最新記事

英王室

ヘンリー王子夫妻「王室離脱」でエリザベス女王にいじめ批判

Queen Elizabeth Shockingly Called ‘Mean-Spirited’ For Renouncing Prince Harry, Meghan Markle’s Titles

2020年1月20日(月)15時40分
カミーユ・ハイムブロッド

「ただの人」になるヘンリーとメーガン(右)。ダイアナの教訓は生かされなかったのか? Henry Nicholls-REUTERS

<ヘンリー王子とメーガン妃は「パートタイム」の王族になろうとしたが、エリザベス女王は王族の称号を奪い公金も断つ決断をした>

英王室に距離を置く決断をしたヘンリー王子とメーガン妃から王族の称号を「剥奪」すると決めたことで、エリザベス女王が衝撃のバッシングを受けている。

バッキンガム宮殿が1月18日に公にした文書によると、ヘンリー王子夫妻はもはや英王室の現役メンバーとはみなされない。「ロイヤルハイネス」(殿下・妃殿下)でなくなるのだ。公金も支給されない。そればかりか、2人の公式の住まいとして最近改修されたフロッグモア・コテージの改修費用およそ300万ドルも、返済しなければならないという。

こうした扱いに対し、英王室作家のナイジェル・カウソーンは、2人は何も悪いことをしていないのにひどすぎる、と英エクスプレス紙に語った。

「2人から称号を取り上げるという英王室の決定は、いじめ以外の何ものでもない。そんな犯罪者扱いを受けるいわれはない。彼らは、もう少し、公金も王室の縛りもないプライベートな生活がしたいと言っただけだ」

正確には、ロイヤルハイネスの称号は剥奪されたわけではない。しかし、使用は控えるのが望ましいというのがエリザベス女王の意思だ。

ヘンリーが6番目の王位継承順位にあることにも変わりはない。

王室を去る決断をしたヘンリー王子


これではダイアナと同じ

ヘンリー王子の亡き母、ダイアナ元妃の回顧録『ダイアナと呼んで』の著者でもあるカウソーンは、英王室の対応は無作法で必要以上に厳しく、ダイアナの悲劇的な死の教訓がまったく生かされていないと批判した。自動車事故で死ぬ数カ月前にチャールズ皇太子と離婚したダイアナも、王族の称号を剥奪されていた。

かくして2人は今後、ただのハリーとメーガンとして生きることになる。それこそ、彼らが望んだものでもあるのだが。

一方、王族であることを一部でもやめようとしたハリーとメーガンを批判する人々も相変わらず多い。メーガンの異母姉であるサマンサ・マークルは、2人がやっていることは矛盾しているとラジオに語った。

「一方ではプライベートな生活がしたいと言い、他方ではディズニーと契約しようとしたり、推定4憶ドルのグローバルブランドを作ろうとするなんて、矛盾している。静かで邪魔の入らない生活がしたいと言うわりには随分派手に見える」

<参考記事>英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メーガン妃の野心
<参考記事>英ヘンリー王子夫妻は、どうやって王室から「財政的に独立」するのか?

20200128issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年1月28日号(1月21日発売)は「CIAが読み解くイラン危機」特集。危機の根源は米ソの冷戦構造と米主導のクーデター。衝突を運命づけられた両国と中東の未来は? 元CIA工作員が歴史と戦略から読み解きます。

ニュース速報

ワールド

中国の香港出先機関、米制裁を批判「こっけいでばかげ

ワールド

コロナ対策協議、合意なければ権限行使する=トランプ

ワールド

アングル:「銭湯文化」を救う日本の新世代、コロナ禍

ワールド

アングル:トランプ氏TikTok「分け前」要求、法

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

人気ランキング

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 4

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 5

    奇妙な北朝鮮「戦勝記念日」写真 金正恩の名を刻み…

  • 6

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 7

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

  • 8

    中国に「無関心で甘い」でいられる時代は終わった

  • 9

    中国はファーウェイ5Gで通信傍受する、英米の歴史か…

  • 10

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 4

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 5

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 6

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 7

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 8

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 9

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 10

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月