最新記事

ヘルス

他人の便で病気を治す糞便移植、ただし移植する便には気を付けて──アメリカで1人死亡

What is a Fecal Transplant? FDA Issues Warning After Patient Death

2019年6月18日(火)16時50分
キャサリン・ハイネット

移植の前に、良い便か悪い便かをスクリーニングする必要があるとわかった LuckyBusiness/iStock.

<糞便に含まれる有益な細菌の移植によって患者の腸内バランスを回復する糞便移植で死亡者が出た>

アメリカ食品医薬品局(FDA)は6月13日、糞便移植に関して注意を促す警告を発表した。この治療を受けた2人の患者が「健康を害する」感染症を発症し、1人が死亡したためだ。

この患者2人の治療に使われたドナーの便には、危険な薬剤耐性菌が含まれていた。ペニシリンを含む数々の抗生物質に耐性を持つ病原性大腸菌だ。

医療スタッフたちは、ドナーの便にそうしたタイプの細菌が含まれていないかを確認するためのスクリーニングを実施せずに移植を行っていた。

さらにFDAによれば、患者は2人とも免疫機能が低下していた。

糞便移植では、健康なドナーから採取された有益な細菌を含む糞便が患者に移植される。

ジョンズ・ホプキンス大学医学部のウェブサイトによれば、この治療法は「便微生物移植」、または「腸内細菌療法」と呼ばれている。

抗生物質に殺された良い菌を補充

医師は、移植前にまず、ドナーのサンプルに感染症を引き起こす細菌が含まれていないかをスクリーニングしなければならない。13日に出されたFDAの警告は、すべてのドナーサンプルについて、薬剤耐性細菌に関する各種検査を実施するよう呼びかけている。

スクリーニングを受けて問題ないとされた便は通常、生理食塩水に入れて撹拌され、大腸内視鏡によって患者に投与される、とジョンズ・ホプキンス大学医学部のウェブサイトは説明する。場合によっては、経鼻十二指腸チューブが代わりに使われることもある。鼻から小腸までチューブを通すということだ。

同サイトによると、こうした治療法は、クロストリジウム・ディフィシル感染症(CDI)が再発した際に使われることがある。CDIは、ディフィシル菌と呼ばれる細菌に感染して腸粘膜に炎症が起きる感染症で、アメリカ疾病管理予防センター(CDC)によれば、抗生物質を服用した患者がかかることが多い。

健康な腸には多くの細菌が生息している。その多くは安全で、なかには有益なものもある。しかし、抗生物質を服用すると、悪い細菌とともに良い細菌も殺されてしまう。そうなると、ディフィシル菌が腸を乗っ取り、腸粘膜にダメージを与えてしまうのだという。

抗生物質の追加服用による治療がうまくいかないときには、健康な便を移植すると、患者の消化管内の細菌バランスが回復する。

ニュース速報

ワールド

トランプ米大統領、マスク輸出禁止令に署名「買いだめ

ワールド

アングル:「人命と経済」、米国が直面する対コロナ対

ワールド

アングル:新型コロナ広がる米刑務所の実態、次々「釈

ワールド

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(4

MAGAZINE

特集:コロナ危機後の世界経済

2020-4・ 7号(3/31発売)

感染拡大で経済先進国の序列と秩序はこう変わる── コロナ後の「ニュー・エコノミー」を識者が徹底解説

人気ランキング

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 3

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 4

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 5

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 6

    新型コロナに「脳が壊死」する合併症の可能性

  • 7

    「アビガン」は世界を救う新型コロナウイルス治療薬と…

  • 8

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 9

    新型コロナウイルス経済対策、現金給付は生活困窮者…

  • 10

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

  • 1

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 2

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 5

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 6

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 7

    「緊急事態宣言、4月1日に出すという事実ない」 菅官…

  • 8

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 9

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 10

    コロナ禍のアメリカでひよこがバカ売れ

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 6

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 7

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 8

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 9

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 10

    やっぱり日本は終わりだ

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月