最新記事

コロナウイルス

中国、新型コロナウイルスの1日当たり死者最多に 感染ペース再び3000人台へ上昇

2020年2月10日(月)13時10分

中国の国家衛生委員会(NHC)の発表によると、中国本土の新型肺炎による死者は9日時点で97人増え908人、感染者は3062人増の4万0171人に達した。写真はマスクやゴーグルを身に着けた市民。2月9日、上海で撮影(2020年 ロイター/Aly Song)

中国では10日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて政府が実施していた企業活動や移動の制限が一部緩和され、労働者が徐々にオフィスや工場に出勤を始めた。新型コロナウイルス感染による死者は900人を超えた。

中国の国家衛生委員会(NHC)の10日の発表によると、中国本土の新型肺炎による死者は9日時点で97人増え908人、感染者は3062人増の4万0171人に達した。9日に死亡した97人は、1日当たりの死者としては12月に湖北省武漢市でウイルスが確認されて以降で最多となった。

新たな感染者は8日、2月2日以降で初めて3000人を下回ったが、9日には再び3000人を超えた。

湖北省では、9日時点で死者は91人増えて871人、新たな感染者は2618人だった。同省武漢市で9日に死亡した人は73人。

中国当局は企業に対し、1月末までの予定だった春節(旧正月)休暇を最長10日間延長するよう指示していた。

10日も多くの職場は閉鎖が続いており、引き続き在宅勤務する労働者も多い。

通常なら多くの人が利用する北京の地下鉄もほとんど乗客が見られない状況で、通勤ラッシュの時間帯に見られた数少ない乗客は皆マスクを着用していた。

湖北省の教育当局は、少なくとも3月1日までは学校を閉鎖すると発表した。共産党紙の人民日報が9日に報じた。

このほか、広東省、安徽省、浙江省、黒竜江省、江蘇省、山東省、河北省、江西省、内モンゴルや、上海市、重慶市なども月末まで学校を閉鎖するとしている。

中国財政省は9日、中央省庁や地方政府が新型コロナウイルスによる肺炎対策のため、8日午後時点で計718億5000万元(102億6000万ドル)を割り当てたと発表した。

一方、財政省はウェブサイトに掲載した声明で、国民がウイルス検査や治療を受けられるよう同省として資金を投入する方針を表明した。同省はまた、資金は全ての地域で新型肺炎対策が金銭的制約のために阻まれることのないよう使われるとした。

世界保健機関(WHO)は9日、新型コロナウイルスの調査に向けた専門家チームの先遣隊を中国に派遣したと発表した。

WHOのテドロス事務局長は1月28日、中国の習近平国家主席と北京で会談し、専門家チーム受け入れへの協力を約束されていたが、先遣隊派遣まで2週間近く要した。先遣隊は、カナダの伝染病学者ブルース・エールワード博士が率いる。

8─9日の週末には、武漢市で新型コロナウイルス感染により米国人が死亡、感染の疑いで日本人男性が死亡した。

新型コロナウイルス感染による死者は2002─03年に世界的に流行した重症急性呼吸器症候群(SARS)の死者数を上回った。

関連当局の発表に基づくロイターの集計によると、中国本土以外では少なくとも27カ国・地域で330人以上の感染が確認されている。中国本土以外での死者は2人となっている。

*内容を追加しました。

[北京/上海 10日 ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます



20200218issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年2月18日号(2月12日発売)は「新型肺炎:どこまで広がるのか」特集。「起きるべくして起きた」被害拡大を防ぐための「処方箋」は? 悲劇を繰り返す中国共産党、厳戒態勢下にある北京の現状、漢方・ワクチンという「対策」......総力レポート。

ニュース速報

ビジネス

日経平均反落、円高嫌気し大幅安 引けにかけ戻す

ビジネス

ドル107円後半、株安でじり安

ビジネス

シンガポール中銀、予想通り金融政策を緩和 深刻な景

ビジネス

東電HD、20年3月期に災害特損3500億円計上へ

MAGAZINE

特集:0歳からの教育 みんなで子育て

2020-3・31号(3/24発売)

赤ちゃんの心と体を育てる「全員参加育児」── 健やかな成長のため祖父母がすべきこと・すべきでないこと

人気ランキング

  • 1

    デーブ・スペクター「日本がオリンピックを美化するのはテレビのせい」

  • 2

    新型コロナ:「医療崩壊」ヨーロッパの教訓からいま日本が学ぶべきこと

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 5

    「感染で死ぬか、飢えて死ぬか」北朝鮮、新型コロナ…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    韓国激震 常軌を逸した極悪わいせつ動画SNS「N番ル…

  • 8

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 9

    「中国ウイルス」作戦を思いついたトランプ大統領は…

  • 10

    【大江千里コラム】厳戒態勢のNYで考える、「コロナ…

  • 1

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 2

    韓国激震 常軌を逸した極悪わいせつ動画SNS「N番ルーム」事件の闇

  • 3

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 4

    囚人コーチが教える最強の部屋トレ 自重力トレーニ…

  • 5

    新型肺炎で泣き面の中国を今度はバッタが襲う

  • 6

    新型コロナ対策、「日本式」の特徴と評価

  • 7

    イタリアを感染拡大の「震源地」にした懲りない個人…

  • 8

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 9

    10~20代はネットで調べるとき「ググらない」 その理…

  • 10

    ジャパンタイムズ、慰安婦の英語表記を再変更 社長と…

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 4

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 5

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 6

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 7

    やっぱり日本は終わりだ

  • 8

    ついに日本は終わった

  • 9

    豪でトイレットペーパーめぐって乱闘 英・独のスー…

  • 10

    新型コロナウイルス、感染ショックの後に日本を襲う4…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月