最新記事

サイエンス

子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

'Cannibals Before Birth': Sand Tiger Sharks Eat One Another in the Womb

2019年7月16日(火)17時30分
アリストス・ジョージャウ

生まれる前から共食いを運命づけられた狂暴で不思議なシロワニ  Andrea Comas-REUTERS

<母ザメの妊娠初期には胚が10数個あるのに、生まれてくるときは2匹だけ。残りはどうなったのか──シロワニの研究はそんな疑問から始まった>

サメの一種「シロワニ」は、母ザメの子宮内にいるうちから恐ろしいほど狂暴だ。ナショジオワイルドの新しいドキュメンタリー番組『Cannibal Sharks(共食いをするサメたち)』がその様子を紹介している。

シロワニの恐ろしい共食い行動の詳細を明かすのは、6年以上にわたって研究しているフロリダ国際大学の研究者デミアン・チャップマンだ。「シロワニの生殖活動について調査が始まった1970年代に、シロワニが必ず子どもを2匹産むことに科学者たちは気がついた」と、チャップマンは言う(シロワニは胎生で、雌の体内で卵が孵化し、子は成長して外に出る)。「しかし、妊娠初期のシロワニの子宮内には12~14の胚がある。そこで大きな疑問がわいた。残りの胚はどうなってしまうのか」

<参考記事>巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

チャップマンはこれらの研究の一環として、シロワニのDNAサンプルを採取。その結果、胎仔は、父親が異なっている場合が多いことが明らかになった。雌が複数の雄と交尾するためだ。雌のシロワニは子宮を2つ持っており、それぞれの子宮内で最大の胎仔が成長する。

「最も年上の胎仔は、ほかの胎仔より早めに成長する。歯や目も、少しだけ早く発達するわけだ」とチャップマンは語る。「歯が生えそろうと、年長の胎仔は獲物を求め、兄弟をすべて食い尽くす。シロワニは生まれる前から共食いをする。きわめて狂暴だ」

シロワニ、子宮内の共食い


3.6メートルのサメをほぼ食いちぎったのは?

英国王立協会の科学誌『バイオロジー・レターズ』に掲載されたチャップマンの研究論文によれば、シロワニの年長の胎仔は体長が10cmほどになると、共食いによって飛躍的に成長し、強くなる。こうした「子宮内共食い」によって、子宮1つにつき1匹、計2匹が生まれるというわけだ。

<参考記事>シャチがホホジロザメを餌にし始めた

この番組には、他のサメの共食い映像もある。ダイバーが撮影した巨大なホオジロザメ同士の食い合いのほか、脇腹の辺りをほかのサメに食いちぎられたホオジロザメの死体の写真もある。

ホオジロザメの戦いと、胴体をほぼ食いちぎられたホオジロザメ


「驚くべき写真だ」と話すのは、オーストラリア海洋科学研究所の海洋生物学者マーク・ミーカンだ。「(噛まれたサメは)巨大だ。体長が3.6メートルほどもある。だが、この噛みちぎられた跡はさらにものすごく大きい。ほかのサメをこんなふうに一発で噛みちぎるには、計り知れないパワーが必要だ」

このようなサメの共食いは、今まで考えられていたよりも頻繁にあると専門家は考えている。

(翻訳:ガリレオ)

20190723issue_cover-200.jpg
※7月23日号(7月17日発売)は、「日本人が知るべきMMT」特集。世界が熱狂し、日本をモデルとする現代貨幣理論(MMT)。景気刺激のためどれだけ借金しても「通貨を発行できる国家は破綻しない」は本当か。世界経済の先行きが不安視されるなかで、景気を冷やしかねない消費増税を10月に控えた日本で今、注目の高まるMMTを徹底解説します。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

ドイツ、人権面で問題あれば中国と対決すべき=産業連

ワールド

米ミサイル駆逐艦が台湾海峡通過、国際法に基づく「通

ビジネス

6月製造業PMIは低下、サービス業は若干改善

ワールド

米上院、選挙改革法案の審議進行で採決 共和党反対で

MAGAZINE

特集:ファクトチェック 韓国ナゾ判決

2021年6月29日号(6/22発売)

慰安婦と徴用工の裁判で正反対の判決が── 「大人」になった韓国世論と政治が司法を変えたのか?

人気ランキング

  • 1

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 2

    女子学生を美醜でランク付けした中国「アート」作品のひどい言い分

  • 3

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代わりに飲み始めたものとは?

  • 4

    死海沿岸を呑み込む7000個の陥没穴 縮む塩湖で地下…

  • 5

    1億8000万年前から生き残るクモヒトデの新種が発見…

  • 6

    アボカドは「悪魔の果実」か?──ブームがもたらす環…

  • 7

    台湾・ベトナムから始まる日本版ワクチン外交の勝算

  • 8

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 9

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 10

    ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 3

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 4

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 5

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 6

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷…

  • 7

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 8

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 9

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 10

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす…

  • 8

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 9

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 10

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月