最新記事

新型肺炎:どこまで広がるのか

新型コロナウイルス、ワクチン実用化は近づいているのか

Searching For a Vaccine

2020年2月14日(金)16時15分
シャノン・パラス(科学ジャーナリスト)

感染を調べる検査キットの開発も進行中(江蘇省) COSTFOTOーBARCROFT MEDIA/GETTY IMAGES

<開発途上のSARS用ワクチンを応用する動きもあるが、効果と安全性を見極めるには時間と資金が必要......本誌「新型肺炎:どこまで広がるのか」特集より>

新型コロナウイルスの感染予防には、米テキサス州の冷蔵庫に眠っているワクチンが役に立つかもしれない。問題は、現時点では「かもしれない」としか言えないことだ。

このワクチンは、コロナウイルスの一種であるSARS(重症急性呼吸器症候群)用として2010年代初めにベイラー医科大学のピーター・ホテズ教授が開発した。臨床試験にまで至らなかったのは、手洗いなどの公衆衛生指導や、低温で乾燥した冬が過ぎたことによって流行が収まったからだ。

20200218issue_cover200.jpg

いまホテズは、このワクチンの研究を前進させたいと考えている。新型コロナウイルスとSARSに共通点が多ければ、SARS用ワクチンで作ったものと同じ抗体で、コロナウイルスの表面にある冠状の突起を捉え、ウイルスが細胞に侵入するのを防ぐことができるかもしれない。

ホテズのほかにも、多くのグループがワクチン開発を進めている。ホテズと同じく、SARS用ワクチン研究の応用を目指す製薬会社もある。

ただし実用化には、しばらく時間がかかるだろう。その前に新型コロナウイルスの流行が収まるかもしれない。ホテズのSARS用ワクチンの研究は、流行が収まると研究資金が枯渇し、研究途上のワクチンは冷蔵庫行きとなった。今回も同じ道を歩むのか。

ホテズらはSARA用ワクチンの動物への有効性は確認していた。その脅威が去った後も、ヒトへの安全性と効果を確かめるために臨床試験を行いたいと考えていた。類似のウイルスも含めた再流行に備えて、ワクチンを備蓄しておきたかったのだ。それが2016年のことで、その頃は、コロナウイルスの一種とされ、動物からヒトに感染するMERS(中東呼吸器症候群)の流行がもう何年も続いていた。

だが当初の研究資金が尽きる頃には、脅威が去ったSARSへの関心は薄れていた。「資金が集まるのは流行している最中だけ」と、ホテズは言う。追加資金を調達できなかった彼は、ワクチンを冷蔵庫で保管し、保存状態を定期的にチェックした。

ニュース速報

ワールド

バイデン氏、ミシガン州でリード維持 ノースカロライ

ワールド

米死者数、今年は平均を約30万人上回る コロナ禍で

ワールド

仏ロ首脳、ナゴルノ停戦交渉の必要性で一致 米は外相

ワールド

原油先物1%超上昇、米コロナ追加対策合意への期待で

MAGAZINE

特集:日本人が知らないワクチン戦争

2020-10・27号(10/20発売)

全世界が先を争う新型コロナのワクチン確保 ── その最前線と日本の開発が遅れた本当の理由

人気ランキング

  • 1

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会議研究者たち

  • 2

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 3

    新疆ウイグル自治区で行われる大量不妊手術と強制避妊 「バイデン米大統領」は中国の暗部に切り込めるのか

  • 4

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 5

    ウイグル人根絶やし計画を進める中国と我ら共犯者

  • 6

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止した…

  • 7

    落選後のトランプは、恩赦? 逮捕? それとも亡命?

  • 8

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と…

  • 9

    ドイツも過去最大の新感染者数 マスク着用促す広告…

  • 10

    アラスカからNZまで、11日間不休で1万2000キロ、渡り…

  • 1

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 2

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア州で相次いで目撃される

  • 3

    アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

  • 4

    在韓米軍、駐留費引き上げで合意なければ韓国人職員9…

  • 5

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 6

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と…

  • 7

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 8

    トランプが台湾に売った対中兵器の中身

  • 9

    韓国は中国を気づかって、米日豪印4ヶ国連携「クアッ…

  • 10

    千人計画で「流出」する日本人研究者、彼らはなぜ中…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 4

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 10

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月