最新記事

世界経済

今の資本主義には規律も公平さもない、若者たちが憤るのは当然だ

CONFESSIONS OF A MONEY MAN

2020年2月12日(水)18時30分
サム・ヒル(作家)

人間の脳は相対的な富の差に強く反応する KTSIMAGE/ISTOCKPHOTO

<アメリカの若い世代が社会主義に傾倒するのは民主党左派の影響ではなく、格差批判を敗者の「負け惜しみ」と切り捨ててきた資本主義者の責任だ>

筆者は資本主義者だ。なぜなら社会主義を知っているからだ。学生時代は社会主義に傾倒したが、外国で長く働いてきたおかげで社会主義の失敗をつぶさに見ることができ、それで転向した。

ところが今、なぜかアメリカで社会主義がもてはやされている。なぜか。社会主義的な政策を掲げる民主党左派のせいではない。私たち資本主義者の責任だ。

今の資本主義の在り方は間違っている。そもそも資本主義の根底には、見識ある市民と自由市場が富と機会の最適な配分を生み出すという思想がある。だから社会主義経済が1970年代後半に崩壊し始めると、資本主義者は政府による市場の規制など無用だと考え、以後は一貫して、この方向に舵を切り続けている。

結果、2018年はこの半世紀で米司法省が反トラスト法(独占禁止法)を適用した件数の最も少ない年になったという。市場の「見えざる手」を信じたアダム・スミスでさえ、資本主義にも一定のルールが必要と論じていたのだが。

一定の規制がなければ、資本主義も縁故主義や政治の私物化の罠に落ちてしまう。しかも私たちは社会システムを改ざんしている。勝者が少なく敗者が多いのは資本主義の必然だと言い張り、特定の勝者が必ず勝つように仕組んである。教育制度は二重構造で、下から上に乗り移るのは至難の業だ。税制は資本家に甘く、彼らの富は彼らに成功をもたらした社会に還元されない。法律は業界や企業を真の競争から守る一方、弱者同士を競わせている。

規律正しくも公平でもない

社会主義に対する私たちの態度も偽善的だ。カール・マルクスが「能力に応じて働き、必要に応じて受け取る」と書いたように、社会主義の肝は政府による富の再配分だ。アメリカの資本主義も富を再配分するが「必要」に応じてではない。政治家の欲しがる「票」に応じて配る。田舎や農村部へ、高齢者へ、ロビー活動に巨額の資金をつぎ込む製薬業界へと資金は流れる。

だから若い世代は、「ベビーブーム世代は『社会主義』の恩恵に浴したのに、自分たちにはそれがない」と憤る。こうした偽善への不満は日増しに高まっている。

経済的不平等への批判にも、私たちは耳を塞いできた。資本主義の登場以来、世界中でほとんどの人の暮らし向きが改善されてきたのは客観的事実だ。しかし、それを実感している人は少ない。例えば近所同士のA、Bに筆者がそれぞれ100万ドルと1000万ドルを配ったとしよう。Aは素直に喜ぶだろうか。Bのほうがなぜ多くもらったのかと、私を問い詰めるはずだ。

ニュース速報

ビジネス

FRB、最低23年末までゼロ金利維持を=ミネアポリ

ワールド

欧州の防衛自律性、NATOとの共存可能=仏大統領

ワールド

カナダ、不要不急の渡航禁止を7月21日まで延長

ワールド

米加州、ワクチン接種デジタル証明を開始 義務化はせ

MAGAZINE

特集:ルポ 武漢研究所のウソ

2021年6月22日号(6/15発売)

新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

人気ランキング

  • 1

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性物質

  • 2

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正反対の判決に動揺広がる

  • 3

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 4

    「量子もつれ顕微鏡」が「見ることができない」構造…

  • 5

    コロナ研究所流出説を裏付けるコウモリ動画

  • 6

    K-POPアイドルも逃れられぬ兵役の義務、ファンを絶望…

  • 7

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 8

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 9

    国民の不安も科学的な提言も無視...パンデミック五輪…

  • 10

    ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 3

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執するこれだけの訳

  • 4

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 5

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 6

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 7

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 8

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 9

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 10

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 6

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 7

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 8

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 9

    ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

  • 10

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月