最新記事

日中関係

新元号「令和」で占う、日中関係の行方

CHANGE OF TONE

2019年4月19日(金)17時00分
ミンシン・ペイ(クレアモント・マッケンナ大学教授)

令和の出展元は万葉集の一節「梅花の宴」 tokyocamera/iStock.

<新しい元号は「脱中国化」の証し? それでも日本を必要とする習政権の方針は>

4月30日の天皇明仁の退位と翌5月1日の皇太子徳仁の即位は日本国民にとって歴史的な出来事だ。何しろ、天皇の生前退位は明治以降の日本史上で初めてのことなのだから。

一方で中国国民にとってより関心が高いのは、日本政府が決定した新元号「令和」だ。令和はある重要な点で平成以前の元号と一線を画す。古来の伝統を離れて、中国の古典ではなく、初めて国書『万葉集』を典拠としたのだ。

この伝統破りを受けて、中国メディアはちょっとした騒ぎになった。安倍政権が文化面の「脱中国化」を目指していることを示す選択だとの見方も飛び出したが、それは事実無根だとすぐ証明された。令和の出典である万葉集の記述は、中国・後漢時代の政治家・学者だった張衡(チャン・ハン)の詩に影響を受けたものであると複数の研究者が指摘したからだ。

この騒ぎが、中国の習近平(シー・チンピン)国家主席が意欲を見せる日中関係改善の取り組みに影響する可能性は低いが、問われてしかるべき疑問がある。令和時代の日中関係は、平成に比べて抜本的な改善を実現できるのか。

平成が始まった当時、日中関係がより親密なものになると期待させる強い兆しがあったのは確かだ。とはいえ蜜月期間は長続きしなかった。この20年、両国は領有権問題で対立を繰り返し、露骨な敵対と表面的な平穏状態の間を行ったり来たりした。

来る令和時代は、幸先のよい出だしになりそうだ。昨年10月の安倍晋三首相の訪中への返礼として、習は6月28~29日に大阪で開催されるG20サミットに合わせて日本を訪問する予定。実現すれば、08年以来の中国国家主席の訪日となり、日中友好に新たな弾みがつくとみる向きが強い。

ただし、不安材料もある。5月下旬に予定されるドナルド・トランプ米大統領の訪日だ。トランプは国賓として迎えられることになっているが、これほど短期間に2人を国賓接遇するのは難しいため、習の訪日は実務訪問になる可能性がある。メンツにこだわる中国側がこの「格下げ」に憤れば、安倍が外交面で大きな得点を稼ぐチャンスは限られる。

しかし習の訪日の成否にかかわらず、日中関係改善を図るべき動機は日本より中国のほうが強い。米中関係の戦略的対立が長期化するなか、今や日中の間で、より相手を必要としているのは中国のほうだ。

アメリカが中国を効果的に封じ込めるには、中国への技術移転を制限し、「一帯一路」経済圏構想を牽制し、東アジアで軍事的抑止力を強化するために日本と緊密に協力することが欠かせない。対する中国の視点から見れば、アメリカの封じ込めの動きに日本が積極的に関与する事態を阻止する上で、現実的な戦略はただ1つ。日中関係を大幅に改善することだ。

理屈の上では、説得力のある戦略だ。とはいえ実行となれば、中国の行く手には深刻な制約が立ちはだかる。

ニュース速報

ワールド

中国、新型コロナ検査強化へ 再発リスクに警戒

ワールド

カナダ、新型コロナ死者最大2.2万人も 3月は10

ワールド

英中銀、市場機能不全時に政府に融資へ 新型コロナで

ビジネス

米FRB、地方政府と中小企業支援に2.3兆ドル 新

MAGAZINE

特集:ルポ五輪延期

2020-4・14号(4/ 7発売)

「1年延期」という美談の下に隠れた真実── IOC、日本政府、東京都の権謀術数と打算を追う

人気ランキング

  • 1

    韓国・文在寅政権にとって日韓通貨スワップの要請は諸刃の剣

  • 2

    中国製コロナ検査キット使い物にならず、イギリス政府が返金を要求へ

  • 3

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 4

    中国からの医療支援に欠陥品多く、支援の動機を疑え…

  • 5

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 6

    戦うべき敵は欧米コンプレックス

  • 7

    新型コロナウイルス、男性の死亡リスクが高い理由

  • 8

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(8…

  • 9

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

  • 10

    「世界は中国に感謝すべき!」中国が振りかざす謎の…

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 3

    韓国・文在寅政権にとって日韓通貨スワップの要請は諸刃の剣

  • 4

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 5

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

  • 8

    新型コロナで都市封鎖しないスウェーデンに、感染爆…

  • 9

    新型コロナに「脳が壊死」する合併症の可能性

  • 10

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(4…

  • 1

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 2

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 9

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 10

    豪でトイレットペーパーめぐって乱闘 英・独のスー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月