注目のキーワード

最新記事

極右

ヨーロッパの極右はやはりロシアとつながっていた

2019年5月28日(火)17時30分
チャールズ・タノック(欧州議会外務委員)

蜜月がささやかれるロシアのプーチン(左)とオーストリアのクルツ LEONHARD FOEGERーREUTERS

<オーストリアで露呈したポピュリズム政党とロシアの癒着――無頓着なままではプーチンの思惑どおり欧州が分断される>

5月23~26日の欧州議会選挙は大方の予想どおり、欧州統合を支持し民主主義を守る勢力と、統合嫌いで極端な民族主義を振りかざす極右ポピュリズム勢力の大激戦となっている。

しかし投票日の直前にEU各国で台頭するポピュリズム政党のダークな面を暴く衝撃の事件があった。オーストリアの連立政権を崩壊させた極右政治家の腐敗と癒着、そしてロシアとの疑惑の関係が明らかになったのだ。その闇は恐ろしいほど深い。

オーストリアでは17年12月以降、中道右派の国民党と極右の自由党(ナチス親衛隊の元メンバーが1950年代に結成)が連立を組んできた。ところが先頃、ドイツのシュピーゲル誌と南ドイツ新聞が自由党の党首でもあるシュトラッヘ副首相の隠し撮り映像を公開し、これが原因で連立は崩壊。9月に総選挙が実施されることになった。

問題の映像は17年7月のもので、シュトラッヘが酒に酔い、ロシアの富豪の姪を名乗る女性に便宜供与を約束する様子が映っていた。女性がオーストリアの大衆紙クローネン・ツァイトゥングを買収してくれれば、国内の主要インフラ工事を高値で受注させてやる――シュトラッヘはそう持ち掛けていた。

それだけではない。自分が目指すのは(ハンガリーのオルバン首相がしたように)メディアを政府のプロパガンダ機関にすることだとも、シュトラッヘは豪語している。

今にして思えば、クルツ首相(国民党)が連立交渉において、自由党に国防相と内相という重要ポストを渡したのはあまりにも軽率だった。極右のポピュリズム政治家がロシアのプーチン大統領に操られている事実に、欧州各国の指導者はもっと目を向けるべきだ。

自由党が親ロシアであることも、シュトラッヘが過激な白人至上主義者とつながっていることも、以前から知られていた。しかしクルツは目をつぶって、国の安全保障に関わる重要省庁を自由党の手に委ねたのだ。

フェイクニュースも拡散

内務省(つまり警察権力)を掌握した自由党が、真っ先にやったのは諜報機関への強制捜査だった。極右勢力やロシア系の団体に関する膨大な監視情報を押収したものと思われる。これを受けて、欧州各国の諜報機関はオーストリアとの情報共有を避けるようになった。クルツが「見て見ぬふり」をしたせいで、オーストリアは周辺各国の信頼を失ってしまった。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ロシアのガス輸出平均価格、22年に2倍超に=経済省

ビジネス

サハリン2新会社、日本の電力会社などに従来と同じ条

ビジネス

米ロス港湾局長、8月輸入の軟化予想

ワールド

台湾の駐米代表、中国の威嚇で逆に各国が訪台に関心と

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:報じられないウクライナ戦争

2022年8月23日号(8/17発売)

450万人の子供難民危機と「人間の盾」疑惑 ── ウクライナ戦争の伝えられない側面

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    日本の郊外にあふれる「タダ同然の住宅地」 無責任な開発が生んだ「限界分譲地」問題とは

  • 2

    【映像】幻覚作用のある「マッドハニー」で酩酊するヒグマ

  • 3

    激変する「成績が良い」の基準──世界に遅れていた日本の初等中等教育が変わる

  • 4

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 5

    それでも中国は「脅し」しかできない...どうしても台…

  • 6

    【動画】Face IDが認識できなかった顔の男

  • 7

    幻覚作用のあるハチミツの食べ過ぎでクマがキマって…

  • 8

    ベラルーシのロシア軍に大規模なミサイル攻撃の兆候

  • 9

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 10

    ウクライナ「クリミア奪還作戦」の2つの狙い

  • 1

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 2

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 3

    【画像】韓国のビーチに横たわる超巨大クラゲの写真

  • 4

    日本の郊外にあふれる「タダ同然の住宅地」 無責任な…

  • 5

    【映像】幻覚作用のある「マッドハニー」で酩酊する…

  • 6

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 7

    オタクにとって日本ほど居心地の良い国はない

  • 8

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 9

    全部で11匹、手負いのヘビが幼蛇を産む瞬間

  • 10

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチ…

  • 9

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 10

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月