最新記事

ゲノム解析

5700年前の「チューインガム」から古代人の姿が明らかに

2019年12月20日(金)15時15分
松岡由希子

<デンマークで約5700年前のカバノキのヤニが発掘され、古代人のゲノムが完全に解析された。人骨以外の遺物から完全なるヒトのゲノム解析に成功したの初めてだ......>

デンマーク最大の石器時代遺跡である南部ロラン島のシルトルムで、チューインガムのような約5700年前のカバノキのヤニが発掘され、ここに遺されたDNAから古代人のゲノム(遺伝情報の全体)が完全に解析された。人骨以外の遺物から完全なるヒトのゲノム解析に成功したのはこれが初めてだ。

歯形の遺された約2センチのヤニの塊からDNAを解析

コペンハーゲン大学のハンネス・シュローダー准教授らの研究チームは、歯形の遺された約2センチのヤニの塊からDNAを解析し、2019年12月17日、その研究結果をオープンアクセス誌「ネイチャーコミュニケーションズ」で発表した。

これによると、この「チューインガム」に歯形を遺したのは女性で、肌は浅黒く、黒髪で、青い瞳をしていた。遺伝子的には、当時スカンジナビアに居住していた人々よりも、欧州本土の狩猟採集民に近いという。研究チームでは、この女性を「ローラ」と名付けた。

012-genome-neolithic-woman-2.jpg解析されたゲノムから想像された「ローラ」 Tom Björklund


ロラン=ファルスター博物館によって発掘調査がすすめられているシルトルムは、ほぼすべてが泥で覆われているため、有機遺物の保存状態が極めて良好だ。樹皮を熱して抽出されるカバノキのヤニは、中期更新世から万能接着剤として用いられ、これまでにもスカンジナビア内外の遺跡で頻繁に発掘されてきた。

「ローラ」がこの塊を噛んだ目的は不明だが、接着剤として利用する前に柔らかくしようとした、歯痛などの病気の緩和に用いた、歯ブラシ代わりに使った、現代人と同じく「チューインガム」として楽しんだといった可能性が考えられる。

植物や動物のDNAも遺されていた

ヤニの塊には、「ローラ」のDNAのほか、「ローラ」が摂った食事の一部とみられるヘーゼルナッツやアヒルなど、植物や動物のDNAも遺されていた。研究チームは、口腔微生物叢からDNAを抽出することにも成功。

口腔内常在菌のナイセリア-サブフラバやロチア-ムシラギノサ、歯周病原性細菌のポルフィロモナス-ジンジバリスやタンネレラ-フォーサイシア、伝染性単核球症を引き起こすエプスタイン・バール・ウイルス(EBウイルス)などが確認されている。

シュローダー准教授は、ヤニの塊から口腔微生物叢をDNA解析した意義について、「我々の祖先は、現代とは異なる環境で暮らし、異なる食生活やライフスタイルで生きていた。これが口腔微生物叢にどのように反映されるのかを解明するのは、興味深いことだ」と述べている。

ニュース速報

ビジネス

JPモルガン、第2四半期も貸倒引当金増強 約70億

ワールド

香港「金融ハブの地位危うく」、米大統領が中国に不快

ワールド

英、ギリアドのコロナ治療薬を一部患者に供給へ

ワールド

独、6月29日に社会的距離緩和へ 6日から10人以

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 2

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 3

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 4

    台湾の蔡英文総統「香港の人びとに必要な援助を提供…

  • 5

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 6

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 7

    「9月入学」は教育グローバル化のチャンス そもそ…

  • 8

    新型コロナで5400人が死亡、NJ州高齢者施設で繰り返…

  • 9

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 10

    経済再開が早過ぎた?パーティーに湧くアメリカ

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男の「インセル」思想とは

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危…

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 9

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 10

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月