最新記事

韓国

韓国3大未解決事件「華城連続殺人」犯人が自白 映画は解決にどこまで迫った?

2019年10月2日(水)19時55分
ウォリックあずみ(映画配給コーディネーター)


イ・ヒョンホくん誘拐殺人事件とカエル少年事件について伝える韓国メディア KBS NEWS / YouTube

誘拐直後に殺害し身代金要求─「イ・ヒョンホくん誘拐殺人事件」

1991年1月29日、ソウル市の高級住宅エリア江南区に住むイ・ヒョンオ君(9歳)が夜の公園でブランコに乗っている姿を最後に行方不明になる。その夜自宅に男の声で電話があり、その後44日間、60回あまりにわたって身代金要求の電話が続いた。この間、警察は身代金の引き渡し現場で犯人を捕まえようと試みたがその度に失敗し、1カ月後に漢江公園近くの排水路でイ・ヒョンオ君の遺体が発見された。解剖の結果、死亡したのは誘拐直後と推定され、殺害後に身代金要求をしていたことに韓国国民は大きな憤りを感じた。

その後、事件の重要容疑者として、イ・ヒョンオ君の母方の叔父が捜査線上の上がる。身代金要求の電話の声を声紋分析した結果、叔父と完全に一致したからだ。しかし、この男にはアリバイがあり、警察はどうしてもそのアリバイを崩せず、声紋以外の証拠もなかったため、容疑者として特定することができないまま事件は迷宮入りとなってしまった。

軍部の関与? 「カエル少年事件」

1991年3月26日朝、大邱広域市に住んでいた5人の小学生が近くにある臥龍(ワリョン)山にサンショウウオの卵を取りに行ったまま行方不明になった。ただ、事件当初、サンショウウオをカエルと間違って報道されたため、この事件は「カエル少年事件」と呼ばれるようになった。「イ・ヒョンホくん誘拐事件」の直後だったこともあり、当時の盧泰愚大統領の特別指示で警察と軍が動員されて、臥龍山はもとより全国で捜査が行われたが、まったく手がかりがつかねぬまま捜査は打ち切られた。

ところが、事件のことなど誰も思い出さなくなった2002年、臥龍山にどんぐりを拾いに登った人が、山の中腹で5人の遺骨を発見した。法医学解剖により、子供たちは鈍器で殴られたり刺されたりした、と推定された。少年たちが行方不明になった当時この一帯は陸軍50師団の射撃場があり、よく子供たちが薬莢を拾ったりしていたという。このため、少年たちは軍により何らかの理由で殺害、遺棄されたのではないかとの説もあるが、何ら有力な手がかりもないまま未解決のままになっている。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

米、中国と通商協議継続=トランプ大統領

ビジネス

利下げ効果見極めを、経済リスク下向き=ブレイナード

ワールド

北朝鮮、非核化協議の窓口開かれている=ビーガン米特

ワールド

米中の「第1段階」通商合意、来年にずれ込みも=関係

MAGAZINE

特集:プラスチック・クライシス

2019-11・26号(11/19発売)

便利さばかりを追い求める人類が排出してきたプラスチックごみの「復讐劇」が始まった

人気ランキング

  • 1

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たGSOMIA問題の本質

  • 2

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 3

    中国は「ウイグル人絶滅計画」やり放題。なぜ誰も止めないのか?

  • 4

    米韓、在韓米軍駐留費巡る協議わずか1時間で決裂 今…

  • 5

    表紙も偽物だった......韓国系アメリカ人高官が驚く…

  • 6

    野党の「桜を見る会」追及にはなぜ迫力がないのか

  • 7

    余命わずかな科学者が世界初の完全サイボーグに!?

  • 8

    香港の完全支配を目指す中国を、破滅的な展開が待っ…

  • 9

    ソルリの死を無駄にはしない 韓国に拡がる悪質コメ…

  • 10

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 1

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 2

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たGSOMIA問題の本質

  • 3

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請求書

  • 4

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

  • 5

    日本のノーベル賞受賞に思う、日本と韓国の教育の違い

  • 6

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 7

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判…

  • 8

    中国は「ウイグル人絶滅計画」やり放題。なぜ誰も止…

  • 9

    香港の完全支配を目指す中国を、破滅的な展開が待っ…

  • 10

    「安い国」になった日本の現実は、日本人にとって幸…

  • 1

    マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

  • 2

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 3

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 4

    意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の…

  • 5

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 6

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 7

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請…

  • 8

    「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

  • 9

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

  • 10

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月