最新記事

テロ

イスラム過激派、警察と銃撃戦で2人死亡 厳戒態勢の断食月迎えたインドネシア

2019年5月8日(水)06時00分
大塚智彦(PanAsiaNews)

警察へのテロを計画していたテロ組織メンバーの潜伏していたアジト (c) KOMPASTV / YouTube

<預言者ムハンマドが神の啓示を受けたという神聖な月に合わせて、イスラム過激派によるテロの脅威が高まっている>

世界最大のイスラム教徒人口を擁するインドネシアは5月6日から約1カ月間にわたるイスラム教の主要行事の一つ「ラマダン(断食月)」が始まり、イスラム教徒は日中の飲食を断ち、敬虔な祈りの中で日常生活を送っている。

しかしインドネシアでここ数年断食の前後にイスラム教テロ組織による爆弾テロが続発しており、警察当局は全土で約10万人態勢の厳戒態勢をとって、テロを警戒している。

こうしたなか、断食入り直前の5月4〜5日にかけて警察へのテロを計画していたテロ組織メンバーの隠れ場とみられる商店を、警察の対テロ部隊が急襲。銃撃戦となり、死者がでる事件が起きた。

5月5日未明にかけて、首都ジャカルタの東部に位置する西ジャワ州ブカシ市ジャティアシにある住宅街の商店を国家警察対テロ特殊部隊(デンスス88)が急襲し、潜んでいた男らと銃撃戦となった。

アンタラ通信などによると、この銃撃戦で2人が死亡、3人が逮捕された。銃撃戦の過程で爆弾が爆発したとの情報も出ている。

警察側は死者の名前は発表しておらず、逮捕者の氏名もイニシャルと年齢しか公表していない。逮捕したSL(34)、AN(20)、MC(28)の3人は、中東のテロ組織「イスラム国」に共鳴するインドネシアのテロ組織「ジャマア・アンシャルット・ダウラ(JID)」と関係があると発表した。

特にSLはJIDのスマトラ島南部ランプン地区のメンバーで、4月17日に投票が行われた大統領選挙、国会議員選挙(選挙管理委員会による正式な集計作業が続いている)に関連して、警察官ないし警察施設に対するテロを計画していたという。

選挙期間中、断食中も厳戒態勢

ところが選挙期間中、インドネシア治安当局は治安維持のために全国で5万9300人を投入して厳戒態勢でテロ封じ込みに全力を挙げた。このためSLはランプンでのテロを断念してジャワ島に逃走、ブカシ市内の商店に潜伏していたという。ともに逮捕されたANとMCはSLの逃走と潜伏を支援した容疑が持たれているという。警察によると、この潜伏先の商店は数カ月前に所有者が代わり、最近は複数の男女が出入りしていたのが周囲の住民に目撃されているが、近所付き合いはほとんどなかったという。

インドネシア国家警察は5月6日から始まった断食の期間中、全土で約10万人の治安部隊を展開させてテロへの万全の態勢をとっている。これは、過去数年、インドネシアでは断食期間の前後にテロが発生していたからだ。2017年5月24日にはジャカルタ東部のカンプン・ムラユにあるバス停付近で自爆テロが発生しイスラム教徒による行事の警備にあたっていた警察官3人が犠牲となっている。さらに2018年5月13日には東ジャワ州の州都スラバヤにある3カ所のキリスト教会で連続自爆テロが発生、13人が死亡、45人が負傷した。翌日の5月14日には同じスラバヤにある市警察本部でも自爆テロが起きた。

このように2年続けて5月に自爆テロが起きていることから治安当局は5月から6月にかけて特に厳戒態勢で臨んでいる。ジャカルタ市内では普段はソフト警備だった宗教施設や警察関連施設、政府要人私邸などに防弾チョッキとヘルメットで小銃を所持した治安要員が配置されている。またキリスト教会や警察施設への出入りには通常以上の厳しい荷物検査が実施されている。

ニュース速報

ワールド

香港最高裁の豪州国籍判事が辞任、国安法への懸念で

ビジネス

コロナ禍でもグローバリゼーションは続く=日銀総裁

ワールド

中国軍機18機が台湾識別圏に入る、海峡付近で演習 

ワールド

英国でコロナ感染拡大 保健相は全土ロックダウン明言

MAGAZINE

特集:誤解だらけの米中新冷戦

2020-9・22号(9/15発売)

「金持ち」中国との対立はソ連との冷戦とは違う── 米中関係史で読み解く新冷戦の本質

人気ランキング

  • 1

    ロシアの毒殺未遂にメルケルが強気を貫けない理由

  • 2

    過去6600万年の地球の気候の変遷が初めてまとめられる

  • 3

    中国とのライバル関係を深刻に扱うべきでない理由

  • 4

    ネットフリックス配信映画『キューティーズ!』がま…

  • 5

    金正恩が「飲み会で政策批判」のエリート経済官僚5人…

  • 6

    2万年以上前のホラアナグマ、ほぼ完全な状態で発見さ…

  • 7

    ツイッター、トランプの投稿にイエローカード バイデ…

  • 8

    トランプお墨付きの「Qアノン」が笑い事では済まされ…

  • 9

    ファイザーの新型コロナワクチン後期試験、被験者に…

  • 10

    親の過干渉が子どもの幸福感を下げる

  • 1

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船」船長の意外すぎる末路

  • 2

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 3

    水にひそむ「脳を食べるアメーバ」で少年が死亡

  • 4

    「ワクチンは安全」という信頼、日本は世界最低レベ…

  • 5

    【動画】海辺を歩く2頭のライオンに視聴950万回

  • 6

    韓国の世代間格差と若者の怒り

  • 7

    仏シトロエン、14歳から免許不要で乗れる2人乗りEV「…

  • 8

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 9

    EUミシェル大統領「中国に利用されず」 首脳会談、習…

  • 10

    伝説のジャーナリストのトランプ本『怒り』に同業者…

  • 1

    中国・三峡ダムに過去最大の水量流入、いまダムはどうなっている?

  • 2

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 3

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船」船長の意外すぎる末路

  • 4

    1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

  • 5

    手に乗る大きさのゾウの仲間、約50年ぶりにアフリカ…

  • 6

    中国の三峡ダム、豪雨で危険水位20メートル上回る 設…

  • 7

    撃墜されたウクライナ機、被弾後も操縦士は「19秒間…

  • 8

    中国はなぜ尖閣での漁を禁止したのか

  • 9

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 10

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月