最新記事

自由貿易

アジア版自由貿易協定「RCEP」の長所と短所

Asia Bets on Free Trade

2019年11月13日(水)16時50分
キース・ジョンソン

RCEPの交渉妥結に向けてバンコクに集まった各国首脳(11月4日) LIU ZEHN-CHINA NEWS SERVICE-VCG/GETTY IMAGES

<アジア太平洋に巨大経済圏の構築を目指す多国間連携構想は地域をアメリカから切り離し中国寄りにする>

11月初めに開催されたASEAN(東南アジア諸国連合)関連の首脳会議で注目を集めたのは、アメリカが去年よりも格下の代表団を派遣したことだった。アジアの同盟諸国は、アメリカがアジア軽視に転じたのではと懸念を深めた。

だが、その裏でさらに注目を集めていた点がある。東アジア地域包括的経済連携(RCEP)妥結の可能性だ。野心的な貿易協定であるRCEPとは何なのか。

そもそもRCEPとは?

成立すれば世界最大規模の自由貿易協定となり、世界の人口の半分とGDPの約3分の1をカバーする。2012年後半以降、ASEAN加盟10カ国に中国、日本、韓国、オーストラリア、ニュージーランドとインドを加えた16カ国で交渉を続けてきた。

トランプ米政権がもう1つのアジア圏貿易協定であるTPP(環太平洋経済連携協定)を離脱し、あからさまな保護主義に傾いていることを受けて、停滞していた交渉が動きだし、最終段階に突入。11月4日の首脳会合で16カ国が交渉の妥結を発表するとみられていた。

だが、ここにきてインドが交渉から撤退する考えを明らかにしたため、妥結は来年に持ち越された。

TPPとの違いは何?

オバマ前米政権は、北米3カ国とアジア太平洋9カ国による自由貿易協定構想のTPPを支持していた。成立していれば、世界のGDPの40%近くをカバーする世界最大の貿易協定になっていた。

TPPは数千品目の関税引き下げに加え、労働・環境保護の高い基準を設定。知的財産権や為替操作などについての新たなルールも掲げた。

だがドナルド・トランプ米大統領が就任直後にアメリカの離脱を表明したことで、TPPは頓挫。残る11カ国によるTPP協定(CPTPP)が2018年末に発効した。

当然ながら、アメリカの離脱によって経済的メリットは縮小した。ピーターソン国際経済研究所(ワシントン)によれば、CPTPPが2030年に世界にもたらす年間の実質所得は推定1470億ドルと、TPPの推定4920億ドルから大幅に減少した。

RCEPには、TPPよりも野心的なところもあれば、そうではないところもある。

両者の最大の違いは参加国だ。TPPはあえて中国を除外し、アメリカをはじめ各国が中国の経済支配に対抗する道をつくった。一方のRCEPは中国も含み、アジア中心の貿易協定の色合いが濃い。

TPPに比べて野心的ではない点は、TPPのような厳しい労働・環境基準を設けていないところだ。カバー範囲は広いがTPPよりも内容が薄いため、押し上げる実質所得の見通しも年間約2860億ドルと、CPTPPより多いがTPPよりは少ない。

オーストラリアやニュージーランドなど多くの参加予定国は当初、規定が緩いRCEPにあまり乗り気ではなかった。だが貿易交渉に関税を利用するトランプのやり方や米中貿易戦争が世界経済を冷え込ませ、世界の貿易秩序そのものが疑問視されるようになったことを受けて、交渉妥結に前向きな姿勢に転じた。

magw191112_RCEP2.jpg

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

インタビュー:高炉含めた全設備が見直し対象、固定費

ビジネス

中国、11月輸出は予想外の減少 輸入は4月以来の増

ワールド

北朝鮮国連大使が米国を批判、非核化は「交渉から外れ

ワールド

北朝鮮、東倉里で「非常に重要な」実験成功 エンジン

MAGAZINE

特集:仮想通貨ウォーズ

2019-12・10号(12/ 3発売)

ビットコインに続く新たな仮想通貨が続々と誕生── 「ドル一辺倒」に代わる次の金融システムの姿とは

人気ランキング

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」組の絶望

  • 3

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

  • 4

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 5

    ウイグル人権法案可決に激怒、「アメリカも先住民を…

  • 6

    韓国保守派のホープを直撃した娘の不祥事

  • 7

    5G通信が気象衛星に干渉し、天気予報の精度を40年前…

  • 8

    『鬼滅の刃』のイスラム教「音声使用」が完全アウト…

  • 9

    人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

  • 10

    サムスン電子で初の労組結成──韓国経済全体に影響す…

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 3

    「日本の空軍力に追いつけない」アメリカとの亀裂で韓国から悲鳴が

  • 4

    元「KARA」のク・ハラ死去でリベンジポルノ疑惑の元…

  • 5

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 6

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 7

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」…

  • 8

    GSOMIA継続しても日韓早くも軋轢 韓国「日本謝罪」発…

  • 9

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

  • 10

    何が狙いか、土壇場でGSOMIAを延長した韓国の皮算用

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月