最新記事

夏時間

「夏時間は脳に悪影響を及ぼす」、研究者が警鐘

2019年11月15日(金)16時50分
松丸さとみ

大した問題ではない、1日で慣れる、と人は思いがちだが...... Vizerskaya-iStock

<米ヴァンダービルト大学医療センターの睡眠の専門家たちが、「サマータイムは長期的にみて脳に悪影響を及ぼす」と警鐘を鳴らした......>

サマータイムは遺伝子レベルで悪影響

夏に時計の針を1時間進める夏時間(サマータイム)を導入している国は多い。時間を変えるタイミングは国によって異なるが、もっとも遅い米国も11月最初の週末に1時間戻し、今年のサマータイムが終了した。

日本でも東京オリンピックを機にサマータイムを導入しようという話が昨年の夏に盛り上がったのは記憶に新しい。オリンピックに合わせた導入は見送りとなったが、サマータイム導入案は完全になくなったわけではないようだ。

そんななか、米ヴァンダービルト大学医療センター(VUMC)の睡眠の専門家たちが、米医学誌JAMAニューロロジーに気になる解説記事を発表した。「サマータイムは長期的にみて脳に悪影響を及ぼす」という内容だ。VUMCの発表文によると、サマータイムは健康に悪影響を及ぼすという認識を高め、「サマータイムという習慣を終わらせる」ことを主張するために書いた記事だという。

VUMCによると、サマータイムで時間が変わることで睡眠のパターンが崩れ、それが概日リズム(いわゆる体内時計)のコア遺伝子のエピジェネティクスを変えてしまう可能性があるという。体内時計は、太陽の光によって実際の時刻と「同期」されることが分かっているが、サマータイムで1時間ずれることで、狂いが生じるのだ。

VUMCは、サマータイムになって時刻を変更することと、心臓発作や虚血性脳卒中などのリスクが高まることには関係があると指摘。さらに、サマータイムによる時刻の変化からの影響で、成人は睡眠が平均15〜20分短くなると説明している。この睡眠不足が原因となり、死亡につながるような事故も増える可能性があるのだという。

「1年のうち8カ月、体内時計が合っていない状態」

解説記事を執筆した睡眠の専門家の1人、ベス・アン・マーロウ教授(VUMC睡眠障害科の小児科医でもある)は、「サマータイムで時間が1時間ずれることなんて大した問題ではない、1日で慣れる、と人は思いがちだが、実は体内時計が狂ってしまっていることに気づいていない」と指摘する。

「年に2回、それぞれ1時間ずれるだけという話ではない。1年のうちの8カ月間、体内時計が合っていない状態になるということだ。サマータイムや、サマータイムと太陽の光との関係は、脳に深く根差したシステムである体内時計に多大な影響を及ぼすものだ。サマータイムは、睡眠と覚醒のパターンや、日中の注意力といった脳の機能に影響する」とマーロウ教授はVUMCに説明している。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

NZ中銀、資産買い入れ拡大 マイナス金利の可能性示

ワールド

豪賃金、第2四半期は前期比+0.2%で過去最低の伸

ビジネス

米国事業大きい保険5社、第2四半期のコロナ関連コス

ワールド

対米関係、正しい方向に維持する必要=中国外務次官

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 2

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 3

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはなぜか?

  • 4

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪…

  • 5

    『ゴースト・オブ・ツシマ』でサムライ映画の世界を…

  • 6

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 7

    スウェーデンは本当に「集団免疫」を獲得したのか …

  • 8

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 9

    東京都、11日の新型コロナウイルス新規感染188人 緊…

  • 10

    モーリシャスが環境緊急事態宣言 日本船の燃料流出…

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 3

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 4

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 5

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 6

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 7

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 8

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 9

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 10

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 4

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 5

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 6

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 7

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 8

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 9

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続2…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月