最新記事

人種差別

メーガン妃の「赤ちゃんの肌の色は?」でCNNが炎上

CNN Ridiculed For Asking 'How Black Will The Royal Baby Be?"

2019年5月8日(水)18時55分
ベンジャミン・フィアナウ

第一子誕生で注目が集まるサセックス公爵夫妻ことハリー王子とメーガン妃 Toby Melville-REUTERS

<ハリー王子とメーガン妃の第一子誕生を「英王室に初のアフリカ系アメリカ人」などと囃し立てる報道に対し、人種は関係ないと戒めたCNNの記事に非難殺到。無神経なサブタイトルが原因だった>

「(メーガン妃の)赤ん坊の肌はどのくらい黒い?」――ネット記事にこんなサブタイトルをつけたCNNが炎上中だ。記事自体は、サセックス公爵夫人ことメーガン妃の出産をきっかけに持ち出されたアフリカ系のルーツにまつわる「作り話」を封じる趣旨だが、インターネット上ではこのサブタイトルが一人歩きして批判の的になっている。

政治家やテレビの脚本家、そしてCNNの元従業員までが、ハリー王子とメーガン妃の第一子誕生にまつわる人種問題を論じたこの記事をこきおろした。

執筆したのは、CNNエンタープライズのライター兼プロデューサー、ジョン・ブレイク。彼はバラク・オバマが大統領になったときのように「人種的多様性の偉大な希望」などとオバマが黒人であることを過度に称える逆差別の風潮に警鐘を鳴らし、今回の出産を「王室に初めて生まれたアフリカ系アメリカ人」などと囃すセンセーショナルで人種差別的な記事が世界中に出回っていることを批判した。

ブレイクがめざしたのは、「誰かを傷つけることをまったく意識せずに」「こうした偏見を煽るコメンテーターたち」の認識を改めることだった。

人種差別はどっち?

だが皮肉なことに、専門家たちはブレイクのほうこそ人種差別に対する意識が低いとCNNを激しく非難した。

「CNNの幹部クラスに、もっと有色人種を採用すべきだ」と、CNNのニュース番組でアンカーを務めていたソルダッド・オブライエンはツイートした。

人気トークショー番組の脚本を担当する作家アンバー・ラフィンは、「赤ん坊の肌はどのくらい黒い?」というサブタイトルのスクリーンショットに、記事の要約とハリー王子夫妻の動画を載せた。

記事のなかでブレイクは、自分もまた混血であることを告白し、オバマをはじめ「権力の座にある非白人の象徴的存在」に対して世間は理不尽に高い期待を持ち、「新しい人種の時代」と持ち上げてきた歴史を批判した。

これに対し、ラフィンはただ「何それ?」と鼻で笑った。こうした脊髄反射的な反応は、ブレイクが全体として伝えようとしたメッセージからすれば不公平といえるかもしれないのだが、ラフィンの反応に共感する声は膨大な数にのぼった。

ニュース速報

ビジネス

アングル:コロナワクチン開発、中小勢から遠のく投資

ワールド

焦点:コロナで再び台頭する保護主義、貿易戦争が世界

ワールド

英イングランドでパブやレストランが再開、首相「責任

ビジネス

独コメルツ銀、CEOと監査役会会長が辞任へ 大株主

MAGAZINE

特集:Black Lives Matter

2020-7・ 7号(6/30発売)

今回の黒人差別反対運動はいつもとは違う──「人権軽視大国」アメリカが変わる日

人気ランキング

  • 1

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「休業要請は慎重に判断」

  • 2

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 3

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに

  • 4

    誰もが容赦ない「選別」にさらされる中学生時代を見…

  • 5

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 6

    【香港危機】台湾の蔡英文がアジアの民主主義を救う

  • 7

    ブラックホール爆弾から無限のエネルギーを取り出す…

  • 8

    「永遠のよそ者」ブルース・リーの知られざる苦悩

  • 9

    オーストラリア経済の長期繁栄に終止符 観光・教育・…

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染131人 3日連続3…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小池知事が緊急会見「現在は感染拡大要警戒」

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 6

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 7

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 8

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 9

    韓国「炭酸カリウム」を不当廉売? 経産省が調査開…

  • 10

    北京で6月にクラスター発生したコロナウイルス、東南…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 4

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 5

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 6

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 7

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 8

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 9

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

  • 10

    「この貞淑な花嫁は......男だ」 イスラムの教え強い…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月