最新記事

北朝鮮

北朝鮮のミサイル実験でトランプがボルトンを否定、その意味は

No One Seems to Agree With Trump's North Korea Claims

2019年5月30日(木)14時30分
デービッド・ブレナン

モーガン・オルタガス報道官は、国務省の立場を明確にするよう求められたことを受けて、こう語った。「北朝鮮による(大量破壊兵器)計画全体が、国連安保理の決議に違反していると考える。だがアメリカとしては、北朝鮮の大量破壊兵器開発計画を平和裏に終わらせるための話し合いに努めている」

北朝鮮の実験に対する同省の見解がトランプと同じかどうか、本誌は国務省に確認を求めていたが、迅速な回答はなかった。

米シンクタンク「センター・フォー・ザ・ナショナル・インタレスト」の朝鮮半島専門家ハリー・カジアニスも、「北朝鮮が最近の短距離ミサイル発射実験によって、国連安保理の決議に違反したことは間違いない」と言う。「トランプと韓国大統領府は、これらの実験の重要性を否定しようとしている。北朝鮮との協議再開の可能性を残しておくことがその狙いだ」と彼は本誌に語った。

強硬なアプローチは愚かな戦略

カジアニスは、5月上旬の発射実験は北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長にとって、自分を取り巻く軍や党指導部に対して、自らの決意を示すひとつの方法だったのだろうと指摘。北朝鮮との協議を続けていく上での真の障壁は、「制裁緩和に先立って、まずは北朝鮮が折れて核兵器とミサイルを放棄すべきだという、アメリカのきわめて非現実的な期待」だと示唆した。

これは、どの核保有国も同意しないであろう条件だ。「歴史を見れば分かることだ。そのような戦略は愚かで失敗する運命にあるし、両国が核戦争の瀬戸際までいった2017年の危険な日々に我々を引き戻すことになる」とカジアニスは警告した。

もしも本当に金との合意をまとめたいなら、トランプは好戦的な顧問たちを排除する必要があるかもしれない。「そうした動きによってのみ、トランプがやりたいと言っている『どぶさらい』が本当に可能になり、アメリカを戦争に導きかねない、中東や北朝鮮のような国への強硬なアプローチを縮小するプロセスに着手できる」とカジアニスは指摘している。

(翻訳:森美歩)

20190604cover-200.jpg
※6月4日号(5月28日発売)は「百田尚樹現象」特集。「モンスター」はなぜ愛され、なぜ憎まれるのか。『永遠の0』『海賊とよばれた男』『殉愛』『日本国紀』――。ツイッターで炎上を繰り返す「右派の星」であるベストセラー作家の素顔に、ノンフィクションライターの石戸 諭が迫る。百田尚樹・見城 徹(幻冬舎社長)両氏の独占インタビューも。

ニュース速報

ビジネス

コロナ関連倒産の増加、雇用面の影響注意深く見ていく

ワールド

インドの新型コロナ感染者、20万人突破 ピークはか

ビジネス

働き方より柔軟に、社員分散も選択肢=野村グループC

ビジネス

仏ルノー、50億ユーロ規模の政府保証融資制度で合意

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 2

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機を操作した可能性

  • 3

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 4

    警官と市民の間に根深い不信が横たわるアメリカ社会…

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(1…

  • 7

    ブラジル、食肉施設で約2400人が新型コロナ感染 南部…

  • 8

    中国請負の高速鉄道建設が工期遅延に予算超過 イン…

  • 9

    東京都「東京アラート」発動、レインボーブリッジ赤く…

  • 10

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 1

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 2

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 3

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 4

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 5

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 6

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 7

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 8

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 9

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危…

  • 10

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 3

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 9

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 10

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月