最新記事

映画

輸出規制に揺れる韓国サムスン、半導体の映画を公開 白地に赤い幽霊の意味は?

2019年8月13日(火)20時20分
ウォリックあずみ(映画配給コーディネーター)

輸出規制で苦境に立つサムスンが映画を作る

このように、日本と比べれば短編映画に触れる機会が少なからず高い韓国で、最近1本の短編映画に注目が集まっている。電子機器メーカーサムスン電子の作った『メモリーズ』(キム・ジョングァン監督)である。

サムスンはこの作品を含めて3作の短編映画を製作しており、You Tube/ネイバー/カカオTVなどの動画サイトのサムスン公式アカウントを通して誰でも無料で視聴できる。これら短編映画作品は、もちろんサムスンのプロモーションとしての役割が与えられており、1作ごとにサムスンの製品がモチーフになっている。

2017年に公開された1作目『Two Lights: Relúmîno』は、視覚障碍者向けの視覚補助アプリケーションを上手くストーリーに取り込んで、視覚障害をもつ若い男女の恋の始まりを描いている。監督は『八月のクリスマス』や『春の日は過ぎゆく』のホ・ジノが担当した。

翌年発表された2作目の『My Dream Class』は、サムスンが取り組む教育支援がテーマだ。離島など、都会と同じようには塾などに通えない子供たちの元へ大学生の教師を派遣し、教師を無事務めた大学生には奨学金を贈呈するという実際の教育プログラムを元に、英語を教えに来た主人公の男子学生と、島の個性豊かな6人の生徒たちとの交流を描いたコメディ作品が完成した。『トンマッコルへようこそ』のパク・クァンヒョンがメガフォンを取っている。そして、今年サムスンが発表したの新作が『メモリーズ』だ。

今回、なぜこの『メモリーズ』が大きな注目を集めているかというと、作品で取り上げたサムスン製品が「半導体」だからだ。現在、"ホワイト国除外"で大きく揺れている日韓関係だが、その輸出規制で韓国側が影響を受けるといわれているのが半導体製品だ。

この映画が公開されたのは7月25日。ちょうど前日24日には世界貿易機関(WTO)の一般理事会で、韓国側が「日本の輸出規制はWTOのルールに違反する」と各国代表に訴えるということがあって、タイミングが重なった。半導体がテーマだということで公開前から一部ネットなどで話題になり、公開3日目には再生回数1000万回を記録。8月12日現在You Tubeの再生回数は3670万回を超えている。韓国の人口が約5100万人ということを考えると、この再生回数の凄さが分かる。

MAGAZINE

特集:パックンのお笑い国際情勢入門

2019-8・20号(8/ 6発売)

世界のニュースと首脳たちをインテリ芸人が辛辣風刺──日本人が知らなかった政治の見方お届けします

※次号は8/20(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    世界で最も有名なオオカミ「OR-7」を知っているか?

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    「日本は代が変わっても過去を清算せよ」金正恩が安…

  • 7

    世界が知る「香港」は終わった

  • 8

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 9

    9.11を経験したミレニアル世代の僕が原爆投下を正当…

  • 10

    日本の重要性を見失った韓国

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断国家の世論割れる

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道…

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 9

    世界が知る「香港」は終わった

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 3

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 6

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 7

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 10

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月