最新記事

動物

アザラシが水中で拍手して、コミュニケーションすることが明らかに

2020年2月7日(金)17時50分
松岡由希子

「ハイイロアザラシの拍手は非常に音が大きく、最初は信じられなかった」Ben Burville-Telegraph-YouTube

<水中で泳ぐ野生のハイイロアザラシのオスが前ビレで拍手し、銃声のような「パン」という音を鳴らす様子を動画で初めてとらえた。>

クジラやアザラシといった海洋哺乳類は、鳴き声や口笛で仲間とコミュニケーションをとったり、足ヒレや尾で水面を強く弾いてシグナルを送ったりすることで知られている。このようなコミュニケーション形態に加えて、ハイイロアザラシは、水中で拍手してコミュニケーションすることが明らかとなった。

前ビレで拍手し、銃声のような「パン」という音を鳴らす

英ニューキャッスル大学の客員研究員ベン・バーヴィル博士は、繁殖期にあたる2017年10月17日、イングランド北東部のファーン諸島において、水中で泳ぐ野生のハイイロアザラシのオスが前ビレで拍手し、銃声のような「パン」という音を鳴らす様子を動画で初めてとらえた。この音は0.1秒足らずと短く、10キロヘルツ(kHz)を超える高周波であった。

バーヴィル博士は「ハイイロアザラシの拍手は非常に音が大きく、最初は信じられなかった」とし、「どのようにして空気のない水中で拍手し、あれほど大きな音を鳴らしているのだろうか」と驚きを示している。この動画を含めた一連の研究成果は、2020年1月31日に学術雑誌「マリン・マンマル・サイエンス」で公開されている。

アザラシが拍手すること自体はけして珍しいものではなく、動物園や水族館で飼育されているアザラシも拍手する。しかし、動物園や水族館のアザラシは人間によって調教されたものであるに対して、この動画がとらえた野生のハイイロアザラシは、自然と拍手をしている。

file-20200120.jpg

Ben Burville/Illustrations: David Hocking

大きな鋭い音で他のアザラシにシグナルを送っている

研究論文の共同著者である豪モナシュ大学のアリスター・エバンズ准教授によると、ハイイロアザラシのほかにも、体や尾で水をはじいて衝撃音を鳴らすことのできる海洋哺乳類が存在するという。

ハイイロアザラシは水中で拍手し、周囲の雑音をかき消すほどの高周波で大きな鋭い音によって、他のアザラシにシグナルを送っている。

その目的について、研究論文の筆頭著者であるデイビッド・ホッキング博士は「ライバルのオスを追い払ったり、目当てのメスにアピールするためだろう」と考察。ゴリラが胸を叩いて自らの強さを誇示したり、メスに求愛する「ドラミング」と似たものだと考えられている。

水中での拍手を妨げると、繁殖を妨げるおそれも

ハイイロアザラシにとって、水中での拍手は重要な社会的行動のひとつとみられ、人間の騒音などによってこれを妨げることは、繁殖を妨げ、ひいてはこの種の生存をも妨げてしまうおそれがある。

ホッキング博士は、自ら寄稿したオンラインメディア「ザ・カンバセーション」の記事において、「私たちの周りにいる動物たちをよりよく理解することは、動物そのものはもとより、彼らの生活様式の保護にも役立つ」と説いている。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

タイで王室支持者数十人が集会、「国王には手を出すな

ワールド

アルメニア大統領、ナゴルノ問題でEU・NATOと協

ワールド

英国との通商合意、数日中に相違解消なら可能=EU首

ワールド

英公的部門借り入れ、GDP比103.5%に拡大 1

MAGAZINE

特集:日本人が知らないワクチン戦争

2020-10・27号(10/20発売)

全世界が先を争う新型コロナのワクチン確保 ── その最前線と日本の開発が遅れた本当の理由

人気ランキング

  • 1

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 2

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会議研究者たち

  • 3

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 4

    新疆ウイグル自治区で行われる大量不妊手術と強制避…

  • 5

    落選後のトランプは、恩赦? 逮捕? それとも亡命?

  • 6

    見つかれば射殺......コロナ禍を生き抜く北朝鮮のコ…

  • 7

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 8

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と…

  • 9

    ウイグル人根絶やし計画を進める中国と我ら共犯者

  • 10

    「O型の人は新型コロナにかかりづらく、重症化しづら…

  • 1

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 2

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア州で相次いで目撃される

  • 3

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 4

    アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

  • 5

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 6

    在韓米軍、駐留費引き上げで合意なければ韓国人職員9…

  • 7

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と…

  • 8

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 9

    トランプが台湾に売った対中兵器の中身

  • 10

    韓国は中国を気づかって、米日豪印4ヶ国連携「クアッ…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 4

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 10

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止した…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月