最新記事

中東

<サウジ>対イラン戦争は避けたいが、戦う用意はある

Saudi Arabia Says It’s Ready for War

2019年9月19日(木)16時20分
トム・オコナー

石油施設攻撃に使われたとされる武器の残骸を見せて、イラン関与の根拠を説明するサウジのアルマリキ報道官 Hamad I Mohammde-REUTERS

<サウジ当局が、石油施設攻撃にはイランの関与があったとする「証拠」を提示する一方、ホーシー派はさらなる攻撃を宣言>

サウジアラビア当局は9月14日に起きた同国の主要な石油施設に対する攻撃は、地域の最大のライバルであるイランの支援によるものだと断定し、紛争の可能性に備える一方、紛争回避の道を探ると発表した。

イエメンの反政府派武装組織ホーシー派と戦うサウジ主導の有志連合軍の報道官、トゥルキ・アルマリキ大佐は18日に記者会見を開き、東部アブカイクとクライスの2カ所の石油施設の攻撃に使用されたと見られる武器をリストアップした。ドローン(無人機)18機、巡航ミサイル7基などで、ホーシー派は所有せず、「イラン政府とイラン革命防衛隊(IRGC)」が所有するものだという。


<参考記事>サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

アルマリキは「攻撃が北(イラン)から南(サウジ)に向かってなされた」証拠とされる画像などを提示、「高度な攻撃能力」だと指摘した。ホーシー派が犯行声明を出しているが、攻撃はイエメンから行われたものではなく、彼らは「IRGCの命令に従って」声明を出しただけだという。

「現在、発射地点の確認作業している。ドローンと巡航ミサイルを飛ばした者が誰であれ、わが国のインフラと民間人を攻撃した行為の責任を問われることになる。これは国営石油会社サウジアラムコやサウジアラビア王国ではなく国際社会に対する攻撃であり、世界経済とエネルギー産業の破壊を目指す意図的な企てだ」

発射地点をどう突き止めるのかと聞かれ、アルマリキは「部品の一部がここにある。イラン政府とIRGCは情報をもみ消そうとしているが、われわれは既にイラン関与の十分な情報を集めている」と述べた。ただ、イラン軍が攻撃を実行したと断定できるのかと、記者団がたたみかけると、明確な返答を避けた。

<参考記事>サウジ石油施設攻撃は「イラン南西部からドローンと巡航ミサイルで」

トランプは断定を避ける

ホーシー派の報道官も記者会見を開き、「抑止力均衡作戦第2弾」の一環として、ドローン攻撃を行なったと改めて強調した。アルマリキ同様、攻撃地点の衛星画像とされる画像を見せ、「米政府は作戦実行後に米軍の偵察機が撮った画像を加工して公表し、被害を軽度に見せようとした」と主張。サウジアラビアとアラブ首長国連邦を標的に引き続き攻撃を行うと警告した。

ホーシー派はサウジ主導の有志連合が支援するイエメンの暫定政権と2015年から交戦を続けているが、イランは一貫してホーシー派への支援を否定。イラン当局は首都テヘランのスイス大使館を通じて、18日に米政府に送った公式文書で、14日の攻撃への関与を改めて否定し、米軍が何らかの攻撃を行えば、わが国は即座に対応するが、その場合の標的は攻撃を実行した部隊だけにとどまらない、と警告した。

イラン政権に近いタスニム通信によると、イラン最高安全保障委員会のアリ・シャムハニ事務局長は18日、「緊張を緩和し、いかなる紛争も避け、対話を通じて地域の危機を解決することが、イランの戦略的政策である」と述べた上で、次のように警告を発した。「わが国またはわが国の利益を攻撃する意図や企てを十全に監視する体制が整っており、われわれは邪悪な行動を事前につぶし、全面的な対応をとることにより、最も激烈な形で攻撃者を驚かせるだろう」

ドナルド・トランプ米大統領は18日、「イランに対する制裁を大幅に強化するよう財務長官に指示した」とツイートした。前日には、攻撃の黒幕はイランの「ようだ」とも述べたが、14日の時点で即座にイランの仕業と決めつけたマイク・ポンペオ国務長官ほど強い断定は避けた形だ。

イランとサウジアラビアの緊張を一気に高めた今回の攻撃は、トランプ政権の「イラン封じ込め」が中東で影響力を増すなかで起きた。トランプは、イランと敵対するサウジアラビアとイスラエルの強力な盟友と見られていて、制裁緩和でイランが武装勢力への支援を拡大し、ミサイル開発を進めているとして、2015年に成立した核合意から離脱し、制裁措置を再発動した。米政府は、今も核合意を支持している中国、EU、フランス、ドイツ、ロシア、イギリスとこの問題で対立している。

ニュース速報

ワールド

ブラジル年金改革法案が議会通過、株価は過去最高値

ワールド

英議会、EU離脱巡る高速審議を否決 月末の離脱ほぼ

ワールド

トルコとロシア、シリア北部のクルド人勢力退去で合意

ビジネス

カナダ、利下げ予想が後退 総選挙受け財政支出拡大見

MAGAZINE

特集:躍進のラグビー

2019-10・29号(10/23発売)

日本代表の大躍進に沸くラグビーW杯── グローバル化で変わるこのスポーツの未来の姿

人気ランキング

  • 1

    ヘンリー王子との結婚「考えが甘かった」と重圧を語るメーガン妃、率直な告白に大きな反響

  • 2

    水深3200メートル、クジラの死骸に群がる深海魚、撮影される

  • 3

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 4

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを…

  • 5

    「白馬にまたがる金正恩」写真に潜む目的と予告

  • 6

    メーガン妃の「赤ちゃんの肌の色は?」でCNNが炎上

  • 7

    メーガン妃への愛は冷めた? 英国メディア、結婚か…

  • 8

    中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵...…

  • 9

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 10

    ウィリアム王子とキャサリン妃がパキスタン訪問、「…

  • 1

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 2

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 3

    中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵......で起きていたこと

  • 4

    ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

  • 5

    交尾をめぐって噛みつき合う、暴力まみれのサメの日常

  • 6

    韓国訪問中に消えた9人のベトナム外交団員 公安当局…

  • 7

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 8

    韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からス…

  • 9

    性的人身売買から救われた少女が自殺 犯人の男と家…

  • 10

    ヘンリー王子との結婚「考えが甘かった」と重圧を語…

  • 1

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が徐々に明らかに

  • 2

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 3

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

  • 4

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 5

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわか…

  • 6

    「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

  • 7

    米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

  • 8

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 9

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描…

  • 10

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月