイにとっては泣きっ面に蜂だ。

ニュース速報

ビジネス

米司法省反トラスト局長、証取のデータ提供価格を注視

ビジネス

ディズニー、米テーマパーク部門中心に約2万8000

ビジネス

9月の中国製造業PMIは51.5、前月から上昇=国

ワールド

次期最高裁判事も米大統領選巡る判断に関与すべき=共

MAGAZINE

特集:感染症 vs 国家

2020-10・ 6号(9/29発売)

新型コロナウイルスに最も正しく対応した国は? 各国の感染拡大防止策を徹底査定する

人気ランキング

  • 1

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 2

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に逆風

  • 3

    無法地帯と化すハイチ 警官が暴徒化する理由とは?

  • 4

    中国漁船団は世界支配の先兵

  • 5

    安倍政権が推進した「オールジャパン鉄道輸出」の悲惨…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    タイ環境相、国立公園に捨てられたゴミを「持ち主に…

  • 8

    ベトナム、日本には強硬だが、中国には黙る韓国政府…

  • 9

    3時間42分にわたって潜水するクジラが確認される

  • 10

    韓国ネットに新たな闇 犯罪者を晒す「デジタル刑務所…

  • 1

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 2

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 3

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる…

  • 6

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 7

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に…

  • 8

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 9

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 10

    台湾有事を想定した動画を中国軍が公開

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月