最新記事

自由貿易

アジア版自由貿易協定「RCEP」の長所と短所

Asia Bets on Free Trade

2019年11月13日(水)16時50分
キース・ジョンソン

RCEPの交渉妥結に向けてバンコクに集まった各国首脳(11月4日) LIU ZEHN-CHINA NEWS SERVICE-VCG/GETTY IMAGES

<アジア太平洋に巨大経済圏の構築を目指す多国間連携構想は地域をアメリカから切り離し中国寄りにする>

11月初めに開催されたASEAN(東南アジア諸国連合)関連の首脳会議で注目を集めたのは、アメリカが去年よりも格下の代表団を派遣したことだった。アジアの同盟諸国は、アメリカがアジア軽視に転じたのではと懸念を深めた。

だが、その裏でさらに注目を集めていた点がある。東アジア地域包括的経済連携(RCEP)妥結の可能性だ。野心的な貿易協定であるRCEPとは何なのか。

そもそもRCEPとは?

成立すれば世界最大規模の自由貿易協定となり、世界の人口の半分とGDPの約3分の1をカバーする。2012年後半以降、ASEAN加盟10カ国に中国、日本、韓国、オーストラリア、ニュージーランドとインドを加えた16カ国で交渉を続けてきた。

トランプ米政権がもう1つのアジア圏貿易協定であるTPP(環太平洋経済連携協定)を離脱し、あからさまな保護主義に傾いていることを受けて、停滞していた交渉が動きだし、最終段階に突入。11月4日の首脳会合で16カ国が交渉の妥結を発表するとみられていた。

だが、ここにきてインドが交渉から撤退する考えを明らかにしたため、妥結は来年に持ち越された。

TPPとの違いは何?

オバマ前米政権は、北米3カ国とアジア太平洋9カ国による自由貿易協定構想のTPPを支持していた。成立していれば、世界のGDPの40%近くをカバーする世界最大の貿易協定になっていた。

TPPは数千品目の関税引き下げに加え、労働・環境保護の高い基準を設定。知的財産権や為替操作などについての新たなルールも掲げた。

だがドナルド・トランプ米大統領が就任直後にアメリカの離脱を表明したことで、TPPは頓挫。残る11カ国によるTPP協定(CPTPP)が2018年末に発効した。

当然ながら、アメリカの離脱によって経済的メリットは縮小した。ピーターソン国際経済研究所(ワシントン)によれば、CPTPPが2030年に世界にもたらす年間の実質所得は推定1470億ドルと、TPPの推定4920億ドルから大幅に減少した。

RCEPには、TPPよりも野心的なところもあれば、そうではないところもある。

両者の最大の違いは参加国だ。TPPはあえて中国を除外し、アメリカをはじめ各国が中国の経済支配に対抗する道をつくった。一方のRCEPは中国も含み、アジア中心の貿易協定の色合いが濃い。

TPPに比べて野心的ではない点は、TPPのような厳しい労働・環境基準を設けていないところだ。カバー範囲は広いがTPPよりも内容が薄いため、押し上げる実質所得の見通しも年間約2860億ドルと、CPTPPより多いがTPPよりは少ない。

オーストラリアやニュージーランドなど多くの参加予定国は当初、規定が緩いRCEPにあまり乗り気ではなかった。だが貿易交渉に関税を利用するトランプのやり方や米中貿易戦争が世界経済を冷え込ませ、世界の貿易秩序そのものが疑問視されるようになったことを受けて、交渉妥結に前向きな姿勢に転じた。

magw191112_RCEP2.jpg

関連ワード

ニュース速報

ワールド

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(2

ビジネス

テスラ、北米でEV価格を最大6%引き下げ 中国でも

ビジネス

コロナ対策追加を決定、国債依存初の56.3% 年末

ワールド

韓国、新型コロナ感染が疑われる初の小児重症例を調査

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 2

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 3

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 4

    「9月入学」は教育グローバル化のチャンス そもそ…

  • 5

    経済再開が早過ぎた?パーティーに湧くアメリカ

  • 6

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 7

    新型コロナで5400人が死亡、NJ州高齢者施設で繰り返…

  • 8

    台湾の蔡英文総統「香港の人びとに必要な援助を提供…

  • 9

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 10

    「検査と隔離」もウイルス第2波は止められない 米専…

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 9

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 10

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月