最新記事

ヘルス

他人の便で病気を治す糞便移植、ただし移植する便には気を付けて──アメリカで1人死亡

What is a Fecal Transplant? FDA Issues Warning After Patient Death

2019年6月18日(火)16時50分
キャサリン・ハイネット

移植の前に、良い便か悪い便かをスクリーニングする必要があるとわかった LuckyBusiness/iStock.

<糞便に含まれる有益な細菌の移植によって患者の腸内バランスを回復する糞便移植で死亡者が出た>

アメリカ食品医薬品局(FDA)は6月13日、糞便移植に関して注意を促す警告を発表した。この治療を受けた2人の患者が「健康を害する」感染症を発症し、1人が死亡したためだ。

この患者2人の治療に使われたドナーの便には、危険な薬剤耐性菌が含まれていた。ペニシリンを含む数々の抗生物質に耐性を持つ病原性大腸菌だ。

医療スタッフたちは、ドナーの便にそうしたタイプの細菌が含まれていないかを確認するためのスクリーニングを実施せずに移植を行っていた。

さらにFDAによれば、患者は2人とも免疫機能が低下していた。

糞便移植では、健康なドナーから採取された有益な細菌を含む糞便が患者に移植される。

ジョンズ・ホプキンス大学医学部のウェブサイトによれば、この治療法は「便微生物移植」、または「腸内細菌療法」と呼ばれている。

抗生物質に殺された良い菌を補充

医師は、移植前にまず、ドナーのサンプルに感染症を引き起こす細菌が含まれていないかをスクリーニングしなければならない。13日に出されたFDAの警告は、すべてのドナーサンプルについて、薬剤耐性細菌に関する各種検査を実施するよう呼びかけている。

スクリーニングを受けて問題ないとされた便は通常、生理食塩水に入れて撹拌され、大腸内視鏡によって患者に投与される、とジョンズ・ホプキンス大学医学部のウェブサイトは説明する。場合によっては、経鼻十二指腸チューブが代わりに使われることもある。鼻から小腸までチューブを通すということだ。

同サイトによると、こうした治療法は、クロストリジウム・ディフィシル感染症(CDI)が再発した際に使われることがある。CDIは、ディフィシル菌と呼ばれる細菌に感染して腸粘膜に炎症が起きる感染症で、アメリカ疾病管理予防センター(CDC)によれば、抗生物質を服用した患者がかかることが多い。

健康な腸には多くの細菌が生息している。その多くは安全で、なかには有益なものもある。しかし、抗生物質を服用すると、悪い細菌とともに良い細菌も殺されてしまう。そうなると、ディフィシル菌が腸を乗っ取り、腸粘膜にダメージを与えてしまうのだという。

抗生物質の追加服用による治療がうまくいかないときには、健康な便を移植すると、患者の消化管内の細菌バランスが回復する。

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

  • 8

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 9

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 6

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 9

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 4

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 5

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 10

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月