最新記事

韓国社会

ソルリの死を無駄にはしない 韓国に拡がる悪質コメント禁止の動き

2019年11月19日(火)20時00分
ウォリックあずみ(映画配給コーディネーター)

韓国のネットにはびこる悪質コメント、ソルリの死はそれを止めるきっかけになるか SBS / YouTube

<自殺率が高い韓国で、一人のアイドルの死が与えた影響とは>

今年、韓国統計庁が発表した2018年の死亡原因を見ると、韓国人の10万人当たりの「自殺率」は26.6人だった。OECD(経済協力開発機構)では加盟国の年齢構成の影響を考慮した国際比較を行っているが、この調整をした韓国の自殺率は24.7人。OECD平均11.5人の2倍を超え、前年ワーストワンだったリトアニアを抜き1位となった。これについて韓国政府は「有名人の自殺事件が多かったことが影響した」と分析している。そんななか、一人の芸能人の自殺が法律をも動かすほどの社会問題となり、注目を集めている。

10月14日、元人気女性アイドルグループf(x)のメンバーだったソルリ(本名チェ・ジンリ)が自宅で亡くなっているのを発見された。長年、ネットなどを通じて自身についての悪質な誹謗中傷に悩まされていたソルリは、自ら死を選んだのだ。

この悲報を受け、同じ事務所に所属しているアイドルらはその日、もしくは近日発表予定だった映像コンテンツの公開延期や、ショーケースの延期を発表した。男性アイドルグループSUPER JUNIORは動画配信をキャンセル、同じくアイドルグループSuperMは、その日行われる予定だった特番「superM the beginning」の収録を延期。少女時代のテヨンもニューアルバムのリリースを延期した。また、ソルリとともにf(x)に所属していたルナとエンバも、それぞれの活動中断を発表した。このように、次々と発表されるスケジュールの変更が、ソルリの自殺の衝撃の大きさを物語っている。

有名人を死へ追い詰める"指殺人"

ネットが普及し始めたころから、韓国では「悪質書き込み」による芸能人の自殺がたびたび取り沙汰されるようになってきた。キーボードを叩き書き込んだコメントによって死まで追い詰めることから「指殺人」と呼ばれ、社会問題にまで発展している。事務所が守ってくれて、相手を特定し罰することができればいいが、できない場合、もしくは書き込みがあまりにも精神に与える衝撃が大きい場合には、悲劇的な方向に向かってしまうことも多い。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

中国人民銀、設備更新支援へ再融資制度を開始 276

ワールド

日・スリランカ首脳、債務再編の重要性で一致

ビジネス

英財務相が銀行にポンド売り抑制求めるとの報道、当局

ワールド

スウェーデン経済、来年はマイナス成長の見通し イン

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ばから毎日食べている「ある食材」

  • 4

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 5

    「習近平」トレンド入り、自宅軟禁やクーデターの噂で

  • 6

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 7

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 8

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 9

    ドイツを襲うロシアの天然ガス供給中止 広がる企業…

  • 10

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 9

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 10

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 6

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月