最新記事

米中貿易戦争

トランプ対中関税の副産物?人民解放軍の軍備増強がスローダウン

China's Plan For Powerful Naval Fleets Hit By Budget Squeeze. Blame Trump

2019年8月9日(金)19時38分
ロヒト・R・ナイール

東シナ海で訓練する人民解放軍海軍の空母「遼寧」と艦載機(2018年4月20日) REUTERS

<2030年までに4つの空母打撃群を運用することを目指す中国だが、追加関税によるコスト高騰で節約モードに>

ドナルド・トランプ米大統領は、不公正な貿易慣行で米企業に損害をもたらしているという理由から、中国製品に追加関税を課してきた。そのやり方がどれほど効果的なのかはまだわからないが、複数の報道によれば、人民解放軍(PLA)の海軍が困りはじめているという。一連の追加関税による調達コストの上昇で、艦隊の増強が計画通りに進まなくなっているというのだ。

香港紙サウスチャイナ・モーニングポストによれば、中国のある軍関係者(匿名)は次のように語った。「米中間の緊張が高まっていることから、中国政府の指導部は、新たな戦艦の建造に使うカネはなるべく倹約しなければならないと感じはじめている」

中国海軍はこの数年、猛スピードで増強してきた。中国政府が主張する南シナ海の領有権を守り、米海軍と張り合うために、空母2隻をはじめとする最新型の艦船を次々と建造している。

米シンクタンク戦略国際問題研究所によれば、2018年時点で中国海軍が保有する艦船は300隻と、米海軍の287隻よりも多い。もちろん、空母打撃群を有するなど実力ではまだ米海軍のほうがはるかに強いのだが。

南シナ海と台湾で睨み合い

中国海軍と米海軍は、中国がほぼ全域で領有権を主張している南シナ海でにらみ合いを続けてきた。米海軍は定期的に「航行の自由」作戦と称して同海域を巡回、中国を牽制してきた。台湾有事の際にアメリカが介入してくることも中国は警戒しなければならない。

前述の軍関係者はサウスチャイナ・モーニングポストに対し、ハイテク兵器や制御システムを搭載した空母や戦闘機の場合は約500億元(72億ドル)、055型駆逐艦なら60億元を超える建造費がかかるだろうと語った。055型駆逐艦は、地対空ミサイルまたは対艦ミサイル計112発分のミサイル垂直発射装置を備えており、位相段列レーダーをはじめとする最新型のセンサーを採用している。

米海軍の現在の主力空母は、ジェラルド・R・フォード(CVN78)級だ。この新型原子力空母は建造費が130億ドル超。これまでの主力空母だったニミッツ級の約3倍の電力を発生させることができる最新型の原子炉2基を搭載しており、兵器搭載能力も艦載機の射出スピードも大幅に向上することになる。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

英労働党、史上最多の議席獲得か スナク首相落選の可

ワールド

イスラエルに安全な場所ない、本格戦争勃発なら=ヒズ

ワールド

英世界遺産「ストーンヘンジ」にオレンジ色のペンキ、

ワールド

ウクライナGDP、1─5月は前年比4.3%増 5月
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 3

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が苦言...相変わらず「しつけが悪い」?

  • 4

    「多くが修理中」ロシア海軍黒海艦隊の3分の1が「戦…

  • 5

    トランプ前大統領、選挙演説での「異様な容貌」に支…

  • 6

    SF映画の世界...サウジ皇太子が構想する直線型都市は…

  • 7

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 8

    今回の東京都知事選を「イロモノ」の祭典にしないた…

  • 9

    なぜガザの停戦案はまとまらないのか?「イスラエル…

  • 10

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 3

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 6

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 7

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 8

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 9

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 10

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 3

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「回避」してロシア黒海艦隊に突撃する緊迫の瞬間

  • 4

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 5

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中