最新記事

メディア

トランプの「無罪判決」を生んだFOXニュースの大罪

Brought To You By Fox News

2020年2月10日(月)17時50分
ブライアン・オット(テキサス工科大学教授)

スーパーボウル前にも独占インタビュー番組が(ワシントンDC) MARIO TAMA/GETTY IMAGES

<視聴者の94%が白人、93%が「保守的」または「非常に保守的」──民主主義の本当の破壊者はプロパガンダメディアに成り下がった右派テレビ局>

大統領に立候補する前、ドナルド・トランプはNBCのリアリティー番組『アプレンティス』への出演で知られた不動産王だった。彼は誰かを代弁することも、何かを象徴することもなかった。しかし2016年の勝利後は、「トランプ・カントリー」がトランプ支持者の多い田舎を意味する略語になっている。

もっとも、トランプに責任があるわけではない。結局のところ彼が政治的に力を持つ以前から、この地域にはそのような価値観を持つ人々がいたのだ。では、大統領の罷免を支持するのがたった48%、という責任は誰にあるのか。

答えは簡単だ。アメリカの郊外でテレビのあるレストランやジムに入ると、たいていあるチャンネルがついている。FOXニュースだ。トランプ・カントリーとは、つまりFOXニュース・カントリーのことである。

FOXニュースの視聴者は人種、イデオロギー、教育レベルにおいて他のケーブルネットワークの視聴者と違う。CNNがニールセン・メディア・リサーチのデータを分析したところ、FOXニュースの視聴者は94%が白人。93%が「保守的」または「非常に保守的」であり、全体的に教育レベルが低い。これがトランプの支持母体である。

FOXニュースは極端な右派の政治的主張と解説で構成されている。ニュースと言えるものはほとんどない。にもかかわらず2002年以降、アメリカで最高視聴率を誇るケーブルニュースチャンネルになっている。この事実こそが、今の有害な政治環境と大統領が無罪放免になったことを説明している。

弾劾裁判の一連の報道を通じて、FOXニュースの司会者は一般市民、さらにはトランプ弁護団が繰り返す話題を垂れ流し、積極的に大統領を擁護した。2019年1月以来、トランプ弁護団の4人のメンバーは360回以上もFOXニュースに出演している。

歴史的に、アメリカのメディアは権力監視と真実の裁判官として重要な役割を果たしてきた。しかしFOXニュースがプロパガンダメディアに成り下がり、トランプが批判的な報道を「フェイクニュース」と呼んだおかげで国民の多くは真実を知らない。

結局のところ、民主主義を破壊したのはトランプではなくFOXニュースなのだ。

<2020年2月18日号掲載>

【参考記事】FOXニュースとツイッター、危険なのはどっち?
【参考記事】トランプが思わずツイートした、前代未聞のベストセラーの正体

20200218issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年2月18日号(2月12日発売)は「新型肺炎:どこまで広がるのか」特集。「起きるべくして起きた」被害拡大を防ぐための「処方箋」は? 悲劇を繰り返す中国共産党、厳戒態勢下にある北京の現状、漢方・ワクチンという「対策」......総力レポート。

ニュース速報

ビジネス

中国、経済安定化で豊富な政策手段 新型コロナの影響

ワールド

米政権の新型コロナ顧問、「社会的距離の指針」順守を

ワールド

ブラジル、新型コロナ対策で米中などに支援と協力要請

ビジネス

日経平均は小幅に5日ぶり反発、手控えムード 米経済

MAGAZINE

特集:コロナ危機後の世界経済

2020-4・ 7号(3/31発売)

感染拡大で経済先進国の序列と秩序はこう変わる── コロナ後の「ニュー・エコノミー」を識者が徹底解説

人気ランキング

  • 1

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 2

    人前で「コロナ」と言ったりマスクをするだけで逮捕される国とは

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    中国からの医療支援に欠陥品多く、支援の動機を疑え…

  • 5

    新型コロナウイルスは、長年にわたるヒト-ヒト感染で…

  • 6

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 7

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 8

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 9

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 10

    不仲だった兄を亡くした。突然の病死だった──複雑な…

  • 1

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 2

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 5

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 6

    「緊急事態宣言、4月1日に出すという事実ない」 菅官…

  • 7

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 8

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 9

    韓国激震 常軌を逸した極悪わいせつ動画SNS「N番ル…

  • 10

    コロナ禍のアメリカでひよこがバカ売れ

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 4

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 5

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 6

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 7

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 8

    やっぱり日本は終わりだ

  • 9

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 10

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月