最新記事

サイエンス

子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

'Cannibals Before Birth': Sand Tiger Sharks Eat One Another in the Womb

2019年7月16日(火)17時30分
アリストス・ジョージャウ

生まれる前から共食いを運命づけられた狂暴で不思議なシロワニ  Andrea Comas-REUTERS

<母ザメの妊娠初期には胚が10数個あるのに、生まれてくるときは2匹だけ。残りはどうなったのか──シロワニの研究はそんな疑問から始まった>

サメの一種「シロワニ」は、母ザメの子宮内にいるうちから恐ろしいほど狂暴だ。ナショジオワイルドの新しいドキュメンタリー番組『Cannibal Sharks(共食いをするサメたち)』がその様子を紹介している。

シロワニの恐ろしい共食い行動の詳細を明かすのは、6年以上にわたって研究しているフロリダ国際大学の研究者デミアン・チャップマンだ。「シロワニの生殖活動について調査が始まった1970年代に、シロワニが必ず子どもを2匹産むことに科学者たちは気がついた」と、チャップマンは言う(シロワニは胎生で、雌の体内で卵が孵化し、子は成長して外に出る)。「しかし、妊娠初期のシロワニの子宮内には12~14の胚がある。そこで大きな疑問がわいた。残りの胚はどうなってしまうのか」

<参考記事>巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

チャップマンはこれらの研究の一環として、シロワニのDNAサンプルを採取。その結果、胎仔は、父親が異なっている場合が多いことが明らかになった。雌が複数の雄と交尾するためだ。雌のシロワニは子宮を2つ持っており、それぞれの子宮内で最大の胎仔が成長する。

「最も年上の胎仔は、ほかの胎仔より早めに成長する。歯や目も、少しだけ早く発達するわけだ」とチャップマンは語る。「歯が生えそろうと、年長の胎仔は獲物を求め、兄弟をすべて食い尽くす。シロワニは生まれる前から共食いをする。きわめて狂暴だ」

シロワニ、子宮内の共食い


3.6メートルのサメをほぼ食いちぎったのは?

英国王立協会の科学誌『バイオロジー・レターズ』に掲載されたチャップマンの研究論文によれば、シロワニの年長の胎仔は体長が10cmほどになると、共食いによって飛躍的に成長し、強くなる。こうした「子宮内共食い」によって、子宮1つにつき1匹、計2匹が生まれるというわけだ。

<参考記事>シャチがホホジロザメを餌にし始めた

この番組には、他のサメの共食い映像もある。ダイバーが撮影した巨大なホオジロザメ同士の食い合いのほか、脇腹の辺りをほかのサメに食いちぎられたホオジロザメの死体の写真もある。

ホオジロザメの戦いと、胴体をほぼ食いちぎられたホオジロザメ


「驚くべき写真だ」と話すのは、オーストラリア海洋科学研究所の海洋生物学者マーク・ミーカンだ。「(噛まれたサメは)巨大だ。体長が3.6メートルほどもある。だが、この噛みちぎられた跡はさらにものすごく大きい。ほかのサメをこんなふうに一発で噛みちぎるには、計り知れないパワーが必要だ」

このようなサメの共食いは、今まで考えられていたよりも頻繁にあると専門家は考えている。

(翻訳:ガリレオ)

20190723issue_cover-200.jpg
※7月23日号(7月17日発売)は、「日本人が知るべきMMT」特集。世界が熱狂し、日本をモデルとする現代貨幣理論(MMT)。景気刺激のためどれだけ借金しても「通貨を発行できる国家は破綻しない」は本当か。世界経済の先行きが不安視されるなかで、景気を冷やしかねない消費増税を10月に控えた日本で今、注目の高まるMMTを徹底解説します。

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

NZでコロナ感染急増・封鎖長期化なら追加刺激策検討

ビジネス

米ディズニーワールドのウイルス対策、会社側が労組要

ワールド

ロシア、15億ドルのレアアース投資計画 中国に次ぐ

ワールド

中国・深センでブラジル産冷凍鶏肉から新型コロナ検出

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪魔編集」がはびこる

  • 2

    バイデン陣営はこれで「ターボ全開」? 副大統領候補ハリス指名の意味

  • 3

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 4

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはな…

  • 5

    新型コロナワクチンが開発されても、米国の3人に1人…

  • 6

    『ゴースト・オブ・ツシマ』でサムライ映画の世界を…

  • 7

    中国、輸入冷凍食品の包装に新型コロナウイルス 一…

  • 8

    日本初のアフリカ人学長が「価値観」を揺さぶられた5…

  • 9

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 10

    韓国・文在寅の支持率9カ月ぶりの低水準に ソウル住…

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 3

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 4

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 5

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪…

  • 6

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 7

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 8

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはな…

  • 9

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 10

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 4

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 5

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 6

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 7

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 8

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 9

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

  • 10

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月