最新記事

韓国

韓国3大未解決事件「華城連続殺人」犯人が自白 映画は解決にどこまで迫った?

2019年10月2日(水)19時55分
ウォリックあずみ(映画配給コーディネーター)

華城連続殺人事件の犯人の高校生時代の写真と、事件発生当時に作成されたモンタージュ写真(右) JTBC news / YouTube

<韓国を震撼させた未解決凶悪犯罪──女性14人殺害強姦30件以上の実行犯がついに自白をした。事件を扱った映画は人びとの記憶の風化を留まらせたのか>

2000年から16年間韓国に住んでいた。そして現在アメリカ在住だと言うと、多くの日本人から海外生活は危険ではないのか?という質問を受ける。答えはYESでもありNOでもある。勝手が違う外国では犯罪リスクもあり、アメリカでは生死を伴う銃犯罪もあるが、その分日本にいるときよりも慎重になって予防線を張っており、いつしかそれが日常になっているからだ。

以前、韓国で夜間にタクシーに乗ると、見送ってくれた友人が私の乗ったタクシーのナンバープレートを写真で撮影してくれた。はじめは意味が分からなかったが、タクシーでの犯罪が増えてきているから防犯のためだという。また、ニュースで事件が放送されるたびに友人のお祖母さんが「私が若いころは強盗や恨みなどの殺しが多かったが、最近は意味のない殺人が増えた。あんたも気をつけなさい」と話していたことを今も覚えている。

先日、ある事件の容疑者が特定されたという報道に韓国中が驚き、とりわけ映画ファンは驚愕した。ポン・ジュノ監督作品『殺人の追憶』のモデルとなった華城連続殺人事件の容疑者が、事件発生から実に33年ぶりに特定されたのだ。犯人は、14~71歳の女性ばかり狙い、そのほとんどが性的暴行の後に殺害され、ストッキングで後ろ手に縛られ、下着で口を塞ぐなど残忍な姿で遺棄されていた。

今回、10件の事件のうち、3件の犯行現場に残っていた犯人のものと思われるDNAを最新手法で解析・照合したことで、別の事件で釜山刑務所に収監中だった56歳の男イ・チュンジェを犯人と特定したのだ。この男は、1994年に義妹を性的暴行の末殺害し、現在無期懲役の刑を受けている。

そして11月2日、警察は釜山刑務所で服役中のイ・チュンジェが、華城連続殺人事件を含めて14件の殺人と30件あまりの強姦事件について自白したことを発表した。当初は、犯行を否定していたが、DNA鑑定が一致したことを伝えられると一転して容疑を認めてこう語った。「いつかはこんな日がきて自分のやったことが明らかになると思った」

イ・チュンジェは現在収監され無期懲役の刑を受けているとはいえ、この義妹についての殺人事件でも警察の取り調べでは1度自白したものの、その後「警察の取り調べが厳しく虚偽の自白をした」と主張したことがあり、今回の自白についても虚偽と言い出す可能性もあるという。そして何より残念なことは、自白した犯行についてはすべて2006年に時効が成立してしまっている点だ。今後、どれだけの犯罪を彼が自白しても、その罪を問えないのは悔しい限りである。

韓国では、この華城連続殺人事件を含めて「三大未解決事件」と呼ばれる事件が有名である。残る2つの未解決事件とは、高級住宅地江南エリアの公園で遊んでいた少年の誘拐殺人「イ・ヒョンホくん誘拐事件」。サンショウウオを捕まえに行くと言って山に遊びに行った5人の少年が行方不明となり、その後遺体で発見された「カエル少年事件」である。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

シンガポール、2020年GDP見通しを再び下方修正

ビジネス

中国人民銀行がリバースレポ実施、約2カ月ぶり=市場

ワールド

メキシコ市の死者、過去4年の平均を8000人上回る

ワールド

制限緩和に動く欧州諸国、再ロックダウン回避に自信

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 2

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 3

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 8

    異常に低いロシアの新型コロナウイルス致死率 陽性…

  • 9

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 10

    東京都、3段階で休業解除へ 感染増加すれば東京アラ…

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいっている不思議

  • 3

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

  • 6

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    反ワクチン派がフェイスブック上での議論で優勢とな…

  • 9

    韓国でまたも「慰安婦問題」 支援団体の不正会計疑…

  • 10

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月