最新記事

EU

イギリス、EU制裁違反のイラン石油タンカーを拿捕 核合意問題へのメッセージか?

2019年7月5日(金)11時00分

英海兵隊は、欧州連合(EU)の制裁に違反してシリアに原油を輸送していた疑いのあるイランの大型石油タンカーを英領ジブラルタル沖で拿捕した。拿捕されたタンカー「グレース1」。ジブラルタル沖で撮影。提供写真(2019年 ロイター)

英海兵隊は4日、欧州連合(EU)の制裁に違反してシリアに原油を輸送していた疑いのあるイランの大型石油タンカーを英領ジブラルタル沖で拿捕(だほ)した。イランは抗議しており、同国と西側諸国の対立が深まる恐れがある。

拿捕されたタンカーは30万トン級の「グレース1」。中東から地中海方面に向けアフリカ大陸南端沖を航行した後、スペインの南端に位置するジブラルタル沖で拿捕された。

イラン外務省は同国駐在の英国大使を呼び出し、拿捕は「違法で容認できない」として厳重に抗議。拿捕されたタンカーはパナマ国旗を掲揚して運航し運航会社としてシンガポールに拠点を置く企業が登録されているが、イランが抗議したことから、イランのタンカーであることが明確になった。

パナマ海運当局は、グレース1は5月29日時点でパナマ船籍の登録から外れていると明らかにした。

ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は4日、英当局によるタンカー拿捕に歓迎の意を表明。ツイッターに「米国と同盟国は引き続き、イランとシリアの政権が違法な取引で利益を挙げるのを阻止する」と投稿した。

ロイターが入手した輸送に関する情報によると、グレース1はイランの沖合いで積荷されたイラン産原油を輸送していた可能性がある。ただ同タンカーの文書には積載された原油はイラク産と記載されている。

欧州はシリアへの石油輸出を2011年から禁止しているが、これに絡む石油タンカーの拿捕は今回が初めて。イランに対しては、米国のように広範な制裁は行っていない。

企業に対し制裁措置に関する助言を行なっている法律事務所ピルスベリー・ウィンスロップ・ショー・ピットマンのパートナー、マシュー・オレスマン氏は「EUが公然とこのような強硬な行動に出るのは初めて。北大西洋条約機構(NATO)加盟国の軍隊が関与していることを踏まえると、米国と何らかの方法で調整が行われていたと考えている」と指摘。

「シリアとイランのほか、米国に対し、欧州は制裁履行を真剣にとらえており、進行中の核協議に関するイランの瀬戸際政策にもEUは対応可能であるとのメッセージを送る意味合いがあった公算が大きい」との見方を示した。

イランがグレース1が同国の保有であることを明確にし、積載された原油もイラン産である可能性が高いことを踏まえると、拿捕はイラン産原油の全面禁輸を科す米国の制裁にも関係しているとみられる。

欧州諸国はこれまで、イランと米国との対立激化に関して中立的な立場を維持してきた。

ジブラルタル自治政府は、制裁対象に指定されている組織が所有するシリアのバニヤス製油所向けの原油をグレース1が輸送していたと見なす正当な理由があると指摘。ピカルド自治政府首相は「ジブラルタル当局はタンカー拿捕に英海兵隊の支援を求めた」と述べた。メイ英首相の報道官はジブラルタル当局の対応を歓迎した。

ジブラルタルの領有権を英国と争うスペインは、拿捕は米国が英国に要請したもので、スペイン領海内で行われた可能性があるとの見方を示した。英外務省はコメントの求めに応じていない。

欧米の対シリア制裁にかかわらず、イランは長年にわたりシリア国内のイラン系勢力に原油を供給してきた。シリア制裁に加え、米国は昨年、イラン核合意から離脱し、対イラン制裁を再開した。今年の5月以降、イラン制裁は大幅に強化されており、イランは実質的に主要な石油市場から締め出された。

グレース1について、ロイターは今年に入り、米制裁措置に違反してイラン産原油をシンガポールと中国に輸送しているタンカー4隻のうちの1隻だと報道していた。

[ロンドン/ドバイ 4日 ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2019トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

ニュース速報

ワールド

トランプ氏弾劾への支持、公聴会後も変わらず=世論調

ビジネス

焦点:ドイツの対中輸出に陰り、「蜜月」見直す声も

ビジネス

米株最高値、米中協議への楽観で ヘルスケア株高い

ワールド

海外からの処方薬購入、州に権限 米大統領が薬価引き

MAGAZINE

特集:世界を操る政策集団 シンクタンク大研究

2019-11・19号(11/12発売)

政治・経済を動かすブレーンか「頭でっかちのお飾り」か、民間政策集団の機能と実力を徹底検証

人気ランキング

  • 1

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 2

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去後の現場 

  • 3

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄「国家安保室」の暴走

  • 4

    日本のノーベル賞受賞に思う、日本と韓国の教育の違い

  • 5

    文在寅政権の破滅を呼ぶ「憲法違反」疑惑──北朝鮮の…

  • 6

    香港デモ隊と警察がもう暴力を止められない理由

  • 7

    「安い国」になった日本の現実は、日本人にとって幸…

  • 8

    中国は「祝賀御列の儀」をどう報道したか?

  • 9

    ヤクルトが韓国で最も成功した日本ブランドになった…

  • 10

    深い眠りによって脳内の老廃物が洗い流されているこ…

  • 1

    マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

  • 2

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 3

    意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の境界線を超えた 科学者が警告

  • 4

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 5

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 6

    「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

  • 7

    中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

  • 8

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 9

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

  • 10

    ラグビー場に旭日旗はいらない

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月