最新記事

ヘルス

ヘアカラーと縮毛矯正に潜む乳がん発症リスク

Breast Cancer Linked to Permanent Hair Dye and Chemical Hair Straighteners

2019年12月4日(水)17時00分
ロージー・マッコール

染め方によってもリスクは異なる Jacob Wackerhausen-iStock.

<定期的に髪を染めたり縮毛矯正をしている女性は、乳がんの発症リスクが高くなる。カラー剤などに発がん性物質が含まれているためだ>

ヘアカラー(一度染めたら落ちないもの)で定期的に髪を染めている女性は、乳がんになるリスクが最大60%増すとの研究結果が、学術誌「インターナショナル・ジャーナル・オブ・キャンサー」に掲載された。

4万5000人以上の女性の医学的記録を検証した結果、ヘアカラーの使用歴と乳がんの発症率の間に正の相関関係があることが判明した。この傾向は、特に黒人女性の間で顕著になるという。

この論文は、統計的なパターンや傾向の分析を行ったもので、ヘアカラーが乳がん発症の直接的な原因だと証明するものではない。しかし、広く普及した美容製品に発がん性物質が含まれていることを示唆する研究結果は過去にもあり、今回の研究もそうした研究と一致する。

研究によれば、ヘアカラーで定期的に髪を染めている女性は、女性全体では乳がんを発症するリスクが9%増えるという。黒人女性に限ると、発症リスクは45%増と大きく上昇する。

濃い色ほど高まる発症リスク

女性が使うヘアカラーのタイプによっても、乳がん発症のリスクに変化があった。髪を濃い色に染めるカラー剤の場合は、黒人女性で51%、白人女性で8%のリスク増となる。明るい色に染めるカラー剤では、黒人女性で46%、白人女性で12%のリスク増となった。

人種によってリスクに差が出る理由はわかっていないが、黒人向けと白人向けではカラー剤の成分が異なることに関連するかもしれない。黒人女性向けのカラー剤には、内分泌をかく乱する化学物質がより高いレベルで含まれていることを示す研究もあるという。

化学薬品を使った縮毛矯正と乳がんリスクの間にも、統計的に有意な相関関係があることが明らかになった。だが研究チームは、この結果については他の研究による検証が必要な点を強調している(いくつかの研究は、縮毛矯正剤には乳がんを引き起こすリスクはないと結論している)。

縮毛矯正で乳がんを発症するリスクは女性のあらゆる層で上昇した。人種を問わず、縮毛矯正剤を5~8週間に1回以上用いる女性では、乳がんのリスクが30%増加したのだ。

研究チームの一員で、米国立環境衛生科学研究所(NIEHS)で疫学部門のトップを務めるデイル・サンドラー博士は、カラー剤や縮毛矯正剤を利用する女性に対し、人々は日常的に他にも多くの発がん性物質に接している点を指摘して、注意を促した。

一方、ロンドン大学がん研究所(ICR)で疫学を研究する上級研究員マイケル・ジョーンズは、この件に関して正式な勧告を出すには時期尚早だと釘を刺す。

<参考記事>「若ハゲ」と「若白髪」の心臓病リスクは5倍以上
<参考記事>イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

原油先物は上昇、米原油在庫減少で 中東の停戦期待で

ビジネス

製造業PMI7月は49.2に悪化、サービス業は50

ビジネス

三菱自株が10%超安、4─6月期決算で 「円安加味

ワールド

韓国消費者信頼感、7月は2年3カ月ぶり高水準 イン
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 5
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 6
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 7
    中国海軍、ロシアの手引きでNATOの海を堂々と正面突…
  • 8
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 9
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 10
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 6
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 9
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 10
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 6
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 9
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 10
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中