最新記事

韓国社会

ソルリの死を無駄にはしない 韓国に拡がる悪質コメント禁止の動き

2019年11月19日(火)20時00分
ウォリックあずみ(映画配給コーディネーター)

韓国のネットにはびこる悪質コメント、ソルリの死はそれを止めるきっかけになるか SBS / YouTube

<自殺率が高い韓国で、一人のアイドルの死が与えた影響とは>

今年、韓国統計庁が発表した2018年の死亡原因を見ると、韓国人の10万人当たりの「自殺率」は26.6人だった。OECD(経済協力開発機構)では加盟国の年齢構成の影響を考慮した国際比較を行っているが、この調整をした韓国の自殺率は24.7人。OECD平均11.5人の2倍を超え、前年ワーストワンだったリトアニアを抜き1位となった。これについて韓国政府は「有名人の自殺事件が多かったことが影響した」と分析している。そんななか、一人の芸能人の自殺が法律をも動かすほどの社会問題となり、注目を集めている。

10月14日、元人気女性アイドルグループf(x)のメンバーだったソルリ(本名チェ・ジンリ)が自宅で亡くなっているのを発見された。長年、ネットなどを通じて自身についての悪質な誹謗中傷に悩まされていたソルリは、自ら死を選んだのだ。

この悲報を受け、同じ事務所に所属しているアイドルらはその日、もしくは近日発表予定だった映像コンテンツの公開延期や、ショーケースの延期を発表した。男性アイドルグループSUPER JUNIORは動画配信をキャンセル、同じくアイドルグループSuperMは、その日行われる予定だった特番「superM the beginning」の収録を延期。少女時代のテヨンもニューアルバムのリリースを延期した。また、ソルリとともにf(x)に所属していたルナとエンバも、それぞれの活動中断を発表した。このように、次々と発表されるスケジュールの変更が、ソルリの自殺の衝撃の大きさを物語っている。

有名人を死へ追い詰める"指殺人"

ネットが普及し始めたころから、韓国では「悪質書き込み」による芸能人の自殺がたびたび取り沙汰されるようになってきた。キーボードを叩き書き込んだコメントによって死まで追い詰めることから「指殺人」と呼ばれ、社会問題にまで発展している。事務所が守ってくれて、相手を特定し罰することができればいいが、できない場合、もしくは書き込みがあまりにも精神に与える衝撃が大きい場合には、悲劇的な方向に向かってしまうことも多い。

ニュース速報

ビジネス

米フォード中国販売台数、第2四半期は前年比3%増 

ワールド

豪、香港との犯罪人引き渡し条約停止 香港市民のビザ

ビジネス

エアバス、上半期の引き渡し数は16年ぶり低水準 6

ワールド

米中関係は試練に直面、ポジティブなエネルギー必要=

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 4

    ヘビのような両生類アシナシイモリの謎 口腔の毒腺…

  • 5

    習近平はなぜ香港国家安全維持法を急いだのか?

  • 6

    新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

  • 7

    ロシア諜報機関の汚れ仕事を担う、「29155部隊」は掟…

  • 8

    やはり空気感染はあった? だとすれば対策の強化が必要

  • 9

    ウイグル女性に避妊器具や不妊手術を強制──中国政府…

  • 10

    英会話では英語が身につかない2つの理由

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 8

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 9

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 10

    ブラックホール爆弾から無限のエネルギーを取り出す…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 5

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 6

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 7

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 8

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 9

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 10

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月