最新記事

ドイツ

ドイツ保健省、最悪の場合ロックダウン2年の可能性も

2020年3月18日(水)18時00分
モーゲンスタン陽子

ドイツ-ポーランド国境で体温チェックが行われている...... REUTERS/Axel Schmidt

<ドイツ保健省は、増え続ける感染者に危険度指定を高め、「極端な場合」には各種制限の一部が2年間続くこともありうると示唆した......>

17日、ドイツ保健省のロベルト・コッホ研究所(RKI)は、同国における新型コロナウイルスの危険度を中から高に引き上げた。増え続ける感染者・死者数と、既存の医療機関での対応能力に陰りが出てきたためだ。

パンデミック収拾まで2年を要する可能性もあると予想され、そのため「極端な場合」には現在導入されている各種制限の一部が同期間続くこともありうると示唆した。

また同日、EU首脳陣はEU圏外から圏内への移動を30日間禁止することに合意した。EU市民はこれに該当しない。ドイツのハイコ・マース外務大臣はドイツ人の本国送還に5千万ユーロを費やすと発表した。

17日現在、ドイツの感染者は8200名以上、死者は26名になる。

外出禁止令はないが事実上ロックダウン

ドイツでは16日からほとんどの州で、学校や幼稚園がイースター休暇終了の4月19日まで、5週間閉鎖となっている。それ以前に自主閉鎖を発表した施設もあるが、17日からは美術館、映画館、スポーツ施設、コンサートホール、クラブ、バー、動物園、公衆浴場、観光施設などが営業停止、さらに公園など子供の遊び場も使用禁止になった。各種イベントも禁止される。

18日からは飲食店の営業時間を午前6時から午後3時までに制限。テーブルの間隔は最低1.5メートル以上確保し、かつ入店は最大30人までという条件付きだ。3時以降は、テイクアウトもしくは配達のみ可能となる。

スーパーや薬局、ガソリンスタンドや銀行など、生活必需品やサービスを扱う施設は営業可能だが、平日は午後10時まで、またふだんは営業禁止の日曜も12時から6時までオープンと、逆に営業時間が延びている。必要な物資にいつでもアクセスできるようにとのことだが、営業時間を伸ばすことによって客の集中を分散させることもできるだろう。

ドイツは周辺5カ国との国境も閉鎖した。国内でも、緊急の場合以外の旅行は奨励されていない。ホテルの宿泊も制限されるため、実質、用もなく他都市に移動することは不可能となった。また、フランスなど周辺諸国でも入国制限や国境閉鎖を行っているため、他国からドイツに戻りたくてもなかなか戻れないドイツ人も多い。EU全土が閉鎖されることになったが、希望するドイツ人は航空機で連れ戻すようだ。

医療用マスク5万点盗難

17日現在、ドイツではおよそ500人が病院で治療を受けているが、その数は数日中に3倍以上になると予想されている。

食料、消毒液、トイレットペーパーなどは国内に十分にあり、不要な買いだめをしないよう政府が呼びかけてはいるものの、スーパーなどでは品薄の状態が続いている。欧州委員会は先日、マスクなどの医療物資を加盟国でシェアし、困窮する国のないよう互いに助け合うことを提案した。だが16日にはケルンで、医療施設のために保管されていたマスク5万点が倉庫から盗まれる事件があった。同様の事件は今月に入ってからドイツ全国で起こっているようだ。

ニュース速報

ワールド

ナゴルノ紛争、米仲介の停戦発効後も攻撃続く

ビジネス

トルコ大統領、仏製品ボイコット呼び掛け 風刺画引き

ワールド

EU、WTO事務局長選でナイジェリア候補を支持=当

ワールド

メルケル独首相の与党、12月4日の次期党首選を延期

MAGAZINE

特集:ドイツ妄信の罠

2020-11・ 3号(10/27発売)

良くも悪くも日本人が特別視する国家・ドイツ──歴史問題や政治、経済で本当に学ぶべき点は

人気ランキング

  • 1

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 2

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 3

    中国が極超音速ミサイルを配備、「能力の無駄遣い」と環球時報

  • 4

    毎年ネットで「三峡ダム決壊!」がバズる理由

  • 5

    ボイジャー2号が太陽系外の星間物質の電子密度の上昇…

  • 6

    新型コロナウイルスは糖尿病を引き起こす? 各国で…

  • 7

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 8

    中国はトランプ再選を願っている

  • 9

    アメリカ大統領選挙、ラストベルトもトランプ離れ …

  • 10

    中国政府のウイグル人弾圧をめぐって、国連で再び各…

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 4

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 5

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

  • 6

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を…

  • 7

    菅首相、訪問先のインドネシアで500億円の円借款供与…

  • 8

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 9

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 10

    新型コロナ、スウェーデンは高齢者を犠牲にしたのか

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 4

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 10

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月