最新記事

ハロウィン

【写真特集】今年のハロウィンは「怖くてリアル」なメイクで決まり!

Halloween Boom Boosts Cosmetics Industry In The UK

2019年11月1日(金)14時15分
アグリマ・ティカダー

今年のハロウィンの仮装は「ジョーカー」が一番人気? Yves Herman-REUTERS

<仮装は家にある古着でも間に合うが、怪物らしいリアルなメイクは絶対外せない――関連商品の売り上げがイギリスで急増>

ハロウィン・ブーム効果でイギリスでは近年コスメ商品の売り上げが急増し、2018年には前年比36.5%、2300万ポンド(約32億円)増加していた。

子供たちがベッドシーツに穴を開けてオバケの格好をするのはもう昔の話――今のイギリスでは多くの大人たちがハロウィンイベントに参加するようになり、関連のコスメ、衣装の売り上げ増加に繋がっている。ブームを牽引しているのは、ソーシャルメディアで拡散されるインフルエンサーなどのコスプレ動画だ。

当日10月31日までに、よりリアルな衣装やコスメを買い求めるのは一部のコスプレファンだけではない。セレブのハロウィンパーティーからコメディードラマまで、様々なポップカルチャーを通じて、30代以下のミレニアル世代にはハロウィンと言えばリアルなホラーのコスプレをするスタイルが浸透している。

webc191101-make01.jpg

ベルギー・ワーフェルのハロウィンパレードに参加した仮装姿の男性 Yves Herman-REUTERS


webc191101-make03.jpg

ニューヨークのハロウィン・ドッグ・パレードには仮装姿の犬と飼い主が(2015年10月) Stephanie Keith-REUTERS


webc191101-make04.jpg

ドッグ・パレードではキャットウーマンとバットマンの仮装も(2015年10月) Stephanie Keith-REUTERS

ニュース速報

ワールド

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(2

ビジネス

情報BOX:宣言解除後の国内企業、在宅活用の「ニュ

ビジネス

金融機関向けコロナ対応特別オペ、貸付残高14兆円台

ビジネス

部品揃い次第、6月の国内四輪生産6万台以上を計画=

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 2

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 3

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 6

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 7

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 8

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 9

    異常に低いロシアの新型コロナウイルス致死率 陽性…

  • 10

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいっている不思議

  • 3

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

  • 6

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危…

  • 9

    反ワクチン派がフェイスブック上での議論で優勢とな…

  • 10

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月