最新記事

女性問題

韓国史上初の「メガネアナ」、今度は朝のニュースで「ノーブラ・チャレンジ」

2020年3月3日(火)20時50分
ウォリックあずみ(映画配給コーディネイター)

newsweek_20200303_205449.jpg

イム・ヒョンジュ・アナ(中央)がノーブラで出演した朝のニュース番組。なんと、左隣りの男性アナの方はブラを着けている。MBClife / YouTube

ブラは女性抑圧の象徴?

さて、これまでにも、女性がブラジャーを使って抗議した事例は数多くあった。始まりは、1968年にアメリカで行われた「ミスアメリカ大会」反対運動。200人ほど集まった女性を中心としたデモ隊は、デモンストレーションとして「Freedom Trash Can(自由のゴミ箱)」を用意し、そこへ女性の象徴であるとされるスカートやつけまつげ、下着を投げ捨てた。さらにブラジャーを集め、そこで焼いてみせ、女性の性の商品化ともいえるミスコン開催に抗議したのだ。

その頃から、ブラジャーは女性の体を締め付けるコルセットと同様に、下着でありながら女性への抑制を象徴するものとして度々取り上げられてきた。最近でいえば、昨年6月にスイスで行われた「男女平等賃金とセクハラ撲滅を求めるデモ」では、数千人にも上る女性が集まり道路を1日封鎖するデモが行われたが、そこでもデモ隊によって路上でブラが焼かれるパフォーマンスが敢行されている。

今回、イム・ヒョンジュさんがノーブラにチャレンジしたのは、大々的な男女差別や雇用均等を掲げて行ったわけではない。むしろ眼鏡をかけて出演したときと同様、「自分の体は自分のものだ。なぜ女性という理由だけで好きなように着脱の選択ができないのか?」というささやかな疑問をただ実行しただけだ。

しかし、ノーブラでの生放送出演が世間に知られるようになると、ネット上で「ブラはするもしないも女性個人の自由」という意見と「目のやり場に困る、相手が困ることも考えろ。社会的マナーだ」という意見が対立。イム・ヒョンジュさんに向けられた誹謗中傷の書き込みは未だ続いている。

自殺したソルリさんもノーブラでバッシング

韓国では、誹謗中傷による有名人へのダメージについて度々問題視されてきたが、昨年10月に亡くなったアイドルグループ f(x) の元メンバーであるソルリさんの自殺が記憶に新しい。彼女も、自身のSNSにブラジャーを付けない姿を何度か投稿し、ひどい誹謗中傷を書き込まれていた。他にも様々な批判が浴びせられ、鬱状態にまで追いこみ、最終的には彼女は自ら命を絶つ結果となってしまった。

イム・ヒョンジュさんは、インタビューなどで「(悪質な書き込みについて)気にしていない」と語っていたが、あまりのひどさに法的措置も辞さないと発表せざるを得ない状態になった。アンチコメントを今まさに書こうとしている人は、いったん手を止めて、そのひと言がきっかけで彼女を追いこんでしまうかもしれないことを考え直してほしい。

ニュース速報

ビジネス

地銀と戦略的に連携、資本提携にこだわらず=りそなH

ワールド

欧州当局、コロナワクチンは時間かけ審査 拙速な認可

ワールド

フランス、国外でのスキー阻止へ国境検査実施 コロナ

ワールド

バイデン次期米大統領、対中通商合意第1弾を直ちに破

MAGAZINE

特集:202X年の癌治療

2020-12・ 8号(12/ 1発売)

ロボット手術と遺伝子診療で治療を極限まで合理化 ── 日本と世界の最先端医療が癌を克服する日

人気ランキング

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに来た王毅外相

  • 3

    「なぜ、暗黒物質のない銀河が存在するのか」を示す研究結果

  • 4

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 5

    夢の国ディズニーで働くキャストの本音

  • 6

    「夢の国」ディズニーの......リストラが止まらない

  • 7

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 8

    中国外務省報道官、オーストラリア兵士の偽画像をツイ…

  • 9

    暴走する中国の今後を左右するWTO事務局長選 米次期…

  • 10

    アメリカ中西部にコロナ感染の大波 医療現場は崩壊…

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲーマーの怒りのツイートがあふれる

  • 3

    次期米国務長官から「車にはねられ、轢かれた犬」と見捨てられたイギリス

  • 4

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに…

  • 5

    「燃える水道水」を3年間放置した自治体を動かした中…

  • 6

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 7

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 8

    中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族…

  • 9

    11月13日、小惑星が地球に最も接近していた......

  • 10

    「なぜ、暗黒物質のない銀河が存在するのか」を示す…

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 3

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 4

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除…

  • 5

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 6

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 7

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 8

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

  • 9

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 10

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月