最新記事

インタビュー

香港デモ支持で干された俳優アンソニー・ウォンが『淪落の人』に思うこと

2020年2月4日(火)18時00分
大橋 希(本誌記者)

14年の民主化活動「雨傘運動」への支持を表明したことで仕事を干されたウォン カメラマン:Tetsuya Yamakawa/ヘアメイク:Hisae Kinoshita(Rouxda')

<女性監督の長編デビュー作にノーギャラで出演したアンソニー・ウォンに話を聞いた>

事故で半身不随となった中年男性と、彼の世話をすることになった出稼ぎのフィリピン人家政婦の交流を描く『淪落(りんらく)の人』が日本公開中だ。

派手さはないが、じんわりと心にしみる本作は、女性監督オリヴァー・チャンの長編デビュー作。男性主人公リョン・チョンウィンを演じるのは『インファナル・アフェア』などで知られる俳優アンソニー・ウォンだ。香港を代表するスターの1人であるウォンだが、14年に香港で起きた民主化要求運動「雨傘革命」への支持を表明したことで仕事を干された状態が続き、チョンウィンの「人生のどん底」という思いが分かるという。

作品への思いや役作り、香港の未来について話を聞いた。

◇ ◇ ◇


――これまで『インファナル・アフェア』『イップマン 最終章』など、アクションやノワール作品に多く出演してきた。今までのイメージと違う役柄を演じたことで、何か得たものはあるか?

もちろんあるが、多いわけでもない。役者とは、与えられた役に自分の中の何かを投じて演技をするんです。自分にはいろんな色があり、その色を使って絵を描いている。組み合わせによって、まったく違う絵を描くことができる。

あるときは「この黄色はなかなかよかったね」と思い、「じゃあ、次はどうやったら違う黄色を出すことができるか」と考える。そういうことの繰り返し。今回の役も異なる色を組み合わせているに過ぎない。そういう意味では、得るものはそれほど多くはなかった。

――本作はオリヴァー・チャン監督にとって初の長編で、しかもあなたは当初、彼女のことを知らなかったとか。何が出演の決め手になったのか?

いくつか理由があるが、監督に初めて会ったとき、とても誠意のある人だという第一印象を受けたこと。つまり嘘をつくような人間ではないと分かった。そのときに監督が物語についていろいろと語ってくれたが、相当時間をかけて考えて、作った物語なんじゃないかな、と感じられた。

もう1つ重要だったのは、フィリピン人の女優が主役をはるということ。これまでの香港映画にはなかったことだが、彼女たちの活躍する場がもっとあっていいと、僕はずっと前から思っていた。この点もすごくよかった。

――不安はあまりなかった?

あることはあったが......実は脚本には、2人のベッドシーンがあったんです。でも、この映画の展開で、2人にラブシーンがあるのはおかしいと私は思った。正直、ラブシーンは好きじゃない。いわゆる本物ではない、まねのような形で演じるのが嫌で。やるなら本当にやりたい。

――では監督にアドバイスして、脚本を変えてもらった?

実は、撮影もしたんです。でも、おそらく監督も編集の段階でここはカットするだろう、と思っていた。この映画が描いているのはある種のロマン。だから現実的なそういう関係ではないんだ、と。

撮影は場面ごとにするが、われわれ役者は脚本を読んでいるので、この場面と後の場面の芝居がつながらなくてはならないとか、そういうことを考えながら演じている。でもあのときは、このラブシーンはカットされるだろうと感じていたから、後ろの場面とあまりつながらないようにわざと演じた。

ニュース速報

ビジネス

米経済活動の減速継続、雇用回復の勢い失速も=ボスト

ワールド

中国、エクアドル産冷凍エビの包装から新型コロナ検出

ビジネス

米7月消費者物価は前月比+0.6%、コア指数は29

ワールド

EU、対ベラルーシ制裁を14日に協議=スウェーデン

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪魔編集」がはびこる

  • 2

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 3

    バイデン陣営はこれで「ターボ全開」? 副大統領候補ハリス指名の意味

  • 4

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはな…

  • 5

    『ゴースト・オブ・ツシマ』でサムライ映画の世界を…

  • 6

    中国、輸入冷凍食品の包装に新型コロナウイルス 一…

  • 7

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 8

    スウェーデンは本当に「集団免疫」を獲得したのか …

  • 9

    新型コロナワクチンが開発されても、米国の3人に1人…

  • 10

    アメリカは長崎に2つ目の原爆を落とす必要があったの…

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 3

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 4

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 5

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 6

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 7

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 8

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 9

    原爆投下75年、あの日アメリカが世界に核兵器をもた…

  • 10

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 4

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 5

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 6

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 7

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 8

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 9

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

  • 10

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月