最新記事

動物

世界人口の6~7割が存在も魅力も知らないまま絶滅させられそうな哺乳類センザンコウを追うドキュメンタリー

Eye of the Pangolin: The Documentary Trying to Save the Most Trafficked Mammals in the World

2020年2月20日(木)16時25分
ローラ・パワーズ

どこか愛嬌も感じるセンザンコウ COURTESY OF EYE OF THE PANGOLIN FILM

<センザンコウは木に登る、保護されても脱走して自分の家に帰る、人に懐いて後を追う。そんな愛すべき動物が漢方薬のために殺され、今は「新型コロナウイルスの媒介者」と疑われ、種そして生存が危ぶまれている>

センザンコウは、密売が世界でもっとも多い哺乳類で、絶滅の危機に瀕している。その上最近では、新型コロナウイルスを媒介したという疑いもかけられている。だが同じ密猟対象でもゾウやサイと違うのは、世界人口の6~7割がセンザンコウの存在さえ知らないことだ。生態は謎だらけでミステリアスな反面、ときには犬や猫のように人間と絆を結ぶこともあるというセンザンコウの魅力とその残酷な運命を世に知らしめるために作られたドキュメンタリーがある。『Eye of the Pangolin(センザンコウの目)』だ。

<参考記事>新型コロナウイルスを媒介したかもしれない「センザンコウ」って何?

撮影班は、2年をかけて南アフリカ、ガーナ、中央アフリカ共和国、ガボンをまわって4種類のセンザンコウの生態と保護活動を追った。映画制作者のブルース・ヤングとヨハン・ヴァーミューレンも、撮影に入ったときにはセンザンコウのことをほとんど知らなかった。しかし、センザンコウに出会ってしまった多くの動物学者や保護活動家がそうであるように、彼らも、神秘的な半面、ペットのように人の後を追ってくることもあるセンザンコウの魅力に取り付かれてしまう。

webs200219-pangolins02.jpg

センザンコウと「恋に落ちた」ブルース・ヤング(右) COURTESY OF EYE OF THE PANGOLIN FILM


センザンコウはアフリカやアジアに生息しているが、そのウロコを漢方薬に使う中国人の需要を満たすためまずアジアで密猟に遭い、今はアフリカでも狩られている。2019年4月には、シンガポールの税関で、24トンのウロコが押収された。6万9000頭のセンザンコウの死に相当する量だ。

このドキュメンタリーでは、センザンコウの違法取引よりも、自然の生息環境で暮らすセンザンコウの生態にスポットを当てている。遠くにいてよく知らない動物だったセンザンコウの見たこともないようなユニークな生態と、はかない命を必死でつなごうとする姿がそこにある。人間に母親を殺された子どもを救い出し、何とか元気にして野生に戻そうとする活動家たちとの交流や悲しい別れも見ることになる。この作品を見た後は、センザンコウを知らないとは誰も言えなくなるだろう。作品をYouTubeで公開した制作者たちの願いは、世界中がこれを観てくれることだ。まだ間に合ううちに。

ブルース・ヤングは2019年に、この画期的なドキュメンタリー『センザンコウの目』の脚本を書き、みずから監督して制作した。南アフリカ、ガーナ、中央アフリカ共和国、ガボンで撮影されたこのドキュメンタリーは、アフリカに生息する4種のセンザンコウすべてをカメラに収めるという史上初のミッションに挑んだ2人の男の物語だ。ヨハン・ヴァーミューレンは、フリーランスの野生動物ドキュメンタリー映画制作者兼写真家で、南アフリカを拠点にしている。

(翻訳:ガリレオ)

20200225issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年2月25日号(2月18日発売)は「上級国民論」特集。ズルする奴らが罪を免れている――。ネットを越え渦巻く人々の怒り。「上級国民」の正体とは? 「特権階級」は本当にいるのか?

ニュース速報

ビジネス

ECB、FRB型の新物価戦略採用すべき=フィンラン

ビジネス

新型コロナワクチンで経済急加速との判断は時期尚早=

ワールド

EU、モデルナと新型コロナワクチン供給契約 最大1

ビジネス

コロナ再拡大、経済や金融の安定確保が何より重要=日

MAGAZINE

特集:BTSが変えた世界

2020-12・ 1号(11/25発売)

常識を覆して世界を制した「現代のビートルズ」── 彼らと支える熱狂的ファン「ARMY」との特別な絆

人気ランキング

  • 1

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多めのウェア着ている選手が悪いのか?

  • 2

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 3

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 4

    オーストラリアが打ち砕く、文在寅に残された「たっ…

  • 5

    【オバマ回顧録】鳩山元首相への手厳しい批判と、天…

  • 6

    新型コロナは2019年9月にはイタリアに広がっていた──…

  • 7

    やはり、脳と宇宙の構造は似ている......最新研究

  • 8

    大統領選の「トランプ爆弾」不発に民主党はがっかり…

  • 9

    医学部で人生初の解剖、人体が教科書通りでないこと…

  • 10

    中国とロシアがバイデンを祝いたくない理由

  • 1

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 2

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 3

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除方法はこれ

  • 4

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 5

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 6

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 7

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 8

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 9

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 10

    トランプでもトランプに投票した7000万人でもない、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月