最新記事

テロ

イスラム過激派、警察と銃撃戦で2人死亡 厳戒態勢の断食月迎えたインドネシア

2019年5月8日(水)06時00分
大塚智彦(PanAsiaNews)

警察へのテロを計画していたテロ組織メンバーの潜伏していたアジト (c) KOMPASTV / YouTube

<預言者ムハンマドが神の啓示を受けたという神聖な月に合わせて、イスラム過激派によるテロの脅威が高まっている>

世界最大のイスラム教徒人口を擁するインドネシアは5月6日から約1カ月間にわたるイスラム教の主要行事の一つ「ラマダン(断食月)」が始まり、イスラム教徒は日中の飲食を断ち、敬虔な祈りの中で日常生活を送っている。

しかしインドネシアでここ数年断食の前後にイスラム教テロ組織による爆弾テロが続発しており、警察当局は全土で約10万人態勢の厳戒態勢をとって、テロを警戒している。

こうしたなか、断食入り直前の5月4〜5日にかけて警察へのテロを計画していたテロ組織メンバーの隠れ場とみられる商店を、警察の対テロ部隊が急襲。銃撃戦となり、死者がでる事件が起きた。

5月5日未明にかけて、首都ジャカルタの東部に位置する西ジャワ州ブカシ市ジャティアシにある住宅街の商店を国家警察対テロ特殊部隊(デンスス88)が急襲し、潜んでいた男らと銃撃戦となった。

アンタラ通信などによると、この銃撃戦で2人が死亡、3人が逮捕された。銃撃戦の過程で爆弾が爆発したとの情報も出ている。

警察側は死者の名前は発表しておらず、逮捕者の氏名もイニシャルと年齢しか公表していない。逮捕したSL(34)、AN(20)、MC(28)の3人は、中東のテロ組織「イスラム国」に共鳴するインドネシアのテロ組織「ジャマア・アンシャルット・ダウラ(JID)」と関係があると発表した。

特にSLはJIDのスマトラ島南部ランプン地区のメンバーで、4月17日に投票が行われた大統領選挙、国会議員選挙(選挙管理委員会による正式な集計作業が続いている)に関連して、警察官ないし警察施設に対するテロを計画していたという。

選挙期間中、断食中も厳戒態勢

ところが選挙期間中、インドネシア治安当局は治安維持のために全国で5万9300人を投入して厳戒態勢でテロ封じ込みに全力を挙げた。このためSLはランプンでのテロを断念してジャワ島に逃走、ブカシ市内の商店に潜伏していたという。ともに逮捕されたANとMCはSLの逃走と潜伏を支援した容疑が持たれているという。警察によると、この潜伏先の商店は数カ月前に所有者が代わり、最近は複数の男女が出入りしていたのが周囲の住民に目撃されているが、近所付き合いはほとんどなかったという。

インドネシア国家警察は5月6日から始まった断食の期間中、全土で約10万人の治安部隊を展開させてテロへの万全の態勢をとっている。これは、過去数年、インドネシアでは断食期間の前後にテロが発生していたからだ。2017年5月24日にはジャカルタ東部のカンプン・ムラユにあるバス停付近で自爆テロが発生しイスラム教徒による行事の警備にあたっていた警察官3人が犠牲となっている。さらに2018年5月13日には東ジャワ州の州都スラバヤにある3カ所のキリスト教会で連続自爆テロが発生、13人が死亡、45人が負傷した。翌日の5月14日には同じスラバヤにある市警察本部でも自爆テロが起きた。

このように2年続けて5月に自爆テロが起きていることから治安当局は5月から6月にかけて特に厳戒態勢で臨んでいる。ジャカルタ市内では普段はソフト警備だった宗教施設や警察関連施設、政府要人私邸などに防弾チョッキとヘルメットで小銃を所持した治安要員が配置されている。またキリスト教会や警察施設への出入りには通常以上の厳しい荷物検査が実施されている。

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

  • 8

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 9

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    輸出規制、韓国政府の無策を非難する韓国メディア

  • 3

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表のミーガン・ラピノー

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    国歌斉唱で胸に手を当てる、なでしこジャパンに違和感

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    トランプ亜流にも劣る、韓国への素材輸出規制

  • 8

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 9

    韓国より低い日本の最低賃金 時給1000円払えない企…

  • 10

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    日本の重要性を見失った韓国

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 8

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を5…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月