最新記事

極右

ヨーロッパの極右はやはりロシアとつながっていた

2019年5月28日(火)17時30分
チャールズ・タノック(欧州議会外務委員)

イタリアも似たようなことになっている。ポピュリズム政党の「五つ星運動」との連立で政権に参加した極右政党「同盟」(旧称「北部同盟」)は、党首のマッテオ・サルビニを副首相に送り込んだが、この男は今やヨーロッパにおけるプーチンの最大の代弁者だ。対ロ制裁に反対するだけでなく、ロシアによるクリミア半島の併合を擁護してもいる。

フランスでも、マリーヌ・ルペン率いる極右「国民連合」(旧称「国民戦線」)が過去に、ロシア政府とつながりのある銀行から融資を受けていたことは公然の事実だ。

イギリスでも、ブレグジット(EU離脱)推進派の一部にロシアマネーが渡っていた疑惑があり、当局が捜査中だ。事実だとすれば、ブレグジット後のイギリスではロシアの影響力が大きくなる恐れがある。

そもそもロシアは、イギリスをEUから引き離そうと画策していた。プーチンはヨーロッパの分断を望んでいる。そして現に、ブレグジットはイギリス国民を大きく引き裂いたし、EUの団結にも大きなくさびを打ち込んだ。

プーチンは欧州各国の伝統メディアの信用失墜も狙っている。現にイギリスでは、強硬離脱派を支援する一部メディアがせっせとフェイクニュースをばらまいている。

欧州議会選の直前にオーストリアを襲った危機は、欧州各国の指導者と有権者に対する警鐘だった。ロシアの手先と化したポピュリズム勢力を、もはや野放しにしてはおけない。

(C)Project Syndicate

<本誌2019年6月4日号掲載>

20190604cover-200.jpg
※6月4日号(5月28日発売)は「百田尚樹現象」特集。「モンスター」はなぜ愛され、なぜ憎まれるのか。『永遠の0』『海賊とよばれた男』『殉愛』『日本国紀』――。ツイッターで炎上を繰り返す「右派の星」であるベストセラー作家の素顔に、ノンフィクションライターの石戸 諭が迫る。百田尚樹・見城 徹(幻冬舎社長)両氏の独占インタビューも。


 20221004issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2022年10月4日号(9月27日発売)は「安倍晋三の正しい評価」特集。「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分──世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?


今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

メキシコ中銀、3会合連続で0.75%利上げ 追加引

ワールド

ウクライナ領土に対するロシアの主張、決して認めず=

ワールド

米国務長官、ロシア編入「投票」を非難 「土地収奪の

ワールド

米上院、12月16日までのつなぎ予算案を可決 政府

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 3

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 4

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 5

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 6

    チャールズ皇太子が、メーガン妃を「タングステン」…

  • 7

    英女王死去でデンマークが残念だった理由

  • 8

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と…

  • 9

    チャールズ新国王は疲れを知らず瞬間沸騰もある、ス…

  • 10

    「アルツハイマー病は脳疾患ではないかもしれない」…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 9

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 10

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 5

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 6

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月