最新記事

韓国

韓国3大未解決事件「華城連続殺人」犯人が自白 映画は解決にどこまで迫った?

2019年10月2日(水)19時55分
ウォリックあずみ(映画配給コーディネーター)


イ・ヒョンホくん誘拐殺人事件とカエル少年事件について伝える韓国メディア KBS NEWS / YouTube

誘拐直後に殺害し身代金要求─「イ・ヒョンホくん誘拐殺人事件」

1991年1月29日、ソウル市の高級住宅エリア江南区に住むイ・ヒョンオ君(9歳)が夜の公園でブランコに乗っている姿を最後に行方不明になる。その夜自宅に男の声で電話があり、その後44日間、60回あまりにわたって身代金要求の電話が続いた。この間、警察は身代金の引き渡し現場で犯人を捕まえようと試みたがその度に失敗し、1カ月後に漢江公園近くの排水路でイ・ヒョンオ君の遺体が発見された。解剖の結果、死亡したのは誘拐直後と推定され、殺害後に身代金要求をしていたことに韓国国民は大きな憤りを感じた。

その後、事件の重要容疑者として、イ・ヒョンオ君の母方の叔父が捜査線上の上がる。身代金要求の電話の声を声紋分析した結果、叔父と完全に一致したからだ。しかし、この男にはアリバイがあり、警察はどうしてもそのアリバイを崩せず、声紋以外の証拠もなかったため、容疑者として特定することができないまま事件は迷宮入りとなってしまった。

軍部の関与? 「カエル少年事件」

1991年3月26日朝、大邱広域市に住んでいた5人の小学生が近くにある臥龍(ワリョン)山にサンショウウオの卵を取りに行ったまま行方不明になった。ただ、事件当初、サンショウウオをカエルと間違って報道されたため、この事件は「カエル少年事件」と呼ばれるようになった。「イ・ヒョンホくん誘拐事件」の直後だったこともあり、当時の盧泰愚大統領の特別指示で警察と軍が動員されて、臥龍山はもとより全国で捜査が行われたが、まったく手がかりがつかねぬまま捜査は打ち切られた。

ところが、事件のことなど誰も思い出さなくなった2002年、臥龍山にどんぐりを拾いに登った人が、山の中腹で5人の遺骨を発見した。法医学解剖により、子供たちは鈍器で殴られたり刺されたりした、と推定された。少年たちが行方不明になった当時この一帯は陸軍50師団の射撃場があり、よく子供たちが薬莢を拾ったりしていたという。このため、少年たちは軍により何らかの理由で殺害、遺棄されたのではないかとの説もあるが、何ら有力な手がかりもないまま未解決のままになっている。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

WHO、コロナワクチン候補臨床試験の暫定結果を2週

ワールド

カナダ首相、新貿易協定巡る来週の訪米未定 新たな関

ワールド

世界の新型コロナ感染者、1100万人を突破=ロイタ

ワールド

ウルグアイのコロナ対応に高評価、ブラジルは最下位=

MAGAZINE

特集:Black Lives Matter

2020-7・ 7号(6/30発売)

今回の黒人差別反対運動はいつもとは違う──「人権軽視大国」アメリカが変わる日

人気ランキング

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小池知事が緊急会見「現在は感染拡大要警戒」

  • 3

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに

  • 4

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 5

    ブラックホール爆弾から無限のエネルギーを取り出す…

  • 6

    新型コロナが細胞に生やす不気味な触手の正体は

  • 7

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 8

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 9

    亡き娘にもう一度会いたい──死者にVRで再会する番組…

  • 10

    【香港危機】台湾の蔡英文がアジアの民主主義を救う

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小池知事が緊急会見「現在は感染拡大要警戒」

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 6

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 7

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 8

    韓国「炭酸カリウム」を不当廉売? 経産省が調査開…

  • 9

    北京で6月にクラスター発生したコロナウイルス、東南…

  • 10

    BLMの指導者「アメリカが我々の要求に応じないなら現…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 4

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 5

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 6

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 7

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 8

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

  • 9

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 10

    「この貞淑な花嫁は......男だ」 イスラムの教え強い…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月