最新記事

動物

頭と鼻を切られた牙なしスマトラゾウ 絶滅危惧種の密猟に警察も関与?

2019年11月21日(木)18時35分
大塚智彦(PanAsiaNews)

密猟の犠牲となったスマトラゾウの死因を調査する自然保護局関係者 BKSDA Riau via JakartaPost

<インドネシアのスマトラ島にしかいない象。密猟が後を絶たない理由とは>

インドネシア・スマトラ島のリアウ州のプランテーション内にあるジャングルで絶滅危惧種に指定されているスマトラゾウの死骸が発見された。死骸は頭部と鼻が切断され、象牙が現場から消えていたことから密猟者によって殺されたものとみて自然保護当局や地元警察は密猟者の捜索を始めた。

英字紙「ジャカルタ・ポスト」などが伝えたところによると、リアウ州・ベンカリス県にある「アララ・アバディ(AA)社」所有のプランテーションにあるユーカリの林で伐採作業中の作業員が18日午前、異臭が漂っていることに気が付いた。そして周囲の林を探したところ、ゾウ1頭の腐乱死体を発見したという。

作業員は伐採監督を通じてAA社にすぐに連絡し、同社は地元自然保護局にも連絡したというが、現地の携帯電話の電波状況がよくなく、同局に報告が届いたのは19日夕方になってしまったという。

その後現場に同局関係者、獣医、ゾウの専門家など11人が駆けつけてゾウの死骸の状況を詳しく調査、検死結果からゾウは死後約1週間が経過し、約40歳のオスであることなどが判明した。

死骸の頭部・鼻が切断、象牙は行方不明

ゾウの死骸はすでに腐敗が始まっており、頭部が切断され、さらに鼻も切られて胴体の約1メートル横に放置されていた。また象牙も切り取られて持ち去られたとみられ、現場付近から消えていたという。

リアウ州の自然保護局担当官は「象牙の密猟者によって殺された可能性が極めて高い」とみて地元警察と協力して密猟者の発見に全力を挙げる方針を示している。

インドネシアの闇市場では象牙は高額で取引され、マラッカ海峡などの海路を経て国外に持ち出す闇のルートが存在しているといわれ、一刻も早い密猟者の発見と象牙の回収が求められている。

ただ、過去に地元有力者や警察関係者が密猟や密輸出に関与していたケースもあり、密猟者の摘発と象牙の発見回収は実質的に困難との見方もでている。

ニュース速報

ワールド

インフルエンザワクチン、北半球の一部で追加入手が困

ワールド

留学や長期滞在の外国人の入国を10月から再開=菅首

ビジネス

日立の送配電網子会社、2025年までに利益が目標上

ビジネス

ANAHD、「検討の事実ない」 2000億円規模の

MAGAZINE

特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

2020-9・29号(9/23発売)

新型コロナで企業フィランソロピーが本格化──利益も上げ、世界を救うグッドカンパニー50社を紹介

人気ランキング

  • 1

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮想「東シナ海戦争」の結末

  • 2

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 3

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」の卑劣な手口

  • 4

    台湾有事を想定した動画を中国軍が公開

  • 5

    ロックダウンに耐え忍んだ末のイギリスの規制強化は…

  • 6

    「習vs.李の権力闘争という夢物語」の夢物語

  • 7

    韓国の新法相、秋美愛氏にも不正疑惑で、文在寅不信…

  • 8

    日本人はたぶん知らない、日本の定期券がちょっと残…

  • 9

    インドネシア、コロナ死者1万人突破 政府は打つ手な…

  • 10

    Siriが「テロリストは警官」と返答、アップルに怒り…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の…

  • 6

    拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

  • 7

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 8

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 9

    2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではな…

  • 10

    なぜ日本は「昭和」のままなのか 遅すぎた菅義偉首…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国・三峡ダムに過去最大の水量流入、いまダムはどうなっている?

  • 3

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 4

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像と…

  • 5

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 6

    1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

  • 7

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月