最新記事

感染症対策

インドネシア首都ジャカルタは「非常事態」? 新型コロナウイルスめぐり在留邦人に緊張と混乱

2020年3月21日(土)19時00分
大塚智彦(PanAsiaNews)

実質的には「屋上屋を架す」お願い

20日にアニス・バスウェダン知事が発出した新たな対策の宣言は、
①娯楽施設(映画館、ボウリング場、カラオケ、クラブ、バー、ディスコ、マッサージ、スパ、サウナなど)の閉鎖
②公共交通機関の運行時間の短縮、1両の乗客数制限
③州内の各企業の事業活動の一時的停止と在宅ワークの推奨
などとなっている。しかしいずれもが「求める」「呼びかける」というもので、基本は「お願いベース」なのである。

ジャカルタ市内繁華街のカラオケやクラブなどは15日の外出自粛要請を受けて客足が遠のき、とっくに営業を中止していた店も多く、いまさらの「娯楽施設の閉鎖」には「屋上屋を架す」の感が否めないとの声も出ている。

家族一時帰国や人事異動の凍結

インドネシアではこれまでに日本を含む外国人の入国制限や国際線の運航停止などの措置で、日本人の入国、出国が通常よりも難しくなっている。

感染予防やそれに伴う日本との定期航空便の削減や休止などといった国外への移動制限の影響もあり、日本人駐在員の中には家族を急きょ日本に一時帰国させるケースも増えている。

その一方で、3月、4月の人事異動の時期にも関わらず後任者の赴任が難しいことから異動できずにジャカルタに留まるよう指示を受ける「人事異動の一時凍結」によって否応なしの残留となっているビジネスマンも多いという。

こうした在留日本人、日系企業ビジネスマンは、職場である事務所や工場での感染防止対策やインドネシア人の同僚、従業員の健康維持のために日本大使館からの情報やマスコミ報道からの情報を必死になって収集、日々対応策に当たっている。

在留日本人の受け取り方

そういう緊張した雰囲気にあるインドネシア。特に感染者数が20日の時点で450人中215人が集中している首都ジャカルタ周辺に在住する日本人には、「非常事態宣言」はある意味「ショッキングなニュース」として瞬く間に伝わった。

「非常事態宣言という表現に関してそこまで神経質にならなくてもいいのではないか」
「むしろそこまで事態は深刻だということを理解するうえでは非常事態という表現は適当だ」と、在留日本人の間でもさまざまな反応が起きている。

これまでのジョコ・ウィドド政権やジャカルタ州政府が取ってきた数々の感染拡大防止策がいずれも「緩い」対策であり、それがまた急増し続けている感染者数にも反映されているという「インドネシア流」を理解したうえで、「非常事態宣言」という言葉そのものにはあまり拘泥することなく、事態を冷静にみて、自分で判断することが求められる。

もちろんそれで感染拡大が効果的に阻止できるのであればそれにこしたことはないのであるが、「非常事態宣言」という表現が独り歩きすることで新たな混乱が発生することだけは避けなければならないだろう。


otsuka-profile.jpg[執筆者]
大塚智彦(ジャーナリスト)
PanAsiaNews所属 1957年東京生まれ。国学院大学文学部史学科卒、米ジョージワシントン大学大学院宗教学科中退。1984年毎日新聞社入社、長野支局、東京外信部防衛庁担当などを経てジャカルタ支局長。2000年産経新聞社入社、シンガポール支局長、社会部防衛省担当などを歴任。2014年からPan Asia News所属のフリーランス記者として東南アジアをフィールドに取材活動を続ける。著書に「アジアの中の自衛隊」(東洋経済新報社)、「民主国家への道、ジャカルタ報道2000日」(小学館)など


[ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

【関連記事】
・イタリアを感染拡大の「震源地」にした懲りない個人主義
・新型コロナ:中国「新規感染者数ゼロ」の怪
・日本が新型肺炎に強かった理由


20200324issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年3月24日号(3月17日発売)は「観光業の呪い」特集。世界的な新型コロナ禍で浮き彫りになった、過度なインバウンド依存が地元にもたらすリスクとは? ほかに地下鉄サリン25年のルポ(森達也)、新型コロナ各国情勢など。

ニュース速報

ワールド

アングル:米民主党進歩派の「顔」、グッズ販売で狙う

ワールド

米超党派議員がIOCに書簡、北京五輪の延期や開催地

ビジネス

アングル:暗号資産ブームのパキスタン、後手に回る法

ビジネス

アングル:ノンアルビール、「コロナ明け」機に大手が

MAGAZINE

特集:ドキュメント 癌からの生還

2021年7月27日号(7/20発売)

東大病院から「逃亡」、転院先では手術回避、最後は自ら選んだ治療で生き延びた記者の「決断と選択」

人気ランキング

  • 1

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 2

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な相違点がある)

  • 3

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本人と韓国人

  • 4

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 5

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 6

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽…

  • 7

    日本の皆さん、習近平は「シー・チンピン」でなく「…

  • 8

    ウガンダ選手の失踪は例外ではない──国際大会で「消…

  • 9

    「世界中でアメリカ大使が不在」で考える大使の存在…

  • 10

    東京五輪はアスリート生命を脅かすスーパースプレッ…

  • 1

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 2

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 3

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 4

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 5

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 6

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な…

  • 7

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本…

  • 8

    ユーチューブが投げ銭機能「スーパーサンクス」導入 …

  • 9

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 10

    経済依存してきた中国に、真っ向から歯向かうオース…

  • 1

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 2

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 3

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 4

    閲覧ご注意:ヘビを捕食するクモが世界中で確認され…

  • 5

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 6

    「寝はじめる姿勢」で目覚めが変わる 寝ても疲れが取…

  • 7

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 8

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 9

    テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

  • 10

    ある日突然「人工透析です」と告げられたら? 高血圧、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月