最新記事

選挙

仏ロ首脳、モスクワ市議選の抗議活動めぐり舌戦 プーチン「黄色いベストで11人死亡」と批判

2019年8月20日(火)11時38分

フランスのマクロン大統領(写真右)とロシアのプーチン大統領(左)は、首脳会談に先立つ共同記者会見で、9月のモスクワ市議会選挙に野党候補が出馬するのを当局が禁止して大規模な抗議活動が毎週、1カ月以上続いていることを巡り、舌戦を繰り広げた。仏ブレガンソン城塞で代表撮影(2019年 ロイター)

フランスのマクロン大統領とロシアのプーチン大統領は19日、首脳会談に先立つ共同記者会見で、9月のモスクワ市議会選挙に野党候補が出馬するのを当局が禁止して大規模な抗議活動が毎週、1カ月以上続いていることを巡り、舌戦を繰り広げた。

口火を切ったのはマクロン氏で「われわれはこの夏、抗議や言論、意見表明、選挙出馬の自由が欧州諸国と同じようにロシアでも完全に尊重されるべきだと要求してきた」と語った。

一方、プーチン氏は当初この発言を無視したが、質疑の時間に入ると、事態は法令に沿って対処されていると主張するとともに「いわゆる黄色いベスト運動に関連した出来事をわれわれは全て承知している。われわれの計算では一連のイベントで11人が亡くなり、2500人が負傷した」と述べ、そうした展開は望まないと切り返した。

プーチン氏は「われわれはロシアの首都でそんな事件が起きてほしくないし、国内の政治状況が法の枠組みの下できちんと推移する態勢を確保するために、取り得るどんな手立ても取る」と強調した。

これに対してマクロン氏は、少なくとも黄色いベスト運動の参加者は選挙に出る権利を有している以上、フランスとロシアを同列に扱うのは間違いだと指摘。「運動参加者は欧州や各自治体の選挙に自由に立候補できる。彼らが選挙で制約なく意見を言えるのは素晴らしいことだと思う。なぜならそれは対立を和らげるからだ。われわれの国は、国民が表現の自由、抗議する自由、選挙に出る自由を持っている」と付け加えた。

[ブレガンソン城塞(フランス) 19日 ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2019トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます


20190827issue_cover200.jpg ※8月27日号(8月20日発売)は、「香港の出口」特集。終わりの見えないデモと警察の「暴力」――「中国軍介入」以外の結末はないのか。香港版天安門事件となる可能性から、武力鎮圧となったらその後に起こること、習近平直属・武装警察部隊の正体まで。また、デモ隊は暴徒なのか英雄なのかを、デモ現場のルポから描きます。

ニュース速報

ビジネス

サウジ、欧州石油大手4社の株式取得=関係筋

ワールド

スペインのコロナ禍に好転の兆し、新たな経済対策を提

ワールド

スペインの新型コロナ死者が1万5000人突破、新た

ワールド

英中銀、市場機能不全時に政府に融資へ 新型コロナで

MAGAZINE

特集:ルポ五輪延期

2020-4・14号(4/ 7発売)

「1年延期」という美談の下に隠れた真実── IOC、日本政府、東京都の権謀術数と打算を追う

人気ランキング

  • 1

    韓国・文在寅政権にとって日韓通貨スワップの要請は諸刃の剣

  • 2

    中国製コロナ検査キット使い物にならず、イギリス政府が返金を要求へ

  • 3

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 4

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(8…

  • 5

    中国からの医療支援に欠陥品多く、支援の動機を疑え…

  • 6

    在日ドイツ大使館、日本の新型コロナ検査数の少なさ…

  • 7

    夏には感染は終息する、と考えていいのか? 

  • 8

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 9

    コロナウイルスで露呈した中国の本性(一応、ジョー…

  • 10

    「世界は中国に感謝すべき!」中国が振りかざす謎の…

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 3

    韓国・文在寅政権にとって日韓通貨スワップの要請は諸刃の剣

  • 4

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 5

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

  • 8

    中国からの医療支援に欠陥品多く、支援の動機を疑え…

  • 9

    新型コロナで都市封鎖しないスウェーデンに、感染爆…

  • 10

    人前で「コロナ」と言ったりマスクをするだけで逮捕…

  • 1

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 2

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 9

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 10

    豪でトイレットペーパーめぐって乱闘 英・独のスー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月