最新記事

肥満

肥満だとナイキを着ちゃいけないの?英で論争

Jameela Jamil And More Slam Cruel Comments About Nike's Curvy Mannequin

2019年6月13日(木)17時10分
ケリー・ウィン

ナイキのロンドン旗艦店に登場した肥満マネキンが賛否を呼んでいる NIKE

<ナイキの肥満体型マネキンに対し、「運動できる体型じゃない」「股関節の置換手術が必要になる」など非難ごうごう>

スポーツウェアブランドのナイキが初めて肥満体型のマネキンを取り入れたことで激論が沸き起こっている。ロンドンのオクスフォード・ストリートにあるナイキの旗艦店にこのマネキンが登場すると、ソーシャルメディア上には太っている人を差別するようなコメントが殺到した。だが一方では、そうした否定的な声を退け、ナイキの「ありのままの体型を受け入れる」姿勢を称賛する女性たちもいる。

ネット上で優勢なのは、ナイキの決定とは真逆の意見のようだ。ナイキの大胆で進歩的な決定を称賛する投稿も一部にはいるが、他の人々は肥満体型のマネキンについて、不健康なライフスタイルを促進している、と声高に批判する。

マネキンのような体型の人の体重ではそもそもランニングなどできないと指摘し、肥満体型のマネキン導入はナイキの評判を下げるとまで主張する人もいる。自らも太めのジャーナリスト、ターニャ・ゴールドは英テレグラフ紙への投稿記事の中で、問題のマネキンは「途方もなく巨大だし、脂肪でぶよぶよ。この女性はどう見ても肥満で、格好いいナイキのウェアを着てランニングする状態じゃない」と主張した。「走るなんて無理。それどころか糖尿病目前で、股関節の置換手術も必要になりそうだ」

「偏見に満ちた愚かな意見」

この投稿をInstagramで見る

If anyone tries to tell you that your body size will hold you back, they are absolutely wrong. A few weeks ago someone left me a comment saying 'You are mad if you think you can do ballet'. Feels good proving people wrong, you're only called 'crazy' til you do it -------------- This whole dream of a campaign is a collaboration I worked on with @nike + @veryuk - all hail brands working towards diversity + including plus size women in such a positive way! The campaign focused on the Nike One Leggings which are honestly the most comfortable pair I have EVER worn. I wore them from 9am-8pm, through a ballet/barre session with the incredible @paletacalmquality ,for lunch, to travel home and barely even realised I had them on. Super high waist, comfortable and they really move with your body - no rolling or falling down (thank the Lord) which annoyingly most plus size workout leggings do - but these do not move! Thank you Nike for taking the time to create a ridiculously well made plus collection + for your leaps and bounds in terms of inclusivity. Everything I'm wearing is available on the Very website Ph by @sarahellen_photography @nikewomen @veryuk #onelegging #bodypositive #ballet #barre #barreworkout #blok

Chloe Elliottさん(@chloeincurve_)がシェアした投稿 -

ナイキは2017年にプラスサイズのファッションブロガーであるクロエ・エリオットをキャンペーンモデルとして起用


ゴールドのこの意見は反響を呼び、ソーシャルメディア上で同意する声があがったが、反対意見も多かった。ライター兼モデルのカリー・ソープやブロガーのミーガン・ジェイン・クラブ、女優のジャミーラ・ジャミルをはじめとする複数の女性たちがナイキへの支持を表明。これを受けてほかの女性たちも、マネキンの写真をネットでシェアし、支持を表明した。

ソープはゴールドの記事について、信じられないとコメント。「太った人々はばかにされ、ジムに行って体重を落とせと言われ、さらにはスポーツウェアを着る資格がないとまで言われるなんてはどうかしている」と、彼女はインスタグラムに書き込んだ。「これがどんなに馬鹿げているか分かる? 健康面の配慮などではなくて、完全な偏見だ」

ジャミルも同調し、ツイッターでゴールドとテレグラフ紙を非難した。自社のプラットフォームを「いじめの場」に使った判断について、テレグラフ紙は読者に謝罪すべきだと要求し、こう続けた。「肥満は良くないと言いながら、そうした人々がもっと健康になろうとすると、着るものにまで『こんなに』必死に反対するとは。バカ丸出し」

ナイキは本誌に対し、「全てのアスリートをサポートするのが当社の使命で、今後も多様な消費者の意見を反映するために製品ディスプレイの方法を進化させ続けていく」とコメントした。

またこうも述べた。「当社は日ごろからアスリートたちの声を聞いており、女性たちがスポーツウェアに多様でインクルーシブな製品を望んでいることを承知している」

(翻訳:森美歩)

20190618issue-cover200.jpg
※6月18日号(6月11日発売)は「名門・ジョージタウン大学:世界のエリートが学ぶ至高のリーダー論」特集。「全米最高の教授」の1人、サム・ポトリッキオが説く「勝ち残る指導者」の条件とは? 必読リーダー本16選、ポトリッキオ教授から日本人への提言も。

MAGAZINE

特集:米ジョージタウン大学 世界のエリートが学ぶ至高のリーダー論

2019-6・18号(6/11発売)

「全米最高の教授」サム・ポトリッキオが説く勝ち残るリーダーになるための処方箋

人気ランキング

  • 1

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 2

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 3

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14歳少女に起こった一大事

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    北朝鮮の若者が美貌の「文在寅の政敵」に夢中になっ…

  • 6

    アメリカは「いざとなれば瞬時にイランを破壊できる」

  • 7

    【動画】米軍、イラン革命防衛隊が日本のタンカーか…

  • 8

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 9

    世界に誇る『ゴジラ』シリーズ化の原点は、1955年公…

  • 10

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府…

  • 1

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14歳少女に起こった一大事

  • 2

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 3

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か

  • 4

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

  • 5

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 6

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 7

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 8

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 9

    日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

  • 10

    自殺した人の脳に共通する特徴とは

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 6

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 7

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 8

    トランプ、エリザベス女王にまたマナー違反!

  • 9

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 10

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月