最新記事

自由貿易

アジア版自由貿易協定「RCEP」の長所と短所

Asia Bets on Free Trade

2019年11月13日(水)16時50分
キース・ジョンソン

RCEP妥結の障害は?

ずばりインドだ。インドは、工業・農業部門が激しい競争にさらされるのを嫌っていた。対中貿易で巨額の赤字を抱えているため、RCEPの参加で安価な中国製品が流入することも恐れている。

インドは過去に締結した自由貿易協定の恩恵をあまり受けておらず、これも大規模な協定への参加意欲が弱い理由だ。鉄鋼やアルミニウム、繊維や農業をはじめとする各部門はいずれも、RCEPに参加すれば多くの失業者が出かねないと反発してきた。

5月の総選挙で下院の過半数を獲得して再選を果たしたナレンドラ・モディ首相は右派だが、だからといって自由貿易を支持しているわけでは決してないと、米外交問題評議会のアリッサ・エアーズは言う。「インドの一部極右勢力は、中国製品が大量流入することになるから、今以上に開かれた貿易は容認できないと言っている」

だが経済成長と雇用創出を公約に掲げたモディの再選は、より開かれたインドの実現につながるのでは?


そこが大きな問題だ。モディは経済成長と製造部門の競争力強化を公約に掲げて首相に選出された。

これはインドがRCEP参加による長期的な利益と引き換えに、一定の短期的な痛みを受け入れる準備があることを意味する。RCEPに参加すれば新たな市場に優先的にアクセスできるし、長い目で見れば国内企業の競争力を強化することができるからだ。

しかしモディの経済政策は自由貿易を促進するどころか、むしろその逆で、国産化推進の名の下に幅広い物品の関税を引き上げている。「貿易の開放という点において、インドは後退しつつある」と、エアーズは言う。

そのために4日の会合では、インドがどう出るかが注目されていた。

輸入品の流入よりも、アジア圏の大規模自由貿易の傍観者となることで生じる損失のほうが大きいと判断するのか(いくつかの調査によればインドはRCEPに参加するよりも不参加のほうが失うものが多い)。それとも医療や衛生面など国内の改革を推し進めるほうが、貿易を開放するより利益が大きいと判断するのか。

結局モディは4日、RCEPの諸条件はインドの懸念に対処するものではないとして、交渉撤退を表明。RCEPは差し当たって、その他の15カ国で交渉を進めることになった。ただし今後の条件次第では、インドが改めて交渉に復帰する可能性もある。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

医療体制の逼迫、病床稼働や重症者状況などで総合判断

ビジネス

焦点:FRB頼みのドル調達、円債市場での外銀のプレ

ビジネス

中国企業の会計監査状況、今後も把握は困難=米当局

ビジネス

米ギリアド、秋から欧州へのレムデシビル供給増へ

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 2

    ウイグル女性に避妊器具や不妊手術を強制──中国政府の「断種」ジェノサイド

  • 3

    やはり空気感染はあった? だとすれば対策の強化が必要

  • 4

    どこにも行かない台湾の「なんちゃってフライト」、…

  • 5

    「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに…

  • 6

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 7

    「かくて私は教授を『クビ』になった」大月隆寛、地…

  • 8

    ヘビのような両生類アシナシイモリの謎 口腔の毒腺…

  • 9

    東京都、9日の新型コロナウイルス新規感染224人を確…

  • 10

    アフリカ、アジアだけでなく南米でも大繁殖──「地上…

  • 1

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 8

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 9

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 10

    ブラックホール爆弾から無限のエネルギーを取り出す…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 4

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 5

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 8

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 9

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 10

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月