最新記事

ウイルス

新型コロナウイルスの「0号患者」を探せ!

Scientists are still searching for the source of COVID-19: why it matters

2020年3月17日(火)19時05分
ワンダ・マーコッター(南ア・プレトリア大学動物原性感染症センター所長)

こうした誤った情報を煽ったのは報道だった。メディアは当初、新型コロナウイルスと市場や動物の間につながりがあると示唆する報道を行っていたが、それを裏付ける情報は出ていない。

それでも科学者たちは、その線を調べ続けている。とりわけコウモリは複数のコロナウイルスの自然宿主(ウイルスが最初に寄生した動物)と考えられているため、注目されている。

過去の調査では、SARSコロナウイルスやMERS(中東呼吸器症候群)コロナウイルスをはじめ、感染症を引き起こしやすい複数のコロナウイルスが、コウモリの保有するウイルスと遺伝的に似ていたことが分かっている。このように、コウモリが貯め込んだ多様なウイルスが、時として(多くの場合は別の動物を介して)人に飛び移る可能性があるのだ。

たとえばSARSコロナウイルスを保有している宿主を調べた複数の調査では、中国に生息するキクガシラコウモリがそれに最も近いウイルスを保有していたという結果が示された。それがジャコウネコを介してヒトに感染したとされている。そして1月には新たに、雲南省でキクガシラコウモリから採取されたウイルスと新型コロナウイルスの遺伝子配列が96%の高確率で一致したというデータが公表された。これとは別の報告書も、新型コロナウイルスとSARS関連のコウモリコロナウイルスには89%の類似性があると指摘した。

突然変異で問題はさらに複雑に

だがこうした「類似性」だけでは、現在の感染拡大を引き起こしているウイルスの発生源を特定するには不十分だ。

重要な問題は、新型コロナウイルスとコウモリコロナウイルスが「かなり似ている」ように見えるのが事実でも、突然変異率を考慮に入れると話は複雑になる。ウイルスを媒介する中間宿主がその突然変異に関与している可能性も高い。実際、コウモリに寄生する多くのウイルスは、まず別の動物に寄生して威力を増した後にヒトに飛び移り、感染を拡大させることが分かっている。

たとえば02年と03年に流行したSARSコロナウイルスの場合は、ジャコウネコがウイルスを媒介したと特定された。今回のウイルスでは、センザンコウが中間宿主ではないかと指摘する声があがっている。

ウイルスが動物からヒトにジャンプするのを阻止できれば、何十億ドルもの医療費が節減でき、多くの人の命を救える可能性がある。

今後も野生生物の間では、さまざまなウイルスが飛び交い続けるだろう。将来の感染拡大を防ぎ、健全な世界経済を維持していくためには、ウイルスの多様性やそれを保有する種、それらの種がどこに生息しているのかを知り、人間のどのような行動が感染リスクを増大させる可能性があるのかを知っておくことが不可欠だ。

ニュース速報

ビジネス

日経平均続伸、円安好感で幅広く買い 2万3000円

ビジネス

JFE、今期事業損益は1000億円の赤字予想 新型

ビジネス

日本マクドナルド、1―6月期営業益は0.7%増 通

ビジネス

第2四半期の英GDP速報値、前期比20.4%減 過

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 2

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 3

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはなぜか?

  • 4

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪…

  • 5

    『ゴースト・オブ・ツシマ』でサムライ映画の世界を…

  • 6

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 7

    スウェーデンは本当に「集団免疫」を獲得したのか …

  • 8

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 9

    東京都、11日の新型コロナウイルス新規感染188人 緊…

  • 10

    モーリシャスが環境緊急事態宣言 日本船の燃料流出…

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 3

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 4

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 5

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 6

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 7

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 8

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 9

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 10

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 4

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 5

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 6

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 7

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 8

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 9

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続2…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月