最新記事

韓国

韓国3大未解決事件「華城連続殺人」犯人が自白 映画は解決にどこまで迫った?

2019年10月2日(水)19時55分
ウォリックあずみ(映画配給コーディネーター)

華城連続殺人事件の犯人の高校生時代の写真と、事件発生当時に作成されたモンタージュ写真(右) JTBC news / YouTube

<韓国を震撼させた未解決凶悪犯罪──女性14人殺害強姦30件以上の実行犯がついに自白をした。事件を扱った映画は人びとの記憶の風化を留まらせたのか>

2000年から16年間韓国に住んでいた。そして現在アメリカ在住だと言うと、多くの日本人から海外生活は危険ではないのか?という質問を受ける。答えはYESでもありNOでもある。勝手が違う外国では犯罪リスクもあり、アメリカでは生死を伴う銃犯罪もあるが、その分日本にいるときよりも慎重になって予防線を張っており、いつしかそれが日常になっているからだ。

以前、韓国で夜間にタクシーに乗ると、見送ってくれた友人が私の乗ったタクシーのナンバープレートを写真で撮影してくれた。はじめは意味が分からなかったが、タクシーでの犯罪が増えてきているから防犯のためだという。また、ニュースで事件が放送されるたびに友人のお祖母さんが「私が若いころは強盗や恨みなどの殺しが多かったが、最近は意味のない殺人が増えた。あんたも気をつけなさい」と話していたことを今も覚えている。

先日、ある事件の容疑者が特定されたという報道に韓国中が驚き、とりわけ映画ファンは驚愕した。ポン・ジュノ監督作品『殺人の追憶』のモデルとなった華城連続殺人事件の容疑者が、事件発生から実に33年ぶりに特定されたのだ。犯人は、14~71歳の女性ばかり狙い、そのほとんどが性的暴行の後に殺害され、ストッキングで後ろ手に縛られ、下着で口を塞ぐなど残忍な姿で遺棄されていた。

今回、10件の事件のうち、3件の犯行現場に残っていた犯人のものと思われるDNAを最新手法で解析・照合したことで、別の事件で釜山刑務所に収監中だった56歳の男イ・チュンジェを犯人と特定したのだ。この男は、1994年に義妹を性的暴行の末殺害し、現在無期懲役の刑を受けている。

そして11月2日、警察は釜山刑務所で服役中のイ・チュンジェが、華城連続殺人事件を含めて14件の殺人と30件あまりの強姦事件について自白したことを発表した。当初は、犯行を否定していたが、DNA鑑定が一致したことを伝えられると一転して容疑を認めてこう語った。「いつかはこんな日がきて自分のやったことが明らかになると思った」

イ・チュンジェは現在収監され無期懲役の刑を受けているとはいえ、この義妹についての殺人事件でも警察の取り調べでは1度自白したものの、その後「警察の取り調べが厳しく虚偽の自白をした」と主張したことがあり、今回の自白についても虚偽と言い出す可能性もあるという。そして何より残念なことは、自白した犯行についてはすべて2006年に時効が成立してしまっている点だ。今後、どれだけの犯罪を彼が自白しても、その罪を問えないのは悔しい限りである。

韓国では、この華城連続殺人事件を含めて「三大未解決事件」と呼ばれる事件が有名である。残る2つの未解決事件とは、高級住宅地江南エリアの公園で遊んでいた少年の誘拐殺人「イ・ヒョンホくん誘拐事件」。サンショウウオを捕まえに行くと言って山に遊びに行った5人の少年が行方不明となり、その後遺体で発見された「カエル少年事件」である。

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

アジア地域の成長見通しに陰り、貿易摩擦が影響=IM

ビジネス

米オラクルのハード共同CEOが死去

ビジネス

ECB、物価目標引き下げの必要=オーストリア中銀総

ビジネス

FRB、米経済成長持続に向け「適切に」行動=クラリ

MAGAZINE

特集:AI vs. 癌

2019-10・22号(10/16発売)

ゲノム解析と人工知能で最適な治療薬を発見する究極の癌治療が人類を「最後の敵」から救う日

人気ランキング

  • 1

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 2

    ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

  • 3

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描いた被害者の肖像

  • 4

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 5

    韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からス…

  • 6

    中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵...…

  • 7

    ラグビー日本代表「多様性ジャパン」は分断と対立を…

  • 8

    ラグビーW杯で考えさせられる、日本の「おもてなし力」

  • 9

    日本と韓国の危険なゲームが世界経済を殺す

  • 10

    台風19号接近、東海・関東地方で河川が氾濫危険水位に…

  • 1

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が徐々に明らかに

  • 2

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

  • 3

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 4

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 5

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわか…

  • 6

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

  • 7

    「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

  • 8

    米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

  • 9

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 10

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月