最新記事

メディア

FOXニュースとツイッター、危険なのはどっち?

Twitter’s Damage to America

2019年7月5日(金)18時00分
ブライアン・オット(テキサス工科大学教授)

危険なフェイクニュース拡散に貢献したのはソーシャルメディアだった Shanon Stapleton-REUTERS(FOX NEWS)

<ソーシャルメディアの破壊力は「不寛容とヘイトのネットワーク」と化したFOXニュースとは別次元で社会に有害>

ツイッターはドナルド・トランプ米大統領が嘘とデマを広めるのに日々利用されているが、それでもソーシャルメディアよりFOXニュースのほうが危険だ――ツイッターの共同創業者エバン・ウィリアムズは5月、CNNビジネスのインタビューでそう語った。

「有権者の大多数は、トランプのツイートを読んでもいなければ納得してもいない。彼らがずっと信頼しているのはFOXニュースで、ツイッターよりはるかに強力かつ破壊的だ」

ウィリアムズが主張するFOXニュースの破壊的性格については、同意せずにはいられない。FOXニュースは「不寛容とヘイトのネットワークと化し」、事実上「トランプ政権のための国家支援テレビ」として機能している。

彼らは毎日のように、新たな恥ずべき手法を探し創出する。ロシア疑惑の捜査に当たったロバート・ムラー特別検察官(当時)は民主党の手先だと糾弾し、メキシコは敵国だと騒ぎ立て、白人至上主義者を褒めたたえる。

今やFOXニュースを報道機関と言うのさえお笑い草だ。彼らの番組の大多数はニュースですらない。右派のイデオロギーに彩られた意見、コメント、娯楽を流す番組でしかないのだ。

残念なことにほとんどの視聴者は、この種の番組ときちんとニュースを報じる番組を区別していない。全体的に見て、FOXニュースはプロパガンダと偽情報を流す事業者でしかない。

分断を深めヘイトを拡散

だがウィリアムズの言葉はもっと精査されるべきだろう。特に以下の2点で注意が必要だ。

第1に、ツイッターとFOXニュースは異なる性質の媒体で、ウィリアムズがしたように比較するのは合理的でない。ツイッターはソーシャルメディアのプラットフォームであって、報道機関ではない。FOXニュースはその名のとおり報道機関を自称している。FOXニュースが破壊的な報道機関だからといって、ツイッターがソーシャルメディアとしての責任を放棄していいという言い訳にはならない。

第2に、ツイッターはソーシャルメディアとしての責任を十分に果たしているとはいえない。報道機関とは違い、ツイッターの目的は「表現の自由」と「市民参加」の実現。だからこそツイッターは、市民参加による責任ある自由な表現を推進できているかどうかで評価されるべきだ。その基準でいえば、ツイッターは不合格だろう。

MAGAZINE

特集:パックンのお笑い国際情勢入門

2019-8・20号(8/ 6発売)

世界のニュースと首脳たちをインテリ芸人が辛辣風刺──日本人が知らなかった政治の見方お届けします

※次号は8/20(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    世界で最も有名なオオカミ「OR-7」を知っているか?

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    「日本は代が変わっても過去を清算せよ」金正恩が安…

  • 7

    世界が知る「香港」は終わった

  • 8

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 9

    9.11を経験したミレニアル世代の僕が原爆投下を正当…

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断国家の世論割れる

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道…

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 9

    世界が知る「香港」は終わった

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 3

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 6

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 7

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 10

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月