最新記事

ペット

犬は健康長寿の友、新研究

Owning Dog Linked to Living Longer, Lower Risk of Dying of a Heart Problem

2019年10月9日(水)19時20分
カシュミラ・ガンダー

犬を飼っている高齢者は社会的に孤立することが少ない corners74/iStock.

<複数の研究で、犬を飼っている人が早死にする可能性は24%低く、心臓発作後に死亡する確率は65%低いなど、健康長寿にいいことがわかった>

最近の2つの研究によると、犬を飼うことは長寿につながり、心血管系の問題で死亡する可能性が低くなるようだ。

犬を飼うことが健康増進に役立つことを結論付けた最新の研究は、アメリカ心臓協会所属のサーキュレーション誌に掲載された。

スウェーデンのウプサラ大学のトーベ・フォール教授とその研究チームは、スウェーデンの国民医療と犬の飼い主に関するデータベースを使り、2001年から2012年の間に心臓発作または脳卒中を経験した40歳から85歳の患者を特定した。

この期間に心臓発作を起こした患者は18万1696人、脳卒中を起こした患者は15万4617人にのぼり、心臓発作の患者の5.7%と脳卒中の患者の4.8%が犬を飼っていた。

一人暮らしで犬を飼っていた患者は、犬を飼っていない患者と比較して、退院後に死亡する可能性が33%低かった。

人の心を動かす犬の表情


もうひとつの研究はトロント大学のキャロライン・クレイマー博士とそのチームによるもので、犬を飼っている人に関するこれまでの10本の研究結果から、飼い主がなんらかの原因で死ぬ確率を調べてメタ分析を行った。研究対象となった人の数は約3兆8370億0500万人にのぼる。

1950年から2019年5月の間に公開された研究を精査した結果、犬を飼っている人が何らかの原因で早期に死亡する可能性は、犬を飼っていない人よりも24%低いことがわかった。犬を飼っている人は心臓発作後に死亡する確率は65%低く、さらに心血管疾患による死亡の可能性は31%低かった。

社会的、身体的なメリット

獣医で分子疫学の専門家でもあるフォールは、次のようにコメントした。「社会的孤立は、健康状態の悪化や早死にの強い危険因子であることがわかっている。これまでの研究は、犬を飼っている人は社会的に孤立する危険が低く、他の人と交流する機会が多いことを示していた」

「さらに、犬を飼うことによって身体を動かす機会が増える。それはリハビリテーションの点でも、心の健康を保つ上でも重要な要素になる」と、彼女は言う。

トロント大学のクレイマー博士は自身の研究について「以前の報告では、犬を飼うことは運動量の増加、血圧の低下、コレステロール値の改善に関連していた」と述べた。「よって、犬を飼っている人の方が長生きし、心血管系の病気による死のリスクも低い。ある程度予想されていた結論だ」

<参考記事>女性のベッドのお供は......人間ではなく犬がベスト!?
<参考記事>犬連れ参拝客に人気の神社が「ペット連れ禁止」の苦渋の決断

ニュース速報

ビジネス

ホンダと日産、中国の一部工場で再開延期 新型ウイル

ワールド

タイ憲法裁、反軍政の新未来党に解散命令

ワールド

東南アジア経済、新型ウイルスの影響は短期的=中国駐

ワールド

中国、米国の65製品を追加関税対象から除外 28日

MAGAZINE

特集:上級国民論

2020-2・25号(2/18発売)

特権階級が不当に罪を逃れている── 日本を席巻する疑念と怒りの正体

人気ランキング

  • 1

    文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問答無用

  • 2

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 3

    スキー・スノボに行かなくなった(行けなくなった)若者たち

  • 4

    ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメ…

  • 5

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 6

    韓国激震、新型コロナウイルスで初の死者 感染急増1…

  • 7

    全長4mのワニ、ドローン行方不明などで救助作戦失敗…

  • 8

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 9

    【新型肺炎】東京五輪開催、間に合うか? ロンドン…

  • 10

    誰でも今すぐ「頭がよい人」になれる、「往復運動」…

  • 1

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 2

    文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問答無用

  • 3

    ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメーガン妃の離婚歴

  • 4

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 5

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 6

    スキー・スノボに行かなくなった(行けなくなった)…

  • 7

    中国の新型コロナウイルス危機は「チェルノブイリ級…

  • 8

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 9

    韓国、キャッシュレス完了した国が進める「コインレ…

  • 10

    「10歳の娘が裸でも同じベッドで寝る彼氏」これって…

  • 1

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

  • 2

    一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

  • 3

    ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

  • 4

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃さ…

  • 5

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 6

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 7

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 8

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 9

    「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

  • 10

    BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月